« 母の言葉 | トップページ | 創生を誓い、福島に向かう »

2014年1月12日 (日)

選対始動

 新年が空けて4日からの仕事始めで地元の挨拶回りを続けな
がら、8日には鹿児島へ出張。鹿児島2区の今後の対応を協議。
既に昨年秋から水面下での準備は進めてきたが、都知事選の方
に注目が集まっているためあまり話題にはならないが、政党と
しては重要な位置づけであることに変わりはない。
都知事選については、東京都連マターということで松原仁東京
都連会長に一任となっている。党本部選対としては都連の決定
を受けてということになる。
週明け14日の党役員会からが、東京での仕事開始となるが24日
に通常国会召集もありあっという間に渦の中に入っていくこと
になるだろう。地元にべったりと張り付いた年末年始だが、今
年一年間、あらためて選対委員長として選挙に特化して全国を
歩いていきたいと思う。もちろん、地元奈良も含めてだ。
 やしきたかじん氏の死去の報が7日に流れて、関西ローカル
のメディアではたかじんさんの話でもちきりだ。
 僕の中での思い出は、2010年8月29日の代表選挙に向けた候
補者5人の中で総理を選ぶという「たかじんのそこまで言って
委員会」(2010年8月28日放送)番組企画で、最後に残った野田
佳彦、馬淵澄夫の二人のうち、番組では馬淵澄夫が選ばれた。
東京では放映されていないものだから僕は見ておらず、番組終
了後に多くの方からの連絡でそのことを知り、驚いたのを覚え
ている。
 そして、その後たかじんさんと会うことがあって、その時に
番組では僕を選んでいただいたことのお礼を伝えると、たかじ
んさんは少し恐縮されながら「いや、すんません、シャレ、シャ
レでしてん」と言われて大笑いになった。
シャレのネタにしていただいただけでもありがたいと思ったも
のだ。
心から、ご冥福を祈る。

|

« 母の言葉 | トップページ | 創生を誓い、福島に向かう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/54582792

この記事へのトラックバック一覧です: 選対始動:

« 母の言葉 | トップページ | 創生を誓い、福島に向かう »