« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月25日 (土)

普通の生活

 週初めより一部メディアで、地下水汚染防止の地中壁構築に
ついてこう着しているかのごとき報道があったが、着実に進め
ていくことについては中長期対策チームで東電側代表の武藤副
社長と政府側代表の僕との間でも確認していること。
今回のような報道がなされるにおいて、どのような思惑が政府
内、あるいはその他の所にあるかは想像だにできないが、使命
を果たしていくしかない。

 繰り返し伝えているが、収束に向けてまず第一に行わなけれ
ばならないのは当然ながら炉の安定停止である。そしてそれと
同時に図らなければならないのが、汚染拡大の防止だ。
すでに放出されてしまった放射性物質を含む粉塵などはまず飛
散防止材の散布によって抑え、そして建屋から排出される気体
等も遮へいするために建屋カバリング設置工事も実施した。
その間、万が一の事態に備えて無人化施工可能なスラリー輸送
のプラント、配管も敷設し余震対策の補強工事も実施。もっと
も懸念していた滞留水による地下水汚染もこれを完全に防ぐた
めに地中壁構築もバウンダリー(境界)や断面検討を進めてい
る。

 こうして、東電、政府一体となって封じ込めに向けて一歩一
歩進んでいる。この歩みを止めよう、遮ろうとする力には、な
んとしてでも立ち向かわなければならない。

 贅沢や高い望みをかなえて欲しいと願っているのではない、
以前の暮らしを取り戻したいと願う多くの被災者の方々のため
にも力を振り絞らなければならない。

 連休に結婚した次女から手紙が届いた。

婚家に同居でスタートした新婚生活がつづられていた。
毎日お弁当や、家族の夕食を作っているとのこと。

そして、「今まで当たり前のように過ごしてきた生活は全くそ
うでないことに気がつきました。生活することに当たり前なん
てないんだね。今更だけど、今、生活していること、一つ一つ
に対して感謝していこうと思いました。」
と書かれていた。

普通の生活は、決して当たり前ではない。
必死な思いで、家族の健やかな日々を願って、のたゆまない努
力の上に成り立っている。

だからこそ、その家族の普通の暮らしを僕たちは守っていかな
ければならない。なにものにも替えられない、かけがえのない
ものとして。

最後に、「父の日、何もできなくてゴメンね」と書いてあった。

あ、父の日、嫁いだ娘どころか誰からも何もなかったぞ!
東京で一緒の長女も何もなかったぞ!

しかも、こっちも忘れてたぞ!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

「東京原発」

 「東京に、原子力発電所を誘致する!」

役所広司扮する天馬東京都知事の発言から始まる大混乱を描い
た映画「東京原発」のDVDを知人の薦めにより借りる。

2004年公開当時、東京での上映は新宿武蔵野館とシブヤシ
ネマソサエティの2館だったそうだ。
東京に原発を誘致するという突拍子な都知事の発言による混乱
とプルトニウムを積んだトラックがカージャックされるという
フィクションであるが、「都心に原発誘致」という発想の裏側
には原子力を持つということを再度最大消費者である都市に住
まう人々が考えなければならないというテーマを根底に示した
映画でもある。

 原子力に関する科学技術情報は、事実誤認や中には荒唐無稽
と思われるものもあるため、映画の表現そのままに受け入れる
ことはどうかとも思われたが、まさに国民が真摯に原子力につ
いて考えようとしているときに、フィクションとは言えポイン
トをついているところも多々。

現実には、中長期対策チームとして我々は、あらゆる事態に対
処するための対策を一つ一つ固めて、現場に下ろしていってい
る。

 復興と原発収束、そして財源にエネルギー政策。
問われている課題は、まさに危機、有事の判断そのもの。

昨日行われた、半年ぶりの地元でのシビックミーティングでは、
お伝えできる限りの現状を話したつもりだ。

 映画「東京原発」のエンディングでは、カージャックテロの
混乱を収めた知事が、直接その顛末を会見で述べるのかと思い
きや、改めて「えー、このたび、東京都に原子力発電所を誘致
することを決定いたしました!」と語る。

