« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月18日 (金)

「原発と政治のリアリズム」

 世に言う原発本ではない。
一昨年前の3月26日に原発事故収束担当の総理補佐官を任命さ
れてからの94日間、原発事故に対処しながら、政治が担うべき
マネジメントとは何か、危機管理とは何か、組織とは何かを問
うた著書。新潮新書として1月20日発行、そろそろ書店に並び
だしたと思う。
 事故から二週間強を経て就いた補佐官として統合本部に入り、
混乱から事態を収束させていく過程の中での日々のマネジメン
トの実態を明らかにし問題点を指摘しつつ、政治のかかわり方
を僕なりの視点で書いたもの。
当初目指していた発行予定からかなり延びてしまったが、逆に
原発事故の内幕ものというよりも、ビジネス的な観点からの俯
瞰を示すことができたのではないかと思っている。
 いずれにせよ、どこかで記録にしておかなければならないと
思っていたので、このような形で世に出せてよかったと思って
いる。また、民間や国会からの事故調報告書も出たり東電によ
る情報公開が始まりだし、多くの事柄が公知として守秘義務解
除され遠慮なく書くことができ、ある意味発行が延びたことが
幸いした。
赤裸々に描いた部分もあるが、事実である。
事態対処にあたるマネジメント現場の空気と、そこで発生時に
はいなかったためある程度第三者性を持つことができた自分と
の距離感については克明に描いた。
まさに、マネジメントの要諦の部分だとの思いからだ。
情熱と真剣さを持ちながらも、いかに冷静に対処できるか、判
断できるかを読者の皆さんにも考えていただきたいと願ってい
る。
是非、ご一読いただきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

党再生本部(仮称)役員会

 党本部にて党再生本部(仮称)の役員会が開かれる。
本部に「(仮称)」がついているのも、単なる「再生」の状況で
はない、厳しい現実を見詰めてより強固な意志を持って取り組
まなければならないとの代表の想いから、あらためて正式名称
を持って来週より実働スタートすることからだが、いずれにせ
よ理念を堅持しつつ組織として生まれ変わることが必要だとい
うこと。
役員会では、2月末もしくは3月初には行われる党大会までに衆
参議員及び地方組織・地方議員等・前回衆院候補者・引退議員、
党外の有識者など、党内外から広く意見を聴取し、「第46回衆
院総選挙」と3年2カ月余の「政権運営」の検証を行い、復活・
再生のための方針策定を行うことが確認された。
 とりわけ、代表、代表代行、幹事長を筆頭に役員等は地方行
脚を行いヒアリングも含め検証並びに方針確立のためにその声
をフィードバックさせていくことになる。国会も1月末から始
まるとなると、相当ハードな日程となるが頑張るしかない。
また、衆参それぞれ4名程度からなる作業チームを組成し一切
の作業を執り行っていくことになる。また、有識者は幅広く客
観的意見を聞くことを旨としてヒアリングを行っていく。来週
には作業チームがアサインされ動き出すことになる。
参院選対策など短期的視点のみならず中長期的観点での立て直
しに取り組む。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

変則的国会となるか

 今年初めての幹事長室の会議。
党再生本部の立ち上げ並びに今後の進め方の指示を代表、幹事
長から受けて準備を進める。
一方、参院選挙に向けての幹部の全国行脚、党大会の日程設定
など夏に向けての工程表を引きながら、あまり余裕のない日程
を改めて眺める。
 通常国会も変則的な運びになりそうな気配でもある。
大型の補正予算を編成するという政権は、1月末の国会召集を
考えると2月初に所信表明、代表質問並びに補正予算のための
予算委員会を開くことになる。一方、当初予算の編成は大幅に
遅れる見込みでどんなに早くても2月末から3月初だと言われて
いるが、補正予算審議後3週間ほどは何も行われない国会とな
るのだろうか。いずれにしても、ゴールデンウィーク前の4月
後半に予算成立としても残りの会期の最中に都議選等もあり国
会審議に付される法案も極めて限定的になりそうだ。ある意味、
予算編成で終わってしまう国会になりかねない。
 それこそ、そうなれば昨年11月14日に党首討論で交わされた
野田総理と安倍総裁との解散を巡る約束である「定数削減」も
置き去りにされ、反故にされかねなくなる。
夏の参院選を控えている状況から、通常とは違うのは予想され
るが、更に政治が信頼を失うことになることだけは避けなれば
ならない。
 まだ、来週くらいまでは主だったところでの新年会も続きそ
うだが、こうした国会の運びを想定しながら、党務を粛々と進
めていくことになる。
 いわゆる「アベノミクス」に対する評価も、金融政策につい
ての麻生大臣の発言がぶれないか、慎重に見極める必要がある。
国会が始まるまでに準備すべきことは多い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

東京での仕事始め

 新年の仕事始めは4日から。
奈良事務所一同、氏神さん並びに崇敬社に参拝が恒例。
そして、昨日から党本部での仕事始めとなる役員会で上京。
党本部もすでに4日から始業しているが、僕にとっては東京で
の仕事始めとなる。
 会館で、国会事務所の面々と新年互礼会を行い、党本部での
役員会では当面の課題の確認が行われた。
 昨年末の代表選で再び敗れて、新たに幹事長代理に就いたわ
けだが今年は参院選の年でもあり、幹事長室は全体の選挙対策
を取り仕切ることになるため、選挙にかかわりの深い部局にも
幹事長室の面々が加わることになった。
 よって、僕は幹事長代理との兼務で企業団体委員会の委員長
代理も担うことに。前田武志参議院議員が委員長に就かれ、そ
の下で参院選挙対策としての企業団体対策を行うことになる。
与党時代にできなかったことも含め、野党でできることも整理
が必要だ。
 さっそく、党本部役員会以降、企業団体の会合をハシゴする。
日帰り予定の東京日程だったが、結局帰れず、朝イチの新幹線
で戻ることに。
今年も忙しくなりそうだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
今年も、氏神さんの添御縣坐神社での初詣からスタート。
新年の誓いは、「復活・再生」。
これは、何よりもこの国の経済はじめ課題の解決によって日本
の「復活・再生」を誓うものである。
もちろん、自らもそして党もである。
決意と誓いは新たにしたのだが、年末までの疲労蓄積でさすが
に困憊、全ての行事を終えて、午後はひたすら自宅で静養。
のんびりさせていただいた。
今年は、こういう時間も大切にしたい。
英気を養って、また頑張ります!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »