« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

第二回汚染水対策本部

 民主党の福島第一原発汚染水対策本部の第二回会合。
現時点での対策についての東電、エネ庁、規制委員会からの説
明を受ける。
東電側の説明は、二年前の政府・東電統合本部の全体会議で共
に席を並べてきた当時の対策担当者。
お久しぶりです、と声をかける。
抜本対策をいち早く実施しなければならないことを伝えながら、
現時点においてもリスクに対する姿勢の問題を指摘した。
それは、当時においてもそうだったのだが、東電のリスクに対
する認識と政府のそれとが常にかい離していた点だ。
東電は民間企業であり、対策の実施に当たっては経営上の観点
から、効率性を重要視する傾向がある。
そのため、対策の対象リスクを小さく想定する傾向があり、特
に事故発生直後の混乱時期には、様々なリスクが併存している
ため、確実に明らかとなった目先のリスクに対する対策を最優
先で実施していた。
こうした状況が、実は二年経った今も何一つ変わっていないと
いうことが明らかになっている。
早く、閉会中審査を開いて国会で議論すべきだが、国対情報で
どうも与党が難色を示しだして開かれそうにないと聞かされる。
マスコミからは、ネットで僕が「質疑に立つ。準備に入る。」
と書いたからだと囁かれる。さすがに、そんな馬鹿な話はない
だろう。与党国対もこれだけ世間が見ているのだから、まとも
な判断を下すと信じている。
 一方、海外からのさまざまな汚染水に関する質問も寄せられ
る。海洋汚染に対する近隣諸国の法的対応についても問われる。
確かに放射性物質を含む汚染水による海洋汚染が現実のものと
なれば大きな問題となる。しかし、具体的な対応というと現行
では国連海洋法条約における紛争解決手続きに頼ることになる。
条約締約国には環境保存義務が課されており、その違反となる
と主に国際海洋法裁判所、国際司法裁判所、仲裁裁判所の三つ
の機関での国連海洋法上の解釈、適用について判断がなされる。
しかし、あくまでこれらの国際機関における判断は強制力を持
たず、かつ海洋汚染に関する過去の事例もないこと、あくまで
提訴は政治的な意味が主、ということを考えると現実的ではな
いとも言える。
現時点では、外務省も他国のそうした動きを捉えている状況で
はないようだ。
だからと言って、楽観視するべきではないが近隣諸国を含む国
際社会がどういう対応があるかは現実的な想定をしておかなけ
ればならないことは言うまでもない
閉会中審査は国対に任せるしかないが、質疑準備だけは黙々と
進める。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年8月28日 (水)

汚染水の海洋流出問題

 先週、党本部で「東京電力福島第一原発汚染水対策本部」が
設置された。
あれっ、そう言えば声掛け無かったな...、いつの間に...と思っ
ていたのだが、同僚議員や多くの皆さんから「何でまぶちさん
入ってないの?」と問い合わせ。
さすがにこれは、と思い、「入れてください!」とお願いした。
補佐官時代に、遮へいプロジェクトの責任者として地下遮水壁
構築を導いたものとして、そしてその後東電にひっくり返され
てもなおその必要性を訴え続けてきた。安倍政権に代わっても、
再三地下遮水壁について経産委員会で主張し続けてきた立場と
して、この本部の先頭に立つくらいの想いはある。
汚染水が毎日300トンも漏れ出ていることを漸く認めた東電。
経産省も本腰を入れて対策を打つと言っているが、今年の通常
国会経産委員会でも、一刻も早くと訴えてきた。
凍土方式による遮水壁も完成は二年後。
もはやそんな悠長なことを言っている状況ではないはずだ。
そして、何よりも重要なことは今すぐにでも山側からの地下水
の流入を防ぐことだ。
 まずは、一刻も早く陸側、海側に多重に矢板を打ち込み、地
下水位を下げること。同時にポンプで建屋地下の汚染水位を下
げる。これは今後どのような他の工法を採用しようと干渉する
ものではない。
かつての補佐官時代の「チーム馬淵」の当時の構想は、「地下
の壁」だけではない。ポンプによる地下水管理、地上のコンク
リート地盤化、上空のカバーを含めたトータルの構想だった。
そして当時の判断である「ベントナイトスラリーウォール」に
よる「鉛直バリア」方式の地下遮水壁は決して間違ってはいな
い。
当時の案から、エリア、構造などの修正が必要かもしれないが
今からでもいい、構築すべきだ。
閉会中審査も行われる方向のようだ。
30日に理事会が開かれ、9月初には経産委員会だとすれば、そ
の場では質していかなければならない。
当時どうだったかも大事だが、今どうするのか、今後どうする
のかが最も大切である。
前にも述べたが、二年前と違ってベストの選択はもはやない。
だからこそ、ワーストの選択をさせないために政府を正してい
く必要があると思っている。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年8月23日 (金)

