« 参院選を控えて | トップページ | 汚染水の海洋流出問題 »

2013年8月23日 (金)

「戦友」への誓い

 吉田さんの訃報を聞いたのは参院選の最中だった。
厳しい情勢の中、必死で選挙対策を行っている時でもあった。
お別れに行かなければ、たとえ選挙中であっても。
そう思っていたのだが、後日に行われる告別の会へとの連絡が
あった。
 そして、今日、お別れの会が青山葬儀場で執り行われた。
笑顔の遺影の吉田所長に、献花と共にお別れの挨拶をしてきた。
 東京電力福島第一原子力発電所の吉田昌郎所長と初めてお会
いしたのは、3月26日に原発事故対策担当の総理補佐官となっ
た直後だ。
 今でも初対面の時の吉田さんの言葉が忘れられない。
朝からの統合本部全体会議が終わった後、吉田さんが吠えるよ
うに会議のひな壇席の方に向かって言い放った。
もちろん議論は必要だが、議論のための議論になっていないか、
現場は必死なんだ、そんな話と共に、「こんな東京の本社の会
議室ではなく、現場に来てくださいよ!、見てくださいよ!」
その言葉はひな壇席の東電幹部のみならず、政府側の我々、い
や自分に言われたんだと、僕はそのとき感じた。
「補佐官、現場は必死だ。作業員も限界に近いくらいに頑張っ
てくれている!」
挨拶に近づいた僕に、吉田さんは食らいつくようにそう言った。
そして、その時から僕は吉田さんと向き合うことになる。
当時、僕は補佐官就任と同時に原発事故対策の命を受け、政府
・東電統合本部に張り付き「遮へいプロジェクトチーム(PT)」
の責任者となった。
陸海空に漏れ出ている放射性物質を封じ込めるのがミッション
だ。
陸に散った放射性物質とチリを飛散防止剤で固化する。
空へと水蒸気が漏れ出ている建屋を覆うカバリング工事を実行
に移す。
そして、海への流出。
これこそが最大の課題だった。
さらに、遮へい以外に大きな課題が降りかかる。
余震だった。
度重なるマグニチュード7.6レベルの余震で4号機の使用済燃料
プールが崩落するかもしれないというリスクが浮上した。
僕は、4号機の耐震補強工事を決断した。
その時だ、吉田さんとは激しくやりあった。
工事を行うためには、作業員を現場、建屋に入れなければなら
ない。しかし、高線量で人は近づけない状況。それでも何とか
して、やるしかない。
当時の作業はすべてロボットなど無人で行うことを前提として
いた。しかし、ここは有人作業が必要になる。
「補佐官、あんた、作業員に死ねというのか!」
吉田さんは電話の向こうで怒鳴った。
僕は気持ちを落ち着かせながら、言った。
「そうは言ってません。人が入れるようにして、入ってくださ
い!!」
爆発を起こした4号機5階にある燃料プールには、1535体の燃料
が入っていた。プールが崩壊すれば、終わりだ。最悪のシナリ
オ(近藤シナリオ)に突入してしまう恐れがある。
それを避けるために耐震工事が何としても必要だった。
吉田さんとは激論を交わしながらも、やがて建屋の隙間からロ
ボットを入れてがれきを取り除き線量を下げる作業をやってみ
ると報告してきてくれた。作業員の安全を考えながらも、どう
やったらできるか、最善の策を懸命に考えてくれた。
やがて、瓦礫除去により線量は下がり、見事に有人作業による
耐震補強工事が完遂した。
 そして事故から3ヶ月、6月11日に僕は政府の人間としては初
めて4号機に入った。耐震補強工事を視認確認するために。
吉田さんは免震重要棟で、僕を見るや、「補佐官、見てくれと
は言ったけど、入れとは言ってないです。」と言った。
僕が笑顔で、「責任者だから!」と言うと、仕方ないなぁとい
う顔を見せて、自分も入ります、と黙々と着替えだした。
お互いに、余分な言葉を発する必要もなかった。
必死の思いがそこにあった。
同時に、地下水の流入を止めるために、原発周辺の地下の四方
を遮水壁で覆う遮へいプロジェクトを実施するため、境界画定
を行うことについても、当初、「現場の工事が干渉するから」
との理由で渋っていた吉田さんも「分かった」と言って境界画
定にも立ち会ってくれた。
 共に、闘ってきたとの思いがよみがえる。
 しかし、6月27日僕は補佐官の任を解かれ、その後、地下遮
水壁はいつの間にか四方を囲う案はひっくり返され、消え失せ
ていった。
その結果、現在、1日300tの放射性汚染水が海に流出し続けて
いる。
 遺影の吉田さんが「補佐官、何やってんだよ!」と語りかけ
ているような気がして仕方がない。
 今、政府と東電がやろうとしている凍土方式遮水壁も地下水
バイパスもごまかしに過ぎない。
あれから二年半が過ぎ、ベストの方策を失った今、政治の責任
は、ワーストの選択をさせないことだ。
 「戦友」の、吉田さんに、心から誓った。
 心から、ご冥福をお祈りいたします。

