« 新年度我が家のクラス替え | トップページ | 熊本からワシントンへ、セーフ! »

2012年4月21日 (土)

火山噴火の危険性

 首都中枢機能バックアップWTでは中間報告を3月に行ったと
ころであるが、引き続き首都中枢機能の危機管理について検討
を進めている。

3月の中間報告は、想定される東京湾北部地震のリスク認識に
基づいてバックアップ体制について取りまとめたもの。現状の
危機管理センターの不備や首都直下型に対する代替性の不十分
さを指摘し行政上の対策として現地対策本部に指定されている
大阪をはじめとする地域の強化を求めた。
しかし、この報告の前提となっているものも主に首都直下型地
震である。
そこに加えて、新たに火山の噴火に対するリスク検討も深める。

火山の噴火というと、「富士山大噴火」などの「予言」っぽい
話に聞こえて、たちまち「トンデモ系の話」に間違われそうだ
が、そうではない。
実は僕自身、富士山はじめとする大噴火をリスク前提に置く、
という発想については当初は、「???」だった。
しかし、今回WTで、内閣府の火山情報等に対応した火山防災対
策検討会副座長を務めてこられ平成22年に防災功労者内閣総理
大臣表彰を受賞された藤井敏嗣(ふじいとしつぐ)東京大学名誉
教授に、火山噴火と地震の関係についてお話を伺う機会を得て、
考えが一変した。

 火山の噴火の定義は、「地下にある高温(1000℃前後)のマグ
マが地表に接近、あるいは噴出すること」である。そしてのこ
のマグマの粘性(つまりネバネバ具合、流れ出る速度にも関わ
る)は10億倍も変化するものだ。ドロッとでるものから、水の
ごとく流れるものまでまちまちなのだ。
そして、噴火の前兆現象は必ずあるのだが、その時間スケール
は数時間から数日まで幅がある。従って、「○○の予言」のよ
うに○月○日に噴火ということは予知し得ないが、今は何事も
なくても一年後に大噴火ということも十分ありうる。

 しかも、いわゆる危険とされる活火山の定義は「最近1万年
間に噴火活動があったもので現在も活発な噴気活動があるもの」
だ。1万年前に噴火したものまで含めるとなると、相当数に上
ると思われるが、全世界の総数は約1500。我が国にはその7%
にあたる110の活火山があるのだから、やはり火山大国でもあ
る。
 そのうち、首都圏に影響する火山は、箱根山と浅間山と富士
山である。箱根は6万5千年前に大噴火があり3千年まえの噴火
で芦ノ湖ができた。浅間山は1783年の天明噴火と1108年の天仁
噴火が大噴火であるが、09年2月2日には小噴火があり東京に降
灰が観測されている。

 そして、富士山であるが、これは当然日本一高い山である。
言い換えれば日本一大きい活火山であり最もマグマの噴出率が
高い火山である。そしてこの富士山の噴火は非常に不規則であ
りかつ噴火の形態は多様だ。数十年おきに噴火していた時代も
あれば数百年静穏だった時代もある。爆発的な噴火もあれば、
割れ目からの溶岩噴泉もあれば溶岩流、火砕流など麓を埋め尽
くすながれや、山体崩壊など山が崩れ土石流、泥流となる最も
危険な噴火もあった。

まさに富士山は噴火のデパートだ。

 そして、当然ながら富士山の大噴火は首都圏に壊滅的なダメー
ジを与える可能性が高い。一つは火山灰の降下。噴出全量は十
数億立米とされ23区内で数千万立米とも言われる。当然ながら
道路、鉄道はストップする。最も厄介なのは火山灰は帯電して
おり宙を舞うと電波障害が発生し航空機の飛来は不可能になる。
つまり流通経済の破たんが予想されるのだ。

 世界中ではM9.0規模地震の発生後数年以内に火山噴火が誘発
されている。直近でも2010年のチリ地震の後1年3か月後に噴火
が起きている。今後我が国では、この噴火の危険を十分考えて
おかなければならない。そして歴史的にみても2千年から1万数
千年とされる巨大噴火の繰り返し周期に照らし合わせても、日
本では7300年前の鬼界カルデラ以来巨大噴火はない。かつて、
文明を遮断したとされる巨大噴火の可能性までも十分にある我
が国においては、今後さらなるリスクを考える必要があること
は間違いない。

