« 統合本部 | トップページ | 旅立ちの日 »

2011年5月 5日 (木)

「中長期対策チーム」が事態収束へ全力で

 補佐官辞令交付、原発対応担当に就いてから統合本部のもと
を離れることなく張り付いてきたが、40日ぶりに地元へ戻る。

統一地方選挙も一切奈良に戻ることができなかったが、原発対
応への取り組みについての励ましの電話やメール、ファックス
など、地元の皆さんの温かいご理解に心から感謝している。

いまだ、原発対応は予断を許さない状況であるが、先々週の金
曜日には日本記者クラブで講演をし、統合本部の状況を詳細に
お伝えした。
http://www.jnpc.or.jp/

 現在は、僕は統合本部の特別プロジェクトの一つである「遮
へいチーム」あらため「中長期対策チーム」の政府側代表者と
してチームリーダーを務めている。東電側はそれまでの建築土
木の責任者から原発の責任者である武藤副社長へと交代した。

原発対応における重要な課題である「中長期」の対策、将来の
封じ込めまでを視野において検討を行うチームであり、東電側
も原発の最高責任者を配することにより、事態収束への必死の
取り組みを示していると理解している。
ありとあらゆる事態に対処するための中長期対策チームである
からこそ、常に最悪のシナリオなり想定されうる最大のリスク
を念頭に置きながらの検討が中心になる。緊張が強いられる。

 一方震災も、ようやく復興への明るい希望の声が、少しずつ
だが聞こえてくるようになった。

女川の避難所から、数年前に僕が訪れた時の写真が漂流してい
たとして壁に貼られていたとの写メが届く。

流された会社や工場はもう元には戻らないが、再度イチから、
いやゼロから出発するとの勇気づけられる言葉が返ってくる。

一歩一歩、着実に前に進んでいくことへの、サポートを改めて
強く思う。

|

« 統合本部 | トップページ | 旅立ちの日 »

コメント

コメントは全く無視
福島住民の事も全く無視?
もう少し、骨のある政治家だと思ってましたが、残念です。

投稿: | 2011年5月 7日 (土) 10時23分

はじめに、親御さんとしてご家族が増え絆が深まることは何より嬉しいことですね。
しかし、親御さんであれば、お嬢さん夫婦を福島の放射能汚染地帯で新生活をさせるでしょうか。将来産まれてくるであろうお孫さんを安心して育てられる環境でしょうか?
是非、福島の方々が安心して暮らせる対策をとってください。しかし、楽観論は絶対に止めてください。現状の放射性物質の放出が続けば向こう10年以上、中通りより東側は安心できないことを伝えるべきです。

これから考えられる最悪のシナリオこそ公表すべきです。
そして、被害軽減のための対策を1つ1つ説明していくのが防災の基本です。


今後心配される最悪のシナリオに備えて(既に着手しているかもしれませんが老婆心ながら)

1.最大の問題点は、今後数ヶ月以内に起きるであろうM7~8クラスの余震(特に内陸や原発近郊で発生する直下型地震)で、福島原発の原子炉および原子炉建屋が倒壊すること

2.建屋が維持されても使用済み燃料棒保管プールに亀  裂が入り、燃料棒が露出したり落下すること

3.汚染水の保管施設・タンクなどで大規模な漏水が起  きること

4.地下水及び海洋汚染が向こう10年以上続くこと
  などでしょう。

これらに対する最低限の対策として以下のことは必ず実施していくものと信じます。総理補佐官として、連休明けにも着手してください。

(対策)科学的対策
A.基礎調査
全電源喪失の原因である夜の森線の受動鉄塔の倒壊が、地震動だけによるものか、内陸側の活断層の活動(原発背後の双葉断層系の活動)との関連性の確認
双葉断層の活動性について現地調査の適任者(国土地理院 小荒井氏:現地研究論文あり、
山形大 八木氏:井戸澤断層の調査実績 同大 川辺氏 地震地質・土砂災害に実績 
東洋大 渡邊氏と広島大名誉教授 中田氏 新潟中越地震はじめ原発周辺の活断層調査
と評価で高い実績 東北大 今泉氏)など、大勢いますし、既に調査に入っている方もいるとおもいます。必ず、助言を貰ってください。産総研(活断層センターー)・防災研・東北の各大学の研究機関も役立つでしょう。

