« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月26日 (木)

議論における反論のあり方

 都議会で、質問に立った女性都議が、「早く結婚した方がい
い」などのヤジを浴びた問題が、国内外で波紋を広げている。
様々なコメントがネット上を駆け巡っているので、どうしたも
のかとも思ったが、一点、「議論における反論のあり方」とい
う観点を述べておきたい。
◆ヤジをめぐる経緯
 ヤジを浴びたのは、みんなの党会派の塩村文夏都議で、18日
の東京都議会の本会議で出産や不妊に悩む女性への都の支援体
制について質問をしている際に、自民都議が座る一角から「早
く結婚した方がいい」などのヤジが相次いだとされている。
 同日夜、塩村氏がツイッターに投稿したところ、リツイート
が3万件近くに達するなど波紋が広がり、また、多くの欧米メ
ディアも、2020年東京五輪開催と絡め、この問題を批判的に取
り上げた。
 そのような中、23日、自民会派で政務調査会長代行を務めて
いた鈴木章浩都議が、ヤジの一部を認め謝罪。しかし、発言者
が他にもいると指摘されているにもかかわらず、都議会自民党
は、幕引きを急ぎ、民主党・みんなの党提出の発言者特定を求
める決議案を否決し、信頼回復と再発防止に努める決議案のみ
を可決。25日に都議会は閉会した。
◆問題の本質は議論のあり方
 メディアは、議会の品位や、人権侵害の問題として取り上げ
ているが、今回の件はそれらにとどまらず、問題の本質は、
「言論の府」たる議会における、「議論のあり方」であると考
える。
 少しややこしい説明になるがお許しいただきたい。
例えば、Aという人が、ある主張を行った時、それに反論する
方法としては、(1)主張そのものに対する反論を述べる、又は
(2)そもそもAが、その主張をおこなう「適格性」がないと反論
する、の2つの方法が考えられる。
この場合、反論する側として容易なのは、(2)の方法だ。
特に、人種、性別などの、本人の意思では変えられない属性に
着目して攻撃した場合、Aが行う主張全てが弱められるため、A
としては、再反論を行うことさえ難しくなる。
さらに、(2)の方法は、多数派が少数派を攻撃する際には特に
有効な手段と成りえる。
 例を挙げれば、ある国のある議会で、少数派民族出身の議員
Aが公立病院の建替えを主張したとする。その主張に対して、
多数派民族出身の議員Bが、建て替えの必要性がないとして反
論するのが(1)の方法。
少数派民族はいつも感情論で物事を判断するためAの言うこと
は説得力に欠けるとして反論するのが(2)の方法だ。
(2)の方法がフェアでないところは、Aの少数派民族という属性、
さらには、「少数派民族=感情論で考える」とレッテル張りを
して攻撃することで、Aの「少数派民族がいつも感情論で物事
を判断するという主張には根拠がない」という再反論について
さえ、説得力を弱めることになるという点だ。
 今回のヤジは、既婚者でないことをもって、塩村氏の、都の
妊娠・出産の支援体制について問題提起する「適格性」につい
て疑義を呈したとの見方もできる。これは、上記(2)にあたり、
塩村氏の主張の中身についての議論を閉ざすものだ。
言うまでもなく、言論の府である議会は、何よりも言論を大切
にしなければならない場所だ。それは国会であろうと地方議会
であろうと変わらない。それゆえ、議員は、互いの主義や立場
の違いを認めつつ、主張同士を正々堂々とぶつけ合う方法、す
なわち、上記(2)ではなく(1)の方法で議論を行うべきだ。
今回のヤジ問題の本質は、まさにこの点にある。
 欧米の議会で、議員が差別的な発言をおこなった場合、その
議員は、議員としての地位だけでなく、政治的なキャリアも失
うとされる。その理由は、上記のような議会における議論の流
儀・哲学を理解していないと見なされることも理由の一つでは
ないか。
 定数127の都議会において59の議席を握る自民党が、数名の
少数会派の質問に対して、上記(2)の方法で臨み、議論を潰す
ことは容易だ。しかし、今回、全国最低の合計特殊出生率1.13
の首都東京の議会における、出産支援策についての議論は深ま
らないままとなってしまった。
事実と根拠に基づき論陣を張り、政策の議論を徹底的に行う、
議会は本来そのような政策論議の場所だ。
今回の問題は、議会、そして議会人のあり方、そして「議論の
あり方」について根本的な問いを投げかけている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

滋賀県知事選挙告示

 滋賀県知事選挙が告示となった。
三日月大造候補が立候補の届け出を済ませて、大津駅北口での
出発式を終えて元気に選挙戦に向かって行った。
一切の政党推薦を求めないとして、同志として国政を担ってき
た仲間の多くが友情応援を繰り広げてきた。
滋賀出身の細野豪志、国交省で共に政務三役を務めた辻元清美
ら両代議士含め多くの同志も駆けつけた。
嘉田由紀子知事と武村正義元知事らに励まされ、三日月大造候
補は若さを前面に出しての選挙戦17日間のスタートである。
 一昨日から滋賀に張り付き応援活動を行ってきたが、長丁場
だけにどう転んでいくかわからない選挙状況。
党選対委員長として来春の統一地方選擁立準備のための地方日
程がツメツメで入ってきているが、できるだけ滋賀に張り付く
つもりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »