« 火山噴火の危険性 | トップページ | 会期末に向けて攻防始まる »

2012年4月21日 (土)

熊本からワシントンへ、セーフ!

 今日は朝から東京を出て、福嶋健一郎代議士の地元、熊本2
区での国政報告会2件に現地視察、夜の懇親会と熊本での活動。

朝の飛行機は、熊本空港着陸寸前に滑走路まであと数メートル?、
ま、数十メートルだったかもしれないが、突然ジェット噴射、
急上昇で機体グラグラ、けたたましい金属音。うわ、なにこれ?!、
どーなんの!?くらい思った。
再度旋回しながらの着陸トライで無事なんとかOK!という、
いわゆる悪天候での熊本入りだった。

降り立ってみると、地上は至って平穏で上空でのあの気流はな
んだったんだろうという感じ。

気分を変えて熊本での昼食は、福嶋代議士が熊本一おいしいと
お奨めの、大雅ラーメン。一滴残らずスープまで飲み干して元
気出す。
http://r.tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43000885/

 二つの国政報告会、視察、夜の懇親会と当選以来ぶれない姿
勢の福嶋代議士をどうかしっかりと応援お願いします!と訴え
て、残念ながら日帰りで羽田に向かう。

 明日は11時過ぎの便でワシントン行だ。
日米両国の議会が唯一認める公式の両国議員会議である
「日本・米国議員会議」に出席のため明日から木曜日まで渡米。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/kokusai_kankei/kaigi/usa/pdf/h24hakengaiyo.pdf

仙谷由人議員団長を筆頭に衆参両院並びに与野党議員12名の議
員団による国会派遣だ。

急な要請だったため、事前に入っていた予定をかなり無理言っ
て変更しての準備だった。

 ところが、熊本空港に着くと羽田行最終便が天候不良のため
欠航!。
熊本発の新幹線にはもはや間に合わない。どうあっても、こりゃ
明日のワシントン行は乗り遅れるかもしれない...と思って
いたところに、他社便が到着。裏書きして急きょ、そちらへ搭
乗手続き。
やれやれ、明日のワシントン行は間に合う。

朝からの悪天候は、結局夜まで続いたということか。
幸い、福嶋代議士の国政報告会や視察の最中は地上は穏やかな
天気で、来場者はじめ参加者の皆さんにはよかった。

しかし、ここんとこ平気だったけど、久しぶりに、「飛行機コ
ワイ」がよみがえってきてしまった。

明日もチョット、憂鬱。

|

« 火山噴火の危険性 | トップページ | 会期末に向けて攻防始まる »

コメント

馬淵議員も埋れてきましたね。

浜岡原発には18m、女川原発には17mの防潮堤が津波対策として更に建設されてるとの事。

福島原発で被曝しながら作業されてる人達は仮設の防波堤で守れますか?

国民は後ろで皆と同じ事をやっている議員に未来は託せません。
代表選まで出た意気込みはどこへいきましたか?

ここいらで本気で福島原発に関わるお気持ちは無いでしょうか。

投稿: 福島 | 2012年5月 8日 (火) 22時27分

議員、連休中にヤフー・ニュースなどのネット上で、八木氏のロシア経由の160ページの検察の内部資料が出回り、今回の捜査の不当性が明確になっています。

また5月5日にようやく全国の原発が43年ぶりに全機停止しました。しかし、もんじゅの見直しも、東電の法的整理もまだです。

法務委員会秘密会開催を含め、国会議員の力量が問われる事柄が目白押しです。司法でも行政でもなく、本来は国会が3権の長であることを、今こそ国民に示してください。

投稿: ひろみ | 2012年5月 7日 (月) 21時54分

初めまして

まぶち議員はまぶち議員の政治家としてしたい事をさせて貰えない民主党に何故いるんですか?
まぶち議員ならまともな党を創れるのでは
と密かに期待してます。
マスコミを変えるも変えないも、やはり政治家次第と海外をみて思います
まぶち議員が総理だったら、日本の危機から脱出できるかなと
中国でもACTAに署名してないんですヨネ
福島原発の終息海外のサポート受けさせて下さい
又お邪魔しますね

投稿: 迷子 | 2012年5月 2日 (水) 19時02分

あの大震災から1年 ... どうかご視聴いただければ幸いです。

東日本で被災地の支援活動のドキュメンタリー動画

http://youtu.be/RIAfO5g195U

投稿: | 2012年5月 2日 (水) 01時39分

小沢氏の一審無罪が確定しました。しかし判決文を見ると、限りなく黒に近い文章です。
検察の不手際による、無罪です。

しかし、もう小沢氏には求心力はありません。

小沢氏を支持しているのは、役立たずのガールズや、無能な代議士たち。年功序列的に役職を決めた輿石氏などなどです。
あなたの発信力も急激に落ちています、と言うよりも、発信力すらない?
国民は馬鹿ではありません。維新の会が注目され、自民党も支持率が上がらないように、マスコミは仕組んでますが、保守の真実は一つです。

投稿: 菊花 | 2012年4月27日 (金) 20時57分

今日まではワシントンでしょうか?
日頃より馬淵氏のご活躍に大いに期待しております。

さて、本日コメントを記載いたしますのは、馬淵氏におかれましても恐らくは悩まれておいでの前田議員と民主党の姿勢について考えを述べさせていただきたくコメント申し上げます。同じ奈良県のご出身ということもあり、前田議員の立場にご同情もあられるかと思いますが、あえて厳しいことを申し上げます。

野党の問責、選挙法違反という表面上の問題はともかくとして、あの書簡の中身はいけません。前田議員の責任、関与の程度は私は存じませんが、あの書簡の中身は「票をよこせ。利権は守ってやるから。」と言っているようにしかとらえられませんでした。あの書簡を作った人は誰なのでしょうか?そういう調査もせず、消費税増税に向けた審査会の設置は強力に推し進める。

民主党の、というよりも馬淵様は、おそらくそういう政財の癒着を正したいという想いもあって議員になられたと思います。また、国家のために役に立ちたいと願い、日頃のハードな議員活動をこなしておられるのだと思います。

しかし、民主党は、自民党以上に政官財の癒着に対して鈍感で、時に自ら推進する。国益を想い、消費税の増税は景気弾力条項を付けるべきだという主張も十分に取り入れられることもなく、財務省官僚の意向に沿った国益に沿わない行動をとる。

本当に民主党に馬淵様がいらっしゃることが正でしょうか?私は、馬淵様が政権与党にいらっしゃることは純粋にうれしいのです。

しかし、現民主党政権でというのなら逆に政権与党にいらっしゃることが悲しく、さびしく感じております。

常に見事なまでに強固な論理で話される馬淵氏に私的な感情を述べて申し訳なくもおもいますが、馬淵氏を応援してきたものとして正直な感情を書かせていただきました。乱文、ご容赦ください。

投稿: secretary-of-japan | 2012年4月26日 (木) 00時43分

お疲れさまです。

ワシントンの天気悪かったんじゃないですか?

投稿: 堀 | 2012年4月25日 (水) 11時10分

仙谷さんの集団自殺発言が、マスコミに批判されました。その発言をした講演会での全発言内容が、ホームページで公開されています。それを読むとマスコミ報道の間違いがわかります。多くの人に読んでほしいと思うような少し難しいけれどためになる内容です。

投稿: | 2012年4月23日 (月) 21時10分

ギリギリでしたね。流石国会議員。仕事が速い!!

投稿: | 2012年4月21日 (土) 23時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/44972808

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本からワシントンへ、セーフ! :

« 火山噴火の危険性 | トップページ | 会期末に向けて攻防始まる »