« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月21日 (土)

熊本からワシントンへ、セーフ!

 今日は朝から東京を出て、福嶋健一郎代議士の地元、熊本2
区での国政報告会2件に現地視察、夜の懇親会と熊本での活動。

朝の飛行機は、熊本空港着陸寸前に滑走路まであと数メートル?、
ま、数十メートルだったかもしれないが、突然ジェット噴射、
急上昇で機体グラグラ、けたたましい金属音。うわ、なにこれ?!、
どーなんの!?くらい思った。
再度旋回しながらの着陸トライで無事なんとかOK!という、
いわゆる悪天候での熊本入りだった。

降り立ってみると、地上は至って平穏で上空でのあの気流はな
んだったんだろうという感じ。

気分を変えて熊本での昼食は、福嶋代議士が熊本一おいしいと
お奨めの、大雅ラーメン。一滴残らずスープまで飲み干して元
気出す。
http://r.tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43000885/

 二つの国政報告会、視察、夜の懇親会と当選以来ぶれない姿
勢の福嶋代議士をどうかしっかりと応援お願いします!と訴え
て、残念ながら日帰りで羽田に向かう。

 明日は11時過ぎの便でワシントン行だ。
日米両国の議会が唯一認める公式の両国議員会議である
「日本・米国議員会議」に出席のため明日から木曜日まで渡米。
http://www.sangiin.go.jp/japanese/kokusai_kankei/kaigi/usa/pdf/h24hakengaiyo.pdf

仙谷由人議員団長を筆頭に衆参両院並びに与野党議員12名の議
員団による国会派遣だ。

急な要請だったため、事前に入っていた予定をかなり無理言っ
て変更しての準備だった。

 ところが、熊本空港に着くと羽田行最終便が天候不良のため
欠航!。
熊本発の新幹線にはもはや間に合わない。どうあっても、こりゃ
明日のワシントン行は乗り遅れるかもしれない...と思って
いたところに、他社便が到着。裏書きして急きょ、そちらへ搭
乗手続き。
やれやれ、明日のワシントン行は間に合う。

朝からの悪天候は、結局夜まで続いたということか。
幸い、福嶋代議士の国政報告会や視察の最中は地上は穏やかな
天気で、来場者はじめ参加者の皆さんにはよかった。

しかし、ここんとこ平気だったけど、久しぶりに、「飛行機コ
ワイ」がよみがえってきてしまった。

明日もチョット、憂鬱。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

火山噴火の危険性

 首都中枢機能バックアップWTでは中間報告を3月に行ったと
ころであるが、引き続き首都中枢機能の危機管理について検討
を進めている。

3月の中間報告は、想定される東京湾北部地震のリスク認識に
基づいてバックアップ体制について取りまとめたもの。現状の
危機管理センターの不備や首都直下型に対する代替性の不十分
さを指摘し行政上の対策として現地対策本部に指定されている
大阪をはじめとする地域の強化を求めた。
しかし、この報告の前提となっているものも主に首都直下型地
震である。
そこに加えて、新たに火山の噴火に対するリスク検討も深める。

火山の噴火というと、「富士山大噴火」などの「予言」っぽい
話に聞こえて、たちまち「トンデモ系の話」に間違われそうだ
が、そうではない。
実は僕自身、富士山はじめとする大噴火をリスク前提に置く、
という発想については当初は、「???」だった。
しかし、今回WTで、内閣府の火山情報等に対応した火山防災対
策検討会副座長を務めてこられ平成22年に防災功労者内閣総理
大臣表彰を受賞された藤井敏嗣(ふじいとしつぐ)東京大学名誉
教授に、火山噴火と地震の関係についてお話を伺う機会を得て、
考えが一変した。

 火山の噴火の定義は、「地下にある高温(1000℃前後)のマグ
マが地表に接近、あるいは噴出すること」である。そしてのこ
のマグマの粘性(つまりネバネバ具合、流れ出る速度にも関わ
る)は10億倍も変化するものだ。ドロッとでるものから、水の
ごとく流れるものまでまちまちなのだ。
そして、噴火の前兆現象は必ずあるのだが、その時間スケール
は数時間から数日まで幅がある。従って、「○○の予言」のよ
うに○月○日に噴火ということは予知し得ないが、今は何事も
なくても一年後に大噴火ということも十分ありうる。

 しかも、いわゆる危険とされる活火山の定義は「最近1万年
間に噴火活動があったもので現在も活発な噴気活動があるもの」
だ。1万年前に噴火したものまで含めるとなると、相当数に上
ると思われるが、全世界の総数は約1500。我が国にはその7%
にあたる110の活火山があるのだから、やはり火山大国でもあ
る。
 そのうち、首都圏に影響する火山は、箱根山と浅間山と富士
山である。箱根は6万5千年前に大噴火があり3千年まえの噴火
で芦ノ湖ができた。浅間山は1783年の天明噴火と1108年の天仁
噴火が大噴火であるが、09年2月2日には小噴火があり東京に降
灰が観測されている。