なかなか考えさせられる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

第一原発サイト入域

 菅内閣不信任案決議を否決した後、国会延長や総理退陣につ
いてのさまざまな議論が飛び交っているが、原発事故対策につ
いては中長期チームとして粛々とその検討結果を上げ、最終的
な意思決定を受けて実施へと進んでいる。

昨日の1号機のカバリング(原子炉建屋を覆う架構)の模型に
よる東電記者発表も、具体的に実施工事に入る段階まで来たこ
とで行ったもの。
こうして、水素爆発時に発生した放射性物質の飛散を抑制して
いく。引き続き3号機、4号機と検討を行っており、目に見え
る形での中長期対策が積みあがっていく。

 先週土曜日、NRC(米国原子力規制委員会)、経産省保安
院、そして東電中長期対策チームメンバーと共に、第一発電所
に入域した。

Jビレッジから第二発電所へ行き、安全な状態となった原子炉
の様子を確認しながら、増田所長以下と会談、さらには千数百
名に上る現地での対策従事者の皆さんへの激励を行い防護服に
着替えて第一へと入る。防護服にマスク姿は、はた目には誰だ
かわからなくなるため、マジックで胸と背中にカタカナで「マ
ブチ」と名前を書いてもらう。

 第一原発では免震重要棟で吉田所長との懇談後、サイトへ。
目的は、中長期対策チームとして検討立案してきた施策の実施
状況並びに検討事項の現場確認。

そして、その項目は4つ。
一つは、先の1号機カバリング工事の資材積み下ろしヤードか
ら1号機周辺の高線量地域の養生個所の確認など実施工事に向
けての現場確認。

二つ目は、最悪の事態を想定した無人化設備による原子炉各号
機へのスラリー輸送の設備構築並びに配管の敷設状況の確認。

三つ目は、地下水汚染防止のためのサイト周囲全域を囲む地中
壁の境界の確認。

四つ目が、余震によって崩壊が懸念された4号機使用済み燃料
プールの耐震補強工事の実施状況、強度発言の確認。

これらの現場作業のためにヘルメットに防護服、ゴム手袋、マ
スク装着の装備になるのだが、これがなかなか大変。暑さと湿
気と被ばく線量の関係で、アクティブに活動できる時間には限
りがある。体力には自信があるほうだが、これはキツイ。

高線量のところには近づかないよう気を付けながらも、車を降
りて建屋に入室するときは一同緊張が走った。

所定の作業を終え、Jビレッジのダーティーエリアで放射線サー
ベイを行い終了。APD(個人放射線計測装置)で確認された積
算線量は限界値以下ということで、事なきを得た。

 丸一日がかりだったが、中長期対策チームとして検討してき
たことの確認を行い、さらに今後の検討課題である地下壁の境
界確認を行うことができた。これで、とりあえずの一定の抑制
策が準備される見通しとなる。
もちろん、今後、さらに建屋全体を封じ込めるいわゆるコンテ
ナーの検討が求められるが、これについても超長期ロードマッ
プの検討も並行して行っている。

今後の体制についてはいまだ不明ではあるが、なすべきことに
ついてはしっかりと整理し、提示をしてきた。

原発収束までは気が休まる時はないが、ようやく次のステージ
に入るところでの一つの節目となった日でもあった。

Jビレッジを出たところで、クリーンエリアでマスコミのぶら
下がり取材。

カメラ向けられ原発のことはほとんど聞かれず。即代表選の話。
・・・なんか違うなぁ~...と思いながら、仕方なく代議士
会での総理の言葉をそのまま引用したコメントを発したら、そ
の日のうちに大騒ぎ...。

うーん、違うなぁ...。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »