« 戦略なき増税路線 | トップページ | 何党ですか? »

2017年11月20日 (月)

野党再編のタイムリミットは?

 9月28日、民進党の事実上の解党宣言がなされて、結果、バ
ラバラに。
喜んだのは与党。これで、当面、与党政権は安泰。
そして、解党のはずの民進党、希望の党、立憲民主党の三党が
誕生し、それぞれの事情で三すくみの状況となっている。
 本来ならば、大きなプラットフォームになっていなければな
らないのに、三党のうちのどれかがなくなるか、あるいは、膠
着状態が続くのか、といったありさまだ。
 この先、野党はどうなるのか?
 国会議員の間では、再来年の参院選を睨んで、来年の通常国
会でイニシアティブを取った野党が再編の中心になるので、通
常国会の終盤まで、見極めなければならないとの論を述べる者
もいる。
しかし、これは、状況認識の誤りだ。
 再来年の参院選は、45都道府県のうち、32も一人区がある。
ここでは、自ずと野党が選挙調整を行い、候補者を一本化する
インセンティブが働く。
したがって参院選だけ見れば、確かに来年の通常国会を見極め
て、という動きになると見えるかもしれない。
 しかし、再来年7月の参院選の前の統一地方選は、どうか?
これは、そのような候補者一本化のインセンティブなど到底働
かない、大選挙区、中選挙区が中心となる。つまり、参院選の
前の統一地方選では、三党がそれぞれ、国政の手足となる地方
議員を作るべく、躍起になって現職地方議員や候補者の囲い込
みを行うこととなる。
 そして、そのタイムリミットは?といえば、通常国会の終わ
りの6月などではなく、来年の3月いっぱいとなる。
 統一地方選候補者の多くは、支援団体「連合」の推薦を必死
になって求めていく。そして、得た、その証たる「推薦」を組
織に示していくのが統一地方選までに一年を切って行われるメー
デー(多くは4月後半GW初日)だ。
 つまり、多くの統一地方選候補者にとっては3月いっぱいで
党の公認を得て、党を支援してくれる連合の推薦を取り付け、
メーデーで紹介されるという、「選挙態勢」を整えるプロセス
が必要不可欠となる。
 そして、三党がそれぞれ、党本部機能として「選挙調整」を
行うのであれば、3月までに終わらせなければならない。
つまりは、年内から来年初そして年度末までに連携を模索し結
果を生み出すことができなければ、統一地方選候補は、てんで
んばらばらに、各党からの囲い込みに直面することになり、そ
れこそ、三党がバラバラに統一地方選候補を擁立すれば、野党
による潰しあいが現実のものとなる。
 そうなると、3か月後の参院選は足腰がガタガタの選挙とな
りかねない。
 野党再編は、実はこうした事情を考えると、タイムリミット
は来年の3月末なのである。
 しかし、その機運は低い...。
当面、与党の高笑いが続く。

|

« 戦略なき増税路線 | トップページ | 何党ですか? »

コメント

与党、より明確に言えば安倍政権の高笑いを許したのは、共産党も含めた野党共闘を忌避し、希望の党の本質も見抜けずに、民進党の自己崩壊を起爆させた前原さんと、それに真っ先に追随したあなた方ではありませんか?

毎週、近鉄学園前駅でスピーチをされていますが、いつも残念な気持ちになります。

あの時、千載一遇のチャンスと思われたあの時、民進党が共産党も含めた野党共闘の決断をしていれば、安倍晋三が総理大臣の座にあるままで2017年が終わり、さらには憲政史上最長の在任期間を視野に入れる、なんて腹立たしいニュースは聴かなくて済んだかもしれません。

前原さんと、彼を支持したあなた方が、「大きなプラットフォーム」という大言壮語の前に、「まず安倍独裁を止めなければ」の思いで(野合と言われようが何と言われようが)、民主主義VS独裁政権という、「より大きなビジョン」を掲げて闘っていたら、今の政局はどうなっていたんでしょう。

そのシミュレーションを、「到来しなかった未来」についての分析と総括を、あなたから伺いたいものです。

それがなければ、そして、その苦さをあなたが噛みしめなければ、あなたの話は少しも心に響かない。

そんな話は、気鬱な月曜の朝、出勤途上に聴きたくはないので、どうか、あなたの馴染みの「床屋」でやってはいただけまいか。

政治家に一番必要な「先読みをする力」「命の賭け時を間違わない心眼」がなかったこと、それを恥じるところからしか、再起の途は開けないのではあるまいか。

投稿: | 2017年12月26日 (火) 18時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/72263665

この記事へのトラックバック一覧です: 野党再編のタイムリミットは?:

« 戦略なき増税路線 | トップページ | 何党ですか? »