« もう一つの柱、「脱・安全神話」 | トップページ | 原発再稼働統一見解について »

2011年7月10日 (日)

102と304と404

 関西も梅雨明けしたのかな。
と思うくらいすさまじい暑さ。久しぶりの地元のジムで、東京
とどっちが暑いですかと聞かれて「そりゃぁ、もう比べもんに
ならん!」
どう転んでも、奈良のほうが暑い。

昨日は朝から大阪でテレビに出て、奈良に戻り1区幹事会。
さらに久しぶりの街頭演説。
厳しい声を浴びせられるのも覚悟で、マイクを握り実に一年ぶ
りの地元での街角での訴え。

マイク一つで、言いたいこと、訴えたいことを気兼ねなく発信
できることに無上の喜びを感じる。
今日のこの政治の体たらくは、自分も含めて反省しつつそれで
も変えていかなければならない、前進させねばならないの思い
は強い。

 しかし、通りゆく人、立ち止まる人、いずれも奈良の皆さん
はあたたかい。
先週の「たかじんのそこまで言って委員会」の影響が奈良では
如実に表れているだけかもしれないけれど...。

今後は、しばらく留守にしていた地元活動、東北被災地支援さ
らには地方支援にと出ていきたいと思う。

 地元と言えば、先日、地元奈良出身で東京で活躍されている
樋口泰行マイクロソフト社長、笛吹雅子日本テレビキャスター
とご一緒した。震災もあり、なかなか都合がつかなかったのだ
が遅めの時間で三人顔をそろえることができた。

実は、この三人は同じ奈良というだけでなく同じ鶴舞団地の出
身。しかもお互いが向かい合わせで住んでいたという偶然。
樋口社長と笛吹さんが61号館、そして僕が60号館。
三つ上の樋口社長は、子供のころから一緒に野球をして遊んで
いたまさに僕らの「ニイちゃん」。
笛吹さんは八つ下だから僕が中学の頃で幼稚園。ほとんど接点
なかったよなぁ、でも確かお姉ちゃんが弟と同級生だったな、
なんてことを話していた。

いずれにしても、同じ時代に同じ空間で過ごしていた三人。
しかも、団地同士でお向かいですね、と笑いあった。
それぞれが、部屋番号を思い出しながら、「304です」、
「102!」、「確か404」などとお互いを番号で呼び合っ
ていた。

 震災で、あらためて一人一人が大切にしている地元・ふるさ
とへの絶ちがたい想いがクローズアップされている。
「復興」の二文字は、この国の人々の大切な故郷への想いが込
められた言葉。

東日本のみならず、全国の、「復興」が待ち望まれている。

|

« もう一つの柱、「脱・安全神話」 | トップページ | 原発再稼働統一見解について »

コメント

政治家がしてくれない事を、震災があった3.11日から一国民が個々に日々闘っております。
原発作業して下さっている方々には かないませんが、愛する誰かの為に今日も頑張ってる人達が全国にいるのです。
私達は無知で、国内外の政は日々、政治家に任せていれば大丈夫だと、日常生活をおくる事だけに感心を持っていました。
でも、過去の政治家が行ってきた事は何かしらの犠牲を出し、多少の犠牲を払う事は当然というスタンスで成り立ってきた気がします。
それを多くの国民は追求せず、当事者と国との事と傍観視してしまいました。
それは国民も反省すべき点だと思います。
私は民主党、自民党、政党自体を責めるつもりはありません。各政党の中にも善悪はあるからです。
しかし、この未曾有であり想定外の状況下で判断力を鈍らせ、視野を狭くする事は国益にも国民救済にも悪影響を及ぼします。
首相や大臣などのポストをもらってない人達にも単に発言だけをしたり、非難したりするだけでなく、現状に直結する行動をお願いしたいと思います。
馬淵議員も地元の奈良の方々への働きかけかけなどが大切だと思いますが、原発収束に携わっていらっしゃったのですから、放射能汚染の対策と共に、汚染を拡大させない為に発言や行動をお願い出来ないものでしょうか。
当初、子供達の疎開に一生懸命だった議員達も今は言葉を濁し、文科省の20mシーベルト問題もあやふやとなり、食品の暫定値数値の検査も不確か、放射性物質の含んだ汚泥肥料を農水省が使用許可したりと根本的解決ではなく、悪化させております。
将来のエネルギー政策に論点が移行され、何よりも大切な現状回復について語る議員はみかけません。
馬淵議員、現状回復が大切なのです。
過去には戻れませんが、未来を過去に近づけられる努力をしなくてはならないのです。
人間は放射性物質と共存は出来ません。

投稿: 和響 | 2011年7月10日 (日) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/40756532

この記事へのトラックバック一覧です: 102と304と404:

« もう一つの柱、「脱・安全神話」 | トップページ | 原発再稼働統一見解について »