« 戦略なき増税路線 | トップページ | 何党ですか? »

2017年11月20日 (月)

野党再編のタイムリミットは?

 9月28日、民進党の事実上の解党宣言がなされて、結果、バ
ラバラに。
喜んだのは与党。これで、当面、与党政権は安泰。
そして、解党のはずの民進党、希望の党、立憲民主党の三党が
誕生し、それぞれの事情で三すくみの状況となっている。
 本来ならば、大きなプラットフォームになっていなければな
らないのに、三党のうちのどれかがなくなるか、あるいは、膠
着状態が続くのか、といったありさまだ。
 この先、野党はどうなるのか?
 国会議員の間では、再来年の参院選を睨んで、来年の通常国
会でイニシアティブを取った野党が再編の中心になるので、通
常国会の終盤まで、見極めなければならないとの論を述べる者
もいる。
しかし、これは、状況認識の誤りだ。
 再来年の参院選は、45都道府県のうち、32も一人区がある。
ここでは、自ずと野党が選挙調整を行い、候補者を一本化する
インセンティブが働く。
したがって参院選だけ見れば、確かに来年の通常国会を見極め
て、という動きになると見えるかもしれない。
 しかし、再来年7月の参院選の前の統一地方選は、どうか?
これは、そのような候補者一本化のインセンティブなど到底働
かない、大選挙区、中選挙区が中心となる。つまり、参院選の
前の統一地方選では、三党がそれぞれ、国政の手足となる地方
議員を作るべく、躍起になって現職地方議員や候補者の囲い込
みを行うこととなる。
 そして、そのタイムリミットは?といえば、通常国会の終わ
りの6月などではなく、来年の3月いっぱいとなる。
 統一地方選候補者の多くは、支援団体「連合」の推薦を必死
になって求めていく。そして、得た、その証たる「推薦」を組
織に示していくのが統一地方選までに一年を切って行われるメー
デー(多くは4月後半GW初日)だ。
 つまり、多くの統一地方選候補者にとっては3月いっぱいで
党の公認を得て、党を支援してくれる連合の推薦を取り付け、
メーデーで紹介されるという、「選挙態勢」を整えるプロセス
が必要不可欠となる。
 そして、三党がそれぞれ、党本部機能として「選挙調整」を
行うのであれば、3月までに終わらせなければならない。
つまりは、年内から来年初そして年度末までに連携を模索し結
果を生み出すことができなければ、統一地方選候補は、てんで
んばらばらに、各党からの囲い込みに直面することになり、そ
れこそ、三党がバラバラに統一地方選候補を擁立すれば、野党
による潰しあいが現実のものとなる。
 そうなると、3か月後の参院選は足腰がガタガタの選挙とな
りかねない。
 野党再編は、実はこうした事情を考えると、タイムリミット
は来年の3月末なのである。
 しかし、その機運は低い...。
当面、与党の高笑いが続く。

|

« 戦略なき増税路線 | トップページ | 何党ですか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/72263665

この記事へのトラックバック一覧です: 野党再編のタイムリミットは?:

« 戦略なき増税路線 | トップページ | 何党ですか? »