B.第一原発敷地内と周辺の断層活動や振動亀裂の確認
 ①地質や地盤について
日本で最初に開発された赤色立体地図(アジア航測フェロー 開発者 千葉達朗氏)の
作成と調査・依頼、(大縮尺)無人飛行機撮影の画像解析など
http://www.ajiko.co.jp/service/space/06_red_relief.html
詳細な解析が出来る技術です。例えば建築物や古墳の構造も把握可能
震災や強振動で想定される被害軽減に役立つはずです
画像例
http://www.yies.pref.yamanashi.jp/fujikazan/web/P349-363.pdf
青木ヶ原樹海内に見られる微細な凹凸、溶岩表面の微細な皺や形状まで解析可能

 ②建屋はじめ構造物について(3D画像解析も依
  頼)、建築構造の専門家との共同調査
 ③①・②に関連して、地下のレーダー観測を実施し
  て、地下への汚染水漏出範囲調査
 ④海洋調査

上記、A・Bの調査を速やかに実施することは、今後予想される最悪のシナリオの事態を引き起こす巨大地震が起きた場合でも、原発敷地内で守れる最低限の安全対策の基礎資料として必ず有効となるからです。特に、敷地内の地盤や構造物の亀裂調査は、内部からだけでなく外部からも耐震や免震補強の点、今後の地下水汚染と海洋汚染の広がりの把握にも大切です。
燃料プールの下を構造補強で支えるだけでは絶対的に不十分だといえます。補強であれば、通常の2~3倍のゆとりが無ければ駄目ですし、どこに補強のウェートをおくべきか、注意点はどこか判断が可能になるはずです。

東電の松本会見による説明だけでは、全く駄目だろうということは建築構造の専門家でなくてもわかる解説内容でした。これ以上、東電主導もしくは東電や原子力保安院・原子力安全委員会など推進してきた人材からは、より有効な処方の提示には限界があるでしょう。

何より原発に慎重だった研究者・技術者・各専門分野の人材の知恵とアドバイスを受けリスクの軽減をすべきではないでしょうか。
上記調査とアドバイスを聞きながら、早急に石棺の準備のための基礎資料を作ってください。

この期に及んで原発の必要性や電力不足を説いて回る人物など、国民の目から見れば指名手配犯と同じ。そんな説得を受けて行動する議員がいれば、与野党を問わず国会議員としての「不適」マークを付けて選挙で審判がくだるでしょう。

東電の単独会見を聞いて毎回感じること
※既に会見慣れし、何でも対策が出来ているかのような 言質が多すぎること
東電側の情報公開の姿勢が見られないこと
 
再臨界の可能性判断に必要な生データの開示を再三拒否し続けている傲慢な対応は絶対に許されないこと

国民・国際社会への裏切りと同時に日本の国際的信用をこれからも失い続けます。速やかに改善を。
(立て板に水の話しぶりは危険。これは原発技術屋さんの中でも第二・第三世代の人に多く見られることです。第一世代の原子力推進の専門家・技術者はこんな安易な解説はしないでしょう。
世代間の認識と技術継承でも多くの問題を抱えている証拠で、恐ろしい)

投稿: 公務員の雇用主(納税者) | 2011年5月 6日 (金) 09時29分

収束でないとこまります。 政権は終息していただきたいですけどね。

投稿: 桜花 | 2011年5月 5日 (木) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/39869043

この記事へのトラックバック一覧です: 「中長期対策チーム」が事態収束へ全力で:

« 統合本部 | トップページ | 旅立ちの日 »