 最後に、藤井先生に別途取り組んでいる使用済み核燃料
はじめとする高レベル放射性廃棄物の最終処分方法とされてい
る地層処分について訊ねた。1万年の保管などを考えられる地
層が我が国に存在するのか?と。

藤井先生は、ハッキリ、すっぱりと、我が国にそのような場所
は考えられない!、と仰った。

やっぱりね...。

|

« 新年度我が家のクラス替え | トップページ | 熊本からワシントンへ、セーフ! »

コメント

藤井先生は、国会の災害対策特別委員会(村井委員長)で意見陳述された火山研究者で、3.11.を受けた国交省タスクフォースでも証言をした2名の火山研究者のうちの一人です。
もう一人の荒牧先生(元国際火山学会会長・現在:山梨県環境研究所所長)は、藤井氏の恩師で、現在も浅間山や富士山の火山砂防やハザードマップ委員会の委員長を務めています。

今後、富士山で直下型地震が頻発し、山体崩壊が発生するとすれば、北東斜面側(富士吉田方面)が一番危険な状態になると思います(私的見解)。

ブログを読んで、馬淵さんが見落としている点をいくつかお知らせしておきます。
まず、首都圏に影響を与える可能性がある活火山は、このほかに最低3つあります。

歴史時代に活動した大型の成層火山は、榛名山(古墳時代に2回、1万年前以内では少なくとも4回の大噴火・溶岩円頂丘の成長・山体崩壊を発生⇒高崎台地周辺が埋まる被害)と赤城山(南面 1回の噴火 1250年)です。また、相模湾と東京湾に押し寄せる巨大津波に関連する点では伊豆大島の噴火もしくは山体崩壊が発生した場合は深刻です。

榛名山:この火山は、6世紀(古墳時代)に2回の大規模噴火を繰り返し、現在の埼玉県北部地域へ火砕流・泥流など大きな被害を与えています。このとき噴出した降下軽石は、関東地方(東京都)にとどまらず多賀城(現在の宮城県)にまで達していることが確認されています。

また、榛名山の南東山麓は、内閣府や東京都が直下型地震を想定している東京湾北岸断層の北西延長(荒川断層・深谷断層など総延長80kmに及ぶ関東平野西縁断層群)にあたります。
私は、東京湾北部や立川断層よりも関東平野西縁断層の活動の方を心配しています。この断層が動いた場合、榛名山麓で山体崩壊が起き、火山活動に連動するようなことがあれば多大な被害を生じます。
今回、内閣府中央防災会議・国交省タスクフォースや東京都の防災会議はノーマークにしていますが、3.11.東日本大震災の折、この西縁断層延長部にある群馬県内の鳴沢・鮎川・大谷・小宮池の4つの貯水池の堤が崩れ、1つは今も運用できずにいます(地元の地質学者:中村博士による)。
国交省タスクフォース・内閣府官房副長官(元国交省事務次官)・前田大臣・群馬県は、この事実の報告を受けながら、八ッ場ダム周辺は地震も少なく活断層もないので安全だとしてGOサインを出しました。
国交省河川局が意見聴取した地震学者は、福島第一原発の事故は津波が原因で直接の地震被害ではないと経産省・東電寄りの意見を述べていた入倉孝次郎氏です。八ッ場ダム問題でも官僚に都合の良いご意見を述べる有識者で、現地調査すらしていない人物です。長期政権時代からの御用有識者と言ってもよい方ではないでしょうか。

関東平野西縁断層群は、昭和6年の西埼玉地震(内陸直下型地震)の震源断層とされ、多数の死傷者を出しています。馬淵さんが取り組もうとした八ッ場ダム周辺(長野原町)でもこの地震で、石垣50箇所・山崩れが200箇所という甚大な被害をだしています。

国交省河川局は、3.11.と過去の実害の報告を受けながらも、内陸直下型地震の被害さえ過小評価し、浅間山や草津白根山は噴火しない前提で堆積土砂量を試算して運用年数までごまかしているデータで、ダムを建設を推進することに成功しました。流域住民には、利水上・治水上・防災上も役立つと平気で偽りを並べたて、連立政権・党のマニフェストつぶしまで繰り返してきました。
 離党して政治家としての志を貫いている中島政希議員や民主党群馬県連のみなさんの思いはどれだけ伝わっているのでしょうか?
霞ヶ関の河川(素人)官僚と現地検証も満足にしない御用有識者の持つ権力の存在には、恐ろしさを感じます。