「戦友」への誓い

 吉田さんの訃報を聞いたのは参院選の最中だった。
厳しい情勢の中、必死で選挙対策を行っている時でもあった。
お別れに行かなければ、たとえ選挙中であっても。
そう思っていたのだが、後日に行われる告別の会へとの連絡が
あった。
 そして、今日、お別れの会が青山葬儀場で執り行われた。
笑顔の遺影の吉田所長に、献花と共にお別れの挨拶をしてきた。
 東京電力福島第一原子力発電所の吉田昌郎所長と初めてお会
いしたのは、3月26日に原発事故対策担当の総理補佐官となっ
た直後だ。
 今でも初対面の時の吉田さんの言葉が忘れられない。
朝からの統合本部全体会議が終わった後、吉田さんが吠えるよ
うに会議のひな壇席の方に向かって言い放った。
もちろん議論は必要だが、議論のための議論になっていないか、
現場は必死なんだ、そんな話と共に、「こんな東京の本社の会
議室ではなく、現場に来てくださいよ!、見てくださいよ!」
その言葉はひな壇席の東電幹部のみならず、政府側の我々、い
や自分に言われたんだと、僕はそのとき感じた。
「補佐官、現場は必死だ。作業員も限界に近いくらいに頑張っ
てくれている!」
挨拶に近づいた僕に、吉田さんは食らいつくようにそう言った。
そして、その時から僕は吉田さんと向き合うことになる。
当時、僕は補佐官就任と同時に原発事故対策の命を受け、政府
・東電統合本部に張り付き「遮へいプロジェクトチーム(PT)」
の責任者となった。
陸海空に漏れ出ている放射性物質を封じ込めるのがミッション
だ。
陸に散った放射性物質とチリを飛散防止剤で固化する。
空へと水蒸気が漏れ出ている建屋を覆うカバリング工事を実行
に移す。
そして、海への流出。
これこそが最大の課題だった。
さらに、遮へい以外に大きな課題が降りかかる。
余震だった。
度重なるマグニチュード7.6レベルの余震で4号機の使用済燃料
プールが崩落するかもしれないというリスクが浮上した。
僕は、4号機の耐震補強工事を決断した。
その時だ、吉田さんとは激しくやりあった。
工事を行うためには、作業員を現場、建屋に入れなければなら
ない。しかし、高線量で人は近づけない状況。それでも何とか
して、やるしかない。
当時の作業はすべてロボットなど無人で行うことを前提として
いた。しかし、ここは有人作業が必要になる。
「補佐官、あんた、作業員に死ねというのか!」
吉田さんは電話の向こうで怒鳴った。
僕は気持ちを落ち着かせながら、言った。
「そうは言ってません。人が入れるようにして、入ってくださ
い!!」
爆発を起こした4号機5階にある燃料プールには、1535体の燃料
が入っていた。プールが崩壊すれば、終わりだ。最悪のシナリ
オ(近藤シナリオ)に突入してしまう恐れがある。
それを避けるために耐震工事が何としても必要だった。
吉田さんとは激論を交わしながらも、やがて建屋の隙間からロ
ボットを入れてがれきを取り除き線量を下げる作業をやってみ
ると報告してきてくれた。作業員の安全を考えながらも、どう
やったらできるか、最善の策を懸命に考えてくれた。
やがて、瓦礫除去により線量は下がり、見事に有人作業による
耐震補強工事が完遂した。
 そして事故から3ヶ月、6月11日に僕は政府の人間としては初
めて4号機に入った。耐震補強工事を視認確認するために。
吉田さんは免震重要棟で、僕を見るや、「補佐官、見てくれと
は言ったけど、入れとは言ってないです。」と言った。
僕が笑顔で、「責任者だから!」と言うと、仕方ないなぁとい
う顔を見せて、自分も入ります、と黙々と着替えだした。
お互いに、余分な言葉を発する必要もなかった。
必死の思いがそこにあった。
同時に、地下水の流入を止めるために、原発周辺の地下の四方
を遮水壁で覆う遮へいプロジェクトを実施するため、境界画定
を行うことについても、当初、「現場の工事が干渉するから」
との理由で渋っていた吉田さんも「分かった」と言って境界画
定にも立ち会ってくれた。
 共に、闘ってきたとの思いがよみがえる。
 しかし、6月27日僕は補佐官の任を解かれ、その後、地下遮
水壁はいつの間にか四方を囲う案はひっくり返され、消え失せ
ていった。
その結果、現在、1日300tの放射性汚染水が海に流出し続けて
いる。
 遺影の吉田さんが「補佐官、何やってんだよ!」と語りかけ
ているような気がして仕方がない。
 今、政府と東電がやろうとしている凍土方式遮水壁も地下水
バイパスもごまかしに過ぎない。
あれから二年半が過ぎ、ベストの方策を失った今、政治の責任
は、ワーストの選択をさせないことだ。
 「戦友」の、吉田さんに、心から誓った。
 心から、ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »