« 「鹿児島プライド」選挙 | トップページ | エンバーミング »

2014年3月17日 (月)

統一に向けた戦い

 2月初の党大会を終えてから、全国の行脚を開始し地方を飛
び回る日々。
間に補選対応で、鹿児島入りを繰り返しながら平日も含めて地
方日程となりほとんど地元に戻ることもできない。
先週は、鹿児島、千葉、福岡、新潟。
昨年末で公認内定となった総支部長を中心に、統一地方選挙の
擁立計画及び実施の状況確認、さらには本人の活動点検等も含
めて地方組織の県連、総支部、あるいは連合などの支援団体と
も意見交換を繰り返す。
 来年の統一地方選挙は、党再生の絶対的なマイルストーンと
なる。擁立方針は、従来の方針と大きく変わるわけではない。
空白選挙区の解消、3人区以上での複数擁立、女性候補の積極
擁立の三点だ。ただし、現職含めて議席を確実に取ることを第
一とすること、これが方針として示された。
 前回の2011年統一地方選では道府県議会選挙(岩手、宮城、
福島、茨城、東京、沖縄を除く)では公認・推薦合わせて704名
を擁立し、当選者数は413名・当選率は59%だった。そして
2007年は593名擁立の当選者数451名・当選率76%。つまり、前
回は複数擁立を積極的に行い、擁立数は多かったが結果共倒れ
を招き当選者実数は減る結果となった。今回はこのようなこと
は避け、かつ党勢拡大のための擁立を妨げないようにしなけれ
ばならない。
 このような傾向は、政令市議会選挙(仙台、静岡、名古屋、
北九州を除く)でも同じである。前回は公認・推薦合わせ249名
を擁立し、当選者数は154名・当選率は62%であり、前々回212
名擁立で当選者数178名・当選率84%。
 やはり前回の擁立に対する反省と見直しが必要なのは間違い
ないところ。
党勢拡大を目標にしながらも、確率を高めるという大変な作業
であるが、地方組織と党本部挙げての取り組みを一層強化する。
 昨日は、夜遅くに新潟から上京となった。
熱気あふれる新潟県連大会だったし、会場の皆さんの想いが伝
わってきた。
今週も地方行脚が続くが、地道な活動を続けていく。

|

« 「鹿児島プライド」選挙 | トップページ | エンバーミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/55405312

この記事へのトラックバック一覧です: 統一に向けた戦い:

« 「鹿児島プライド」選挙 | トップページ | エンバーミング »