« 統一に向けた戦い | トップページ | 現実主義の年金改革私案 »

2014年3月18日 (火)

エンバーミング

 この週末、お彼岸の時に、母の四十九日法要を迎える。
亡くなってからこの間、忙しさに紛れてあっという間だった。
あらためて、法要の段取りなど連絡を取りながら、あの時の記
憶がよみがえる。
母が息を引き取った瞬間のこと、そしてその後の葬儀の日程を
決めなければならない時の決断。
 そう、あの時は目前に党大会が迫っていた。大会議案提案者
として欠席はできない。
当時のブログに、「大会後に母を送る。決断し、すべての段取
りを整えた。」と書いた。
そして、それは葬儀日程を先送ることを可能にする「エンバー
ミング」処置のことだった。
 義父を送った時は考えもつかなかったが、今回は日程上繰り
延べるなら、とその提案を受けた。一瞬、躊躇はなかったかと
問われれば、否定しがたい。しかし、なんとなく耳にした言葉
だったが初めて実感を伴って聞き、受け入れた。
エンバーミング、この聞きなれない言葉は、簡単に言えば遺体
の長期保存処置のことだ。
長い歴史の過程では、キリスト教義において火葬を禁じてきた
経緯もあり、このような遺体の存置については宗教的解釈もあ
るとされている。一方、現実には戦争で亡くなられた方の遺体
を処置して遺族の元に返すための手段としての技術の発展もあっ
た。
今日、北米などでは一般的な処置となっているようだが、99%
以上、遺体の最終処理を火葬で行う我が国ではその慣習はない。
 今回、葬儀を繰り延べるためにエンバーミングを決断したの
だが、その時に法定がどうなっているのかと、不思議に思った。
聞くと、日本では制定された法令はない。
ところが、技術者に聞くと、我が国においても永久保存も可能
な技術レベルだという。
 専制国家、社会主義国家等が、指導者の権威を高めるために
永久保存を行い生前の姿を展示し続けている例もある。
しかし、我が国は火葬の慣習があり、関係法令もない状況の中
でエンバーミングによる保存はどうなるかというと、葬儀業界
団体である日本遺体衛生保全協会(IFSA)が環境省の指導の下、
その行為を行い自主規制を行っているのが現状であった。
遺体の損壊罪に当たる刑法190条にに抵触しないことを要件と
して処置後の遺体保存期限を50日間とする自主規制を行ってい
る。
つまり、日本ではエンバーミング処置によって50日間の遺体の
保存は可能だが、それ以上は処置同意によって火葬または埋葬
しなければならないとされているのだ。レーニンや毛沢東や金
正日などのように永久保存はない。
このような、制度上の実態と自主規制による運用の実態を目の
当たりしたのだが、では、技術としてのエンバーミングはどう
だったかというと、それはそれは、感嘆の一言だった。
 処置を施され我が家に戻った母は、生前の、元気な時の様子
そのままの寝姿に蘇った。ドライアイスなど必要とせず、常温
の母の寝室のベッドに横たわっている寝姿は、今にも起き出し
てきそうな様子で、また、触れると、冷たいものの皮膚や筋肉
の弾力などそのままである。
母を迎えて、きれいに化粧をしてもらった顔を見ると、そのま
まずっとベッドで寝ていてもらってていいという気にすらなった。
そんなわけにはいかないのは百も承知だが、今思うと、寝姿で
いる母の亡がらを数日間見続けることによって、少しずつ、心
の整理がついていったような気がする。
 今は、小さな箱の中の壺の中に収められた母。
その姿は、記憶の中だけとなった。
週末の四十九日。
御霊が御仏となることを家族で祈る。

|

« 統一に向けた戦い | トップページ | 現実主義の年金改革私案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/55424311

この記事へのトラックバック一覧です: エンバーミング:

« 統一に向けた戦い | トップページ | 現実主義の年金改革私案 »