« 創生を誓い、福島に向かう | トップページ | 統一に向けた戦い »

2014年3月14日 (金)

「鹿児島プライド」選挙

 昨日の党本部臨時常任幹事会で鹿児島2区補選の候補者とし
て、無所属となった打越明司前衆議院議員を推薦決定した。
一昨日の打越氏からの離党届提出、そして昨日の推薦依頼を受
けての決定。
これで、鹿児島2区補選は現時点で自民、共産、打越明司の構
図となった。
 そもそもこの選挙は、昨年の9月17日東京地検特捜部による
徳洲会東京本部の家宅捜査に始まる「第46回総選挙における公
職選挙法違反事件」に端を発する。
その後、徳田毅衆議院議員(当時)の親族並びに徳洲会関係者の
逮捕により、徳田氏の連座制適用による失職が濃厚となる中、
補選の可能性が高まりその準備に入ってきたところでもある。
去る2月28日の本会議における徳田氏の議員辞職の承認によっ
て、来たる4月15日告示、27日投開票の補欠選挙が事実上確定
しスタートを切った。
打越氏は、昨年12月の民主党次期衆院選挙の一次公認内定者と
なっていたが、本人熟慮の結果、2区におけるカネで議席を買
うカネまみれの選挙の悪しき因習を打破し、維新の傑物を輩出
してきた鹿児島の誇りを取り戻す、として裸一貫、初心に帰り
無所属の出馬を決意した。今回の選挙で、なんとしてでも自民
党の議席を奪い、鹿児島2区における民主主義を取り戻す、と
の決意の下での打越氏の判断を党としても受け入れ、推薦決定
し、戦いに臨む。
 一方、安倍政権は早々に、「安倍政権の信任投票」との位置
づけをコメントし、消費増税後初のこれまでの政権運営の評価
が問われると叫んでいる。
しかし、これは総選挙ではない。
何故、この選挙が行われることになったのかを、真剣に考えな
ければならない。
また、さらに専横的政権運営が際立つ安倍政権がこの選挙によっ
て信任を得たとして、さらなる強権的政権運営がなされること
を許してはならない。
 保守地盤における厳しい選挙であることに変わりはないが、
打越氏による「鹿児島プライド」を取り戻す命がけの戦いを、
選対委員会としてもあらゆる方面巻き込んでの総がかり体制構
築を目指して取り組みたい。
選対委員長の仕事は、候補者擁立並びに選挙体制構築という選
挙本番に至るまでがメインだが、どっぷりと入り込む。
 鹿児島の誇りを取り戻す闘いをサポートする。

|

« 創生を誓い、福島に向かう | トップページ | 統一に向けた戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/55373581

この記事へのトラックバック一覧です: 「鹿児島プライド」選挙:

« 創生を誓い、福島に向かう | トップページ | 統一に向けた戦い »