« 真の争点 | トップページ | 予算後4月総選挙 »

2016年1月 7日 (木)

北海道5区補選準備へ

 参院での本会議代表質問が行われている今日は、朝より北海
道入り。
 5区の補選対策の実務に入る。
昨年、逝去された町村信孝前衆院議長の議席をめぐる補欠選挙
で、自民党からは町村前議長の女婿が、そして民主党からは池
田真紀前衆院候補が挑戦する。共に新人同士の戦いの様相だ。
枝野幹事長からは、「張り付いてくれ!」との指示が飛ぶ。
まずは情勢分析と共に本部直轄で行う戦いと位置付けての、陣
立てと戦略を検討。
そのために、現地で次々と面談や意見交換を行っていく。
しかし、暖冬の奈良から比較すると、マイナス9度の北海道は
凍える。
大通公園には、雪祭りに備えての巨大雪像用足場が組み上げら
れている。しかし、雪はほとんどない状態。
雪祭りで観光客で賑わう頃も、選挙で現場に張り付くことにな
るのかな...。
 北海道5区の補選は、かつて政権時代にも経験した。
当時は秋の投票日で、事務所からも専従でスタッフが張り付い
たが、まだ雪の季節ではなかった。
今回は投票日が4月24日ということで、冬の時期に事前の準備
活動を行うことになる。
一昨年前の鹿児島2区補選、4月後半の投票だったがさすがに南
国、雪ということはなかったが、今回は相当厳しい環境での選
挙になりそうだ。
参院選の前哨戦。
しっかりと戦いの準備を整える。

|

« 真の争点 | トップページ | 予算後4月総選挙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/63355873

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道5区補選準備へ:

« 真の争点 | トップページ | 予算後4月総選挙 »