« 消費税引き上げ凍結どころか引き下げへ | トップページ | 党勢回復したのか? »

2016年7月20日 (水)

背水の陣

 参院選が終わり、奈良県では前川清成、前田武志の両名の参
院議席を失った。
これで、とうとう奈良県での民進党の国会議員は私一人。
 先週金曜日、臨時常任幹事会にて前川代表が選挙結果を受け
て代表辞任を表明され、その場で、残任期に限り、私が二度目
の代表に選出された。
もはや、民進党の最後の砦となってしまった以上、その覚悟は
できていたが、あらためて置かれている厳しい状況を実感した。
 かつて、小泉郵政解散の時にも、民主党奈良県連では衆議院
議員が私一人となってしまい、議員活動まだ2年に満たない私
が代表に就いた。
しかし、当時はまだ、政権交代への希望を国民が潜在的に持っ
ていた時期でもあり、4年の歳月をかけて県内くまなく総掛か
り態勢を築き、すべての選挙で勝利し続け、2009年に政権交代
をなし遂げた。
県下で国会議員7名、地方議員も40名弱の大所帯を築き上げた。
地方県連としては珍しい、秘書会も組織し、県連体制を完成さ
せて政府の一員となることから県連代表を辞した。
 あれから、7年、再び、県連代表に就いて見渡してみれば、
県内の組織体制の弱体化は目を覆うばかりである。
しかし、ここで、弱音を吐いている場合ではない。
あらためて、全県の実態を掌握し、すべての選挙に対して県内
の勢力総掛かり体制の構築を急がねばならない。
前川前代表は「まずは弁護士に戻る」と発言され、前田先生も、
「一線を退く」とおっしゃっている。
 残任期は10月まで。それまでは現体制を引き継ぎ、まずは全
県の実態を把握し、それぞれの行政単位ごとに強化の対策を実
施していく。
もはや、奈良県連としては待ったなしの状況。
背水の陣。
戦う組織へと陣立てを、県連を、生まれ変わらせる。

|

« 消費税引き上げ凍結どころか引き下げへ | トップページ | 党勢回復したのか? »

コメント

 何時まで泥舟に付き合うんですか?蓮舫さんが代表になったことで先が見えたでしょう。
 今回の二重国籍問題も蓮舫さんのアイデンティティーの問題よりも、二重国籍を自覚しているにも関わらず未だに虚偽を押し通す、法令遵守出来ない彼女の人間としての資質が問題なのです。
 その彼女を代表に選んだ民進党にも呆れた。いい加減に目を覚まして、離党してください。それが背水の陣というもの!民進党に将来はない!

投稿: 奈良県1区有権者 | 2016年9月21日 (水) 15時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/66596725

この記事へのトラックバック一覧です: 背水の陣:

« 消費税引き上げ凍結どころか引き下げへ | トップページ | 党勢回復したのか? »