« 北海道5区補選準備へ | トップページ | シグナル点る »

2016年1月13日 (水)

予算後4月総選挙

 予算成立後の解散、そして4月に総選挙!
 この情報が、先週入ってきて、今日、内調筋からも漏れ出し
てきた。
 過去、参院選直後の総選挙で自民党は勝てていない。
ダブル選挙は、連立政権の中でも嫌がられている。
となると、年明けの増税を控えてなるべく早く選挙をやる方が
得策、とばかりにこの春に予算成立後速やかに解散、総選挙は
十分あり得る。
 争点も、様々想定されるが、定数削減案が14日に佐々木調査
会から議長へ答申として示される。
答申案の小選挙区7増13減、比例区1増5減の10減は自民党内で
の激しい反発が予想されるゆえ、簡単に「この案で」とはいか
ない可能性が高い。
 ならば、10減そのものよりも、一票の格差是正を答申案と同
じにすれば良いのだろう、と格差是正「2.13⇒1.62」を念頭に、
1.62に合わせた別の案で、定数削減案を出し、通しておいて
「憲法の要請」は答えたとしての解散。
現行区割りのままだが、少なくとも定数削減を前に進めた、と
いうことで選挙を打ってくる。
 このシナリオが、現実のものとなるのかをよく見極めないと
いけないが、もう一つの要因として、3月末であれば野党新党
が間に合わないというのも考えられる。
野党が結集しようとする時を狙って解散。
ある意味、野党をたたくことで権力を保持するという、勝者の
論理を貫いて。
そうなれば、補選は一気に総選挙と変わり、参院選前に決戦が
行われるということになる。
常在戦場、さらに望むところでもある。

|

« 北海道5区補選準備へ | トップページ | シグナル点る »

コメント

その野党の結集が何をしたいのかわからないのが最大の問題だと思います。すでに民主党はそれで政権運営に失敗をしているのに。
まして共産党にいたっては安保法案を廃止して即解散などという話まで真顔で打ち出しており国政の幼稚園化による混乱は想像するだに恐ろしい状況となってきている中で早く選挙を行うほうがいいのかも知れないとさえ感じます。

投稿: iken | 2016年1月14日 (木) 01時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/63453470

この記事へのトラックバック一覧です: 予算後4月総選挙:

« 北海道5区補選準備へ | トップページ | シグナル点る »