|

« 参院選を控えて | トップページ | 汚染水の海洋流出問題 »

コメント

失礼します。(^_^)m(__)m

藤井 隆と申します。

2年ほど前だったかな?


近鉄西大寺前のスターバックスで


のんびりホット珈琲飲んでました。m(__)m

その時、貴方が

選挙演説されてましたね。
僕はよく覚えてますよ。^_^

当選おめでとうございました。

遅くて申し訳ありません…(>_<)

日本の為に

御活躍のほど、期待しております!
(^_^)

長々と失礼致しました。


投稿: 藤井 隆 | 2013年10月 7日 (月) 19時56分

馬淵代議士のいい加減なところ、それは、「時の話題」には敏感に即かかわろうとするが、自身の手がけたことで時間がたつと、すぐに放り出してうやむやにすること。

違うって?

永田偽メール事件や、耐震偽装マンション事件や、中国漁船による海上保安庁艦船に対する特攻激突事件とか、その後いったいどうなった?

どうせ貴殿のことだから、この原発事故問題も、すぐに飽きて途中で投げ出して、次の「事件 話題」に食いつくであろう。

何か反論はありますか?

投稿: | 2013年8月28日 (水) 18時43分

奔走されていた馬淵さんの活力、気力と知識は他の誰をも凌駕していたと思います。政府の拙い対応ばかりが露見した結果になってしまいましたが今あらためてこの手記を一部に拡散したいと思います。民主党に対して連鎖アレルギー反応のあるような人々にも読んでいただきたいです。

投稿: KOH | 2013年8月28日 (水) 15時41分

その吉田所長は、今の汚染水問題(本当は当時から存在した問題ですが)について、未来を見据えた対策をどの様にしていたのでしょうか。

あの混乱の中ですから、誰が良い、悪いを申し上げるつもりはございませんが、少なくとも「事故を起した原発の最高責任者」であることをしっかりとご認識いただき、英雄扱いするようなことは、むしろ、彼の冥福を妨げることであることだと認識下さい。

投稿: そふたん | 2013年8月28日 (水) 10時30分

吉田所長のご冥福をお祈り致します。

それと、困難なことですが、汚染水の問題が一日も早く解決することを期待いたします。

投稿: エコロテック | 2013年8月26日 (月) 22時06分

当時、計画していた防水壁がひっくり返された理由を追及するべきでは?馬渕さんのこのブログを見ると、民主党への批判を呼ぶだけになります。なぜそうなったのかを調べるのは、任を解かれたとしても責任者だった者としては当たり前の事じゃないでしょうか。任を解かれたから分からない。では与党になっても何も出来ないと言っているに等しいです。ブログからは真摯な思いが伝わってきましたが、本当にそこが残念です。民主党に欠けているところはそこですよ。徹底的な調査と追及。なぜ出来ないのか、こうやれば出来るんじゃないか、出来ないならどうすればいいのか。いつも中途半端にしてるだけでは国政は任せられません。これは叱咤激励です。本当にしっかりと頑張ってください。

投稿: | 2013年8月26日 (月) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/53004221

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦友」への誓い:

« 参院選を控えて | トップページ | 汚染水の海洋流出問題 »