« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月 8日 (土)

創生を誓い、福島に向かう

 未明に、母が永遠の眠りについた。
突然の容体悪化の報を受けて、国会から戻ったがもはや時間の
問題だと思わざるを得ない状況。せめて週明けまではと思って
いたが、叶わなかった。
全ての管から解き放たれた母の寝顔は、とても穏やかだった。
苦しそうに息をしている姿とは全く別人の顔をしていた。
お疲れさま。
そしてありがとう。
この言葉しか、浮かばない。
僕ら兄弟とそれぞれの家庭で子どもで8人、さらに僕ら夫婦の
孫2人、あわせて12人がこの世に生を受けることになった。
あなたがいたから、こうして、皆がいます。
多くの子や孫たちがこうしてあなたのことを想って集っている
ことに感謝します。
 党大会は、選対委員長として提案案件を持つ。
代表も幹事長も気遣ってくださったが、提案と答弁の責任を果
たさなければならない。
大会後に母を送る。
決断し、すべての段取りを整えた。
福島での大会。
しっかりと民主党の再生を、いや創生を誓うために明日福島に
向かう。
責任を果たすことの大切さを教えてくれた、母の教えを守って。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »