« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月18日 (土)

菅改造内閣発足

 民主党代表選挙の結果は、菅候補の再選となり菅改造内閣の
組閣。

昨日午前、菅総理から直接電話が入り、国土交通大臣の話をい
ただく。

午後、総理秘書官から官邸への呼び込み連絡を受けて、官邸へ。
国土交通大臣並びに内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策、
観光立国・海洋政策担当)の命を受ける。

夕刻から、宮中にて認証式。
終えて再び官邸で総理からの大臣補職任命、初閣議、記念撮影
と怒涛のように続く。

そして、初登庁(大臣としての)、幹部挨拶、再び官邸での記
者会見、役所に戻って国交記者クラブでの会見、連休中の日程
調整などで終わった時には午前2時を回っていた。

めまぐるしい一日は、ちょうど一年前の副大臣認証の日のデジャ
ブーのようではあったが、少し様子が違うのは挨拶を受ける幹
部は、勝手知ったる同僚職員の皆さんだというところ。

責任は重大だが、その課題や解決の方向性はこの一年間、政務
三役一丸となって取り組み決してきたもの。
改革を止めてはならないの想いは強い。

官邸で、外務大臣へと就任された前原前国交大臣から笑顔で
「よろしくお願いします!」と励ましていただいた。

この一年間、苦楽を共にさせていただいた大臣からのバトンタッ
チは、固い握手でいただいた。

全力で、取組む。

| | コメント (98) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

支持表明!

 昨日、民主党代表選挙が公示された。
小沢前幹事長、菅総理の二候補が立候補届けを済ませ、選挙戦
がスタートした。

この厳しい経済環境下で選挙をやっている場合ではない、との
お叱りも頂くが二年前から定められた代表選挙である。公党と
して、党員・サポーターの皆さんと約束してきた直接参加によ
る開かれた代表選挙を粛々と進めていかなければならない。

代表選挙に至るさまざまな過程で、揣摩臆測を呼ぶ報道が繰り
返されることもあったが、僕は公示を受けて候補者が決まった
段階でその政権政策(政見)を見極めたうえで判断したいと考
えてきた。

とりわけ、派閥間抗争と見紛うばかりの早期の囲い込み運動に
は与すべきではないと考えてきた。

 昨年5月、鳩山・岡田の代表選挙を終えて、僕は野田グルー
プである「花斉会」を退会した。

新しい政治を目指す民主党において、派閥・グループの一員と
して行動することの限界を感じ、さらにはこうした派閥・グルー
プの存在そのものが民主党において旧来の政治回帰を指向せざ
るを得ない状況を作っていると実感したからだった。

以来、どこにも属さず、かつ派閥活動は行わないと決めた。

一匹狼ならぬ一匹ゴリラ(?)として活動してきた。

 本来、政治家一人ひとりが、自立的な選択者として判断し行
動すべきである。派閥やグループの意思に縛られることなく、
政策、見識、行動によって判断し、リーダーを選ぶのが代表選
挙ではないか。

こんな想いで、僕は派閥間抗争ではないところから、この選挙
を見、そして行動していこうと思っていた。

立候補届出と同時に小沢一郎候補、菅直人候補それぞれに、候
補者として初めて政見を示された。
http://www.dpj.or.jp/news/files/ozawa33seiken_ryakureki.pdf
http://www.dpj.or.jp/news/files/kan33seiken_ryakureki.pdf

昨日はいずれの陣営の決起集会にも参加せず、党主催の共同記
者会見に行った。
1時間の両候補の決意表明、質疑応答をじっくりと見た。
一晩、熟慮した。

 そして、選挙は始まったばかりであるが、政治家として、ま
た党員・サポーターをお願いしてきた立場として自らの意思を
表明すべき時だと判断した。

政見については、いずれもが全てを満足するものではない。
しかし、その中で、国民生活に直結する課題の解決にどのよう
に取組もうとしているのかが、最も重要なポイントであると考
えた。

政見の検討結果はあらためて記そうと思うが、僕は代表選挙に
おける政策比較で、大きくは経済政策、政治改革、行財政改革、
税制の抜本改革について、具体的な施策の深化を示している、
菅候補を支持することを決めた。

党員・サポーターをはじめとする多くの皆さんに説明責任を果
たしてまいりたいと思っている。

| | コメント (1183) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »