« 中長期対策事務局にて集中 | トップページ | 「東京原発」 »

2011年6月15日 (水)

第一原発サイト入域

 菅内閣不信任案決議を否決した後、国会延長や総理退陣につ
いてのさまざまな議論が飛び交っているが、原発事故対策につ
いては中長期チームとして粛々とその検討結果を上げ、最終的
な意思決定を受けて実施へと進んでいる。

昨日の1号機のカバリング(原子炉建屋を覆う架構)の模型に
よる東電記者発表も、具体的に実施工事に入る段階まで来たこ
とで行ったもの。
こうして、水素爆発時に発生した放射性物質の飛散を抑制して
いく。引き続き3号機、4号機と検討を行っており、目に見え
る形での中長期対策が積みあがっていく。

 先週土曜日、NRC(米国原子力規制委員会)、経産省保安
院、そして東電中長期対策チームメンバーと共に、第一発電所
に入域した。

Jビレッジから第二発電所へ行き、安全な状態となった原子炉
の様子を確認しながら、増田所長以下と会談、さらには千数百
名に上る現地での対策従事者の皆さんへの激励を行い防護服に
着替えて第一へと入る。防護服にマスク姿は、はた目には誰だ
かわからなくなるため、マジックで胸と背中にカタカナで「マ
ブチ」と名前を書いてもらう。

 第一原発では免震重要棟で吉田所長との懇談後、サイトへ。
目的は、中長期対策チームとして検討立案してきた施策の実施
状況並びに検討事項の現場確認。

そして、その項目は4つ。
一つは、先の1号機カバリング工事の資材積み下ろしヤードか
ら1号機周辺の高線量地域の養生個所の確認など実施工事に向
けての現場確認。

二つ目は、最悪の事態を想定した無人化設備による原子炉各号
機へのスラリー輸送の設備構築並びに配管の敷設状況の確認。

三つ目は、地下水汚染防止のためのサイト周囲全域を囲む地中
壁の境界の確認。

四つ目が、余震によって崩壊が懸念された4号機使用済み燃料
プールの耐震補強工事の実施状況、強度発言の確認。

これらの現場作業のためにヘルメットに防護服、ゴム手袋、マ
スク装着の装備になるのだが、これがなかなか大変。暑さと湿
気と被ばく線量の関係で、アクティブに活動できる時間には限
りがある。体力には自信があるほうだが、これはキツイ。

高線量のところには近づかないよう気を付けながらも、車を降
りて建屋に入室するときは一同緊張が走った。

所定の作業を終え、Jビレッジのダーティーエリアで放射線サー
ベイを行い終了。APD(個人放射線計測装置)で確認された積
算線量は限界値以下ということで、事なきを得た。

 丸一日がかりだったが、中長期対策チームとして検討してき
たことの確認を行い、さらに今後の検討課題である地下壁の境
界確認を行うことができた。これで、とりあえずの一定の抑制
策が準備される見通しとなる。
もちろん、今後、さらに建屋全体を封じ込めるいわゆるコンテ
ナーの検討が求められるが、これについても超長期ロードマッ
プの検討も並行して行っている。

今後の体制についてはいまだ不明ではあるが、なすべきことに
ついてはしっかりと整理し、提示をしてきた。

原発収束までは気が休まる時はないが、ようやく次のステージ
に入るところでの一つの節目となった日でもあった。

Jビレッジを出たところで、クリーンエリアでマスコミのぶら
下がり取材。

カメラ向けられ原発のことはほとんど聞かれず。即代表選の話。
・・・なんか違うなぁ~...と思いながら、仕方なく代議士
会での総理の言葉をそのまま引用したコメントを発したら、そ
の日のうちに大騒ぎ...。

うーん、違うなぁ...。

|

« 中長期対策事務局にて集中 | トップページ | 「東京原発」 »

コメント

みんなボランティアで福島いってるのに
原発のことはわざわざブログにのせるほどの大それたことではないはず
あんたは自分が行ったことを自慢したいだけ
承認しなければコメントものせないなんてよっぽど嫌なコメントばかりもらってるんやろな
人間のクズが。
お前だけには総理になってほしくない
お前がなるならミミズにやらしたほうがいいわ
あ ミミズに失礼ですね

投稿: | 2011年6月17日 (金) 18時49分

馬淵がタコフェリーを潰したってテレビでゆうてました。
あんたが潰れろやジジィ死ね

投稿: | 2011年6月17日 (金) 18時43分

馬淵澄夫さん死んで下さいお願いします

投稿: | 2011年6月17日 (金) 18時41分

昨日はようやくテレビでもメストスルーの先までいっている状態を放送している番組がありました。
福島はもう安全とかのんきなこと言ってる現実逃避番組もある中、よく放送を決断してくれたなと思います。
鼻血を出す人も大量に増えていると言ってました。
被曝すると鼻血を出す人が増えると聞いていたので、
放射性物質が原因かも?と思います。
花粉症の放射性物質版でしょうか?
これも早く原因をきちんと調べますと言った方が国民は安心すると思います。
他の番組も隠蔽しないで放送してほしいです。
先の見えない不幸な人をたくさん作ってしまうという原発の事故に隠蔽はつきもので、原発の事故とはそういうものだと思いますけど、きちんと報道しない事によって英知が集まらないのではないかと不安です。それが一番困ります。
最悪の想定とそれに対する対応策を一緒に報道してほしいです。

それから瓦礫の件ですけど、
被災地の瓦礫を現地だけで焼却しきれないので、他の地域に瓦礫を持って来て焼却するとの噂を聞いたので、自分の家の近くにまで持って来て焼かれるのでは?と気になったから問い合わせしてみたんです。
するとただ今検討中とのことでしたので、汚染された地域のゴミを汚染されてない地域にまで持って来て焼くのはやめた方が良いと言っておきました。
その担当の職員の方は絶対に福島のゴミは持ってきませんと言ったので、私は福島以外でも東日本は汚染されているのだから、焼却すると放射性物質が濃縮され大気中に飛散しますと言ったのです。
それで担当の方は、確かにそうですね。こちらも初めての経験で内部被曝が実は一番怖いと思ってるんです。知識もなく、後から何が起こるか分からないので気になっていました。実は他にもたくさん問い合わせが来ていて、被災地のゴミを持ってくるなと言われているんです。と言っていました。
私も、もともと自然界には存在しないような放射性物質(プルトニウムやストロンチウムなどなど)を吸い込みたくないし、国土の狭い日本をこれ以上汚したくないので、こんな事を言ったらいけないのかもしれませんが、原発事故さえなければ、いくらでもゴミを持って来てくれてもいいですし、ぜひ持ってきてほしいと思います。
でも放射性物質で汚染されたゴミは普通のゴミとは違うんですと言ってやりました。
それで担当の方も、実は福島の立ち入り禁止区域で処分するのが一番良いですよねと言っていました。
私もそれが一番いいと思います。
わざわざ汚染されていない人口密集地まで持って来て焼くのは変です。
近隣の件も人口は多いです。
焼く時は専用のフィルターが付いたものとか、周辺を立ち入り禁止区域にした方が良いと思います。

本当に原発の事故って難しいですよね。
瓦礫の処分の仕方だけでも国民的議論が必要になってきそうです。

馬淵さん、必ず総理になって国の危機を救ってください。

投稿: ガンバ! | 2011年6月17日 (金) 10時56分

現地に行かれたとの報道を見て、
どんな感想を書かれるのかと待っていました。

4つの項目は、心配していた事態への対応だったので、
それがなされつつあることがわかり、
少し気持ちが楽になりました。


それにしても、今まで過去に例のなかった事態で、
毎日が複雑で、困難で、大変な忍耐を要求されていることと思います。

本当に毎日お疲れさまですm(__)m
現場で働く皆さんすべてに、とても感謝しています。
ありがとうございます。


馬淵さんはこういう難しいお仕事にも適任だと思いますが、
同時にお身体の方は大丈夫なのかなと、心配にもなります。

吉田所長さんも、ずっとお休みなしで取り組んでいらっしゃるのでしょうね。
このところ、作業員の方の健康問題が取り上げられていますが、
管理職の方も、肉体的、精神的に大変お疲れと思います。

馬淵さんも、娘さんの結婚式以外にも、ちゃんと休んで、
休養をとってくださいね。

それにしても、日本のマスコミは、まったくどうかしていますね。

事故後の東電・政府の初動体制が問題だったのは間違いないですが、
大本営発表をうのみにするのでなく、
隠ぺいされた部分を明らかにし、正していく、あるいは、
英知を結集して、打開策を提案していくのがジャーナリズムの責任なのに、
政府の広報担当であるかのような思考停止状態。

そして、今回の政局騒動にみるばか騒ぎ。
情けなくなってきます。

節電が必要なら、テレビ放送も間引きすればいいのに、と思います。
でも、バラエティばっかり残ったら困りますが(苦笑)


どうぞお身体を大切に、また発信を続けてください。

投稿: 梅 | 2011年6月16日 (木) 22時57分

先日、国会事務所にお手紙を出しても大丈夫だとお聞きしました。
お忙しい中、ご迷惑かとは思いますが、お手紙をお送りさせて頂きたいと思います。
馬淵議員、心より応援しております!

投稿: 東京都在住の主婦です | 2011年6月16日 (木) 18時07分

★前略 無党派42才警備員です。原発事故収束に向けた作業、決断の数々、まさに平身の思いであります。
補佐官はもう感じておいでの事と存知ますが、国民は原発をとめる方向に傾いております。
この流れはまだまだ加速し大河となって様々な思惑を押し潰してしまう事でありましょう。
後は誰が武勇を持って原発に引導を渡すのか、と言う状態に近づいており、
補佐官におかれましては速やかに総理となられ、機を逸せずこの誉れを得ていただきますよう一国民として切にお願い申し上げます。
作業員の方の健康をどうぞお守りください。ご無事をお祈り申し上げております。

投稿: 42才警備員 | 2011年6月16日 (木) 10時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第一原発サイト入域:

« 中長期対策事務局にて集中 | トップページ | 「東京原発」 »