吾妻峡谷は、浅間・草津白根山の噴火に対する防災機能を持った天然の砂防ダムの役割を有しています。適度に土砂流出が確保されているからこそ、火山噴火に対しても長野原町民の生活基盤が守られるのです。
その手前に八ッ場ダムをつくることが、火山防災上も安全確保に役立つとする意見は「自然の仕組みや成り立ちもわからない素人か自然は技術で何でもコントロールできるという傲慢さから来る見解でしょう」。釜石の防潮堤しかり、東海地震の震源域の真上に立地する浜岡原発を守れるとして防潮堤を莫大な資金で建設しても、地盤ごと変形したら何の意味もありませんし、災害は複合して起きることを全く忘れた見解と同じです。

ダムの存在は、湛水時には、崩れやすい山体崩壊土石(応桑層)に浮力を与え、水位低下時には地盤から引き剥がす力が作用し、地すべりや深層崩壊を誘発するため、長野原町民の生活基盤そのものまで奪う可能性が高くなります。ダム湖に蓄積された多量の土石は、下流域の住民にとっては、大規模土石流の準備層を蓄えるだけにしかなりません。
将来、必ず噴火する「浅間火山と草津白根火山」が活動して、大規模な土砂が流れ下れば、下流域の住民にとっても被害を大規模に拡大化させることに繋がります。利水・治水上も役立たず、防災上も問題だらけの迷惑なダムをつくることがそんなに大切ですか?
ダム推進派の自民党幹部の皆様(谷垣・中曽根・福田・佐田さんほか)・地元選出の山本一太議員・小渕優子議員・みんなの党の上野議員さんたちは、本当にこれでよいのですか?皆さんの大切な支持者の住民を危険にさらして本当に良いのですか?すこしは、国交省河川局をはじめ官僚の暴走を食い止める努力をされている自民党河野太郎議員の政治家としての見識を見習ったらどうですか?
ダムをつくる唯一の効能は、市民団体の方が書いている情報によれば「水力発電」を減らす分だけ、減電保証費(毎年億単位)を東京電力に支払うことだそうですが・・・

河川局の砂防部では、3.11後の浅間火山の砂防事業で250億円を予算要求し、今年度分:6億8千万円
の予算を獲得したそうですが、ダム建設のゴーサインを獲得してから、ダム運用年数のごまかしがばれないように、縦割りの砂防事業を利用して省益拡大までされては、税金の無駄使いはなくなりません。

投稿: 公務員の雇用主(納税者) | 2012年4月24日 (火) 00時00分

日本国民だけでなく、
アメリカを始め他国からも危険性を再三警告されている、福島原発。

あなたは四号機建屋に入った経験を活かす事も無く国民最大の懸念材料である四号機プールについて過去に発信しているが、その言葉に多くの国民が失望している。

経済問題やら核燃料やら、あちこちの問題を食っては途中で止めて、いつも食いかけで終わらせてるあなたには何も期待しない。

今度は富士山か?
福島原発の収束に本気で取り組まない政治家を誰も信用しないだろう。

現場の声を聞く…それは何処の現場の声だろうか。
前日、Twitterで民主党のマスコットの蓮舫も酷いが馬淵もどっこいどっこいだと書かれていた。
そうやって口だけの人間から支援者は離れていく。

投稿: 福島 | 2012年4月21日 (土) 23時03分

相変わらず、やらなきゃいけないけど、人のやりたがらない仕事ばかりやってますね。
今も昔も、、、、、。

投稿: エコロテック | 2012年4月21日 (土) 13時47分

こんにちは。 Twitterから来て読ませて頂きました。
つい最近もヨーロッパで火山噴火の火山灰噴出の影響で飛行機が全便欠航になる事があったのは記憶に新しいところですね。
首都圏近郊の火山が大量の火山灰を出すような噴火をすると確かに首都圏の交通網も通信も全滅になりそうですね。

投稿: suga57 | 2012年4月21日 (土) 12時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/44966706

この記事へのトラックバック一覧です: 火山噴火の危険性 :

« 新年度我が家のクラス替え | トップページ | 熊本からワシントンへ、セーフ! »