 そして、富士山であるが、これは当然日本一高い山である。
言い換えれば日本一大きい活火山であり最もマグマの噴出率が
高い火山である。そしてこの富士山の噴火は非常に不規則であ
りかつ噴火の形態は多様だ。数十年おきに噴火していた時代も
あれば数百年静穏だった時代もある。爆発的な噴火もあれば、
割れ目からの溶岩噴泉もあれば溶岩流、火砕流など麓を埋め尽
くすながれや、山体崩壊など山が崩れ土石流、泥流となる最も
危険な噴火もあった。

まさに富士山は噴火のデパートだ。

 そして、当然ながら富士山の大噴火は首都圏に壊滅的なダメー
ジを与える可能性が高い。一つは火山灰の降下。噴出全量は十
数億立米とされ23区内で数千万立米とも言われる。当然ながら
道路、鉄道はストップする。最も厄介なのは火山灰は帯電して
おり宙を舞うと電波障害が発生し航空機の飛来は不可能になる。
つまり流通経済の破たんが予想されるのだ。

 世界中ではM9.0規模地震の発生後数年以内に火山噴火が誘発
されている。直近でも2010年のチリ地震の後1年3か月後に噴火
が起きている。今後我が国では、この噴火の危険を十分考えて
おかなければならない。そして歴史的にみても2千年から1万数
千年とされる巨大噴火の繰り返し周期に照らし合わせても、日
本では7300年前の鬼界カルデラ以来巨大噴火はない。かつて、
文明を遮断したとされる巨大噴火の可能性までも十分にある我
が国においては、今後さらなるリスクを考える必要があること
は間違いない。

 最後に、藤井先生に別途取り組んでいる使用済み核燃料
はじめとする高レベル放射性廃棄物の最終処分方法とされてい
る地層処分について訊ねた。1万年の保管などを考えられる地
層が我が国に存在するのか?と。

藤井先生は、ハッキリ、すっぱりと、我が国にそのような場所
は考えられない!、と仰った。

やっぱりね...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

新年度我が家のクラス替え

 新年度、長女のしほりは就職し、次女のりいなはママになり
(ってことは、ジイさん!)、三女のありすは大学へ、長男錦之
介は高校三年、四女の雛子は高校生、末っ子のプッチは中学生
になった。

とうとう我が家には小学生はいなくなった。

「もう、これで、うちにはチビはいないわねぇ...」
というヒロコの言葉に、まぁでもプッチはチビじゃないの?と
生返事で応えると、
「何言ってんの!、あの子ったら生意気盛り!、あなたが甘や
かすからああなったんだから、最後の子育てはヨ・ロ・シ・ク
お願いします!」
と逆襲された。
で、なんで?、俺の、せい...?

 しかし、振り返ると第一子から始まって22年もの間、子ども
(小学生以下)が我が家にいたってこと。
十分に楽しませてもらった。
何かと手がかかって大変だったり、さすがに50超えて運動会で
お父さんするのしんどかったりとかあったけど、今思えば楽し
いことしか浮かんでこないしありがたいことだねぇ、とヒロコ
に告げる。

更に、ピキピキ動く赤ん坊が今度は孫として我が家に訪れるよ
うになり、子どもの泣き声は相変わらず絶えてないのかもしれ
ない。

しかし、落ち着いて奈良の家の中にいると、いつも賑やか、い
や、やかましいなぁと思っていた空間も、徐々に大人が増えて
静かになってはきた。

三女も東京の大学に進み、奈良にいるのは下の三人。
「お手伝いできない子ばかりなんだものー」という母親の声に
は幾分かの寂しさも混じっているのだろう。

 一方、僕は昨年末に長女が宿舎を出て行って、今年からは部
屋の中で裸でウロウロしようがとがめられない独り身の気楽な
生活をしていたのだが、4月からまた三女との二人暮らしが始
まった。

お姉ちゃんの時は、夜の帰りが遅いの気にしたり、部屋片付け
なさい、と小言言ったりしなければならないのが少々負担だっ
たんだけど、今度はどうだろう。

 せっかく、のんびりやれてたのになぁ!とこぼしたら、「お
らんようなったら、また、と次々に娘さんが一緒にお父さんと
暮らしてくれるやなんて、ありがたい話やないですか」とスギ
ちゃんに諭された。

・・・うん、わかってる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »