« 変則的国会となるか | トップページ | 「原発と政治のリアリズム」 »

2013年1月11日 (金)

党再生本部(仮称)役員会

 党本部にて党再生本部(仮称)の役員会が開かれる。
本部に「(仮称)」がついているのも、単なる「再生」の状況で
はない、厳しい現実を見詰めてより強固な意志を持って取り組
まなければならないとの代表の想いから、あらためて正式名称
を持って来週より実働スタートすることからだが、いずれにせ
よ理念を堅持しつつ組織として生まれ変わることが必要だとい
うこと。
役員会では、2月末もしくは3月初には行われる党大会までに衆
参議員及び地方組織・地方議員等・前回衆院候補者・引退議員、
党外の有識者など、党内外から広く意見を聴取し、「第46回衆
院総選挙」と3年2カ月余の「政権運営」の検証を行い、復活・
再生のための方針策定を行うことが確認された。
 とりわけ、代表、代表代行、幹事長を筆頭に役員等は地方行
脚を行いヒアリングも含め検証並びに方針確立のためにその声
をフィードバックさせていくことになる。国会も1月末から始
まるとなると、相当ハードな日程となるが頑張るしかない。
また、衆参それぞれ4名程度からなる作業チームを組成し一切
の作業を執り行っていくことになる。また、有識者は幅広く客
観的意見を聞くことを旨としてヒアリングを行っていく。来週
には作業チームがアサインされ動き出すことになる。
参院選対策など短期的視点のみならず中長期的観点での立て直
しに取り組む。

|

« 変則的国会となるか | トップページ | 「原発と政治のリアリズム」 »

コメント

馬淵さん、麻生大臣の終末期医療に関する発言で、決して図に乗って食いついて噛み付くような言動を決してしてはいけませんよ!
他の民主党議員にさせてもいけませんよ!

絶対に、いつもの「お約束」の「ブーメラン自爆」しますから!

もし麻生大臣に対して攻撃を仕掛けたら、まして辞任せよ!というような言動をしようものなら、鳩山・元首相の中国訪問時の際の一連の反日国賊売国奴敵暴言について、民主党が一切追及しないことを、自民党側から追及されることになりますよ!

投稿: 怒れる奈良県民 | 2013年1月21日 (月) 19時27分

馬淵さん、マジで民主党再建を語るなら、「へなちょこ辞任』した鳩山・元総理の暴走を何とかしてくださいよ。

彼は、尖閣諸島は日中間の係争地で、日本は中国と話し合え、と野賜っていますよね。

彼は、今は国会議員ではない「ただのひと」とはいえ、かつて民主党野党首であり、首相経験者ではありませんか。

尖閣諸島関連では、馬淵さんは海上保安庁のトップの国土交通大臣経験者として、馬淵さんにもかなり責任があるのですよ。

自民党・安倍首相・麻生大臣を追及するよりも、身内の暴走を先ず何とかしてくださいよ。

まあ、馬淵さんは、安倍首相には「へなちょこ辞任』と誹謗中傷したけど、鳩山さんの「へなちょこ辞任』に関しては、一切触れず、彼に対して批判も責任追及も一切しなかったから、貴殿に言うだけ無駄ですかwww

弁解・説明をどうぞ!

投稿: 怒れる奈良県民 | 2013年1月18日 (金) 01時11分

えっと、、、、、。
ルーピーさん、何とかしてもらえませんか?
除名しないと、参院選で全滅ですよ。

かなり真剣に。

節度を心得るのが馬淵さんの美点ですが、
吹っ切れる時は吹っ切れないとと、
20年思ってます。

投稿: エコロテック | 2013年1月17日 (木) 23時58分

日本の有識者と言われる方々は、真実を見極める力があるとか正しい選択ができる方のように思っておられるのかもしれませんが、専門でない事まで首を突っ込もうとするから殆ど抽象的な考えでしか語らない為、具体策を持って実行しようとする者に理詰めされると構想が抽象的な分あっけないほど沈黙するしかなくなる。これは、橋下氏が沢山の有識者と言われる方々とやりあって証明してくれていますね。

そんな方達の会議や話し合いなどでありがちなのが、やたら長時間な割に具体策がないから完結した答えもないまま玉虫色にした結論で終わるという事。民主党の集まりでもご経験ないですか?

そして、そんな中一人の勘違い男が「決める」「決断する」を方向違いな「決めた」で自己満足した結果国民に見捨てられたのが民主党なのですよ。

投稿: びっくり | 2013年1月15日 (火) 19時33分

< また、有識者は幅広く客観的意見を聞くことを旨としてヒアリングを行っていく。


これが、かなりの「曲者 くせもの」なんですよw

私みたいに、馬淵さんや民主党に不都合な・耳の痛い・不愉快になるような・痛いところを突くような「識者 知識人』を入れますか?
そういう識者・知識人の声を素直に聴きますか?

絶対に、馬淵さんや民主党の気分を害さない・耳に心地のいいことを言うような者・民主党支持者・反自民党の者しか入れないでしょう。

本当に、マジで、真剣に民主党再興再建を考えているのであれば、私みたいな民主党の無策無能・犯罪不正を公然と徹底的に突付く・叩く者を、反民主党・親自民党・馬淵さんたち民主党議員が嫌いな者を「顧問・アドバイザー」として迎え入れるべきでしょう。

できますか?
それだけの勇気がありますか?
決断できますか?

できるというのであれば、先ず安倍首相に対して『「へなちょこ辞任」というような、麻生大臣など閣僚に対する反人道・反社会的な聴くに堪えない誹謗中傷・罵詈雑言は、今後永久に絶対にしないこと・政策と理念だけで勝負することからはじめてみてください。

これができなければ、民主党と馬淵さんは、何をやっても、まともなことはできないと断言します。

熱心な民主党支持者・馬淵さんのファンの皆さん、何か反論はありますか?
あるならお聴きしましょう。

投稿: | 2013年1月11日 (金) 23時04分

党再生本部(仮称)役員会 と言って、(仮称)とするなら最初っからきちんと決めたほうがいいと思います。そして党大会までに色々な方から意見を徴集するようですが、党員サポーターの方の意見もきちんと汲み取ってください。前回落選された方の中には、自分の能力不足をあまり認めようとせず、政権運営、党内部のゴタゴタ、離党者続出等を理由に今回はどう頑張っても仕方なかったと思っている人がいると思います。そういう人はまず自分を見つめなおすべきだと思うので指摘してあげてください。

投稿: メタリックシルバー | 2013年1月11日 (金) 17時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/48701650

この記事へのトラックバック一覧です: 党再生本部(仮称)役員会 :

« 変則的国会となるか | トップページ | 「原発と政治のリアリズム」 »