« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月12日 (木)

初盆を迎える想い

 主人の悪口ばっかり言うてるのヨ!、友達来てもろたら...。

こう仰るご婦人は、初盆のお迎え飾りを前に努めてにこやかに
されている。
この時期、初めてのお盆を迎えるご家庭の中で、一人暮らしと
なられた方々の一言一言が胸にしみる。

 エェこと言うたらねぇ...、思い出して、辛くなるから。

ヒロコと二人、言葉少なに辞して車に乗り込む。

悪口って言ってもいろいろあるねぇ。
そーよ!、思ってるからの悪口もあるのよ。
それ、なんか違う話にしてる気がする、おまえ。

と、かみ合わない会話を繰り返しながら台風の余波でか雨で少
しだけ涼しくなった市内をまわる。

いく先々で、がんばれ!との叱咤激励をいただくが、皆さんの
政治への関心は高い。
政権の一員として、正念場に立っている実感をあらためて持つ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

お盆の帰省

 当面の作業を規定する概算要求の総枠の調整を終え、地元に
向かう。

参院選挙からもう一ヶ月が過ぎてしまった。
代表=総理が代わって二ヶ月。
そして代表選挙は来月の14日。

これはいろんな意味で、政治的なドライブがかかりだすのにま
だこれから一ヶ月要することを意味する。
選挙後の二ヶ月が、空白などと呼ばれないためにも、先を見据
えた対応を今のうちにしっかりと練っておかねばならない。

しかし、それにしても党内そして永田町、霞ヶ関を覆っている
この閉塞感はなんだろう。

求められているのは、躍動感あふれる変化、刷新、改革。
忘れてはならない。
民主党に期待した多くの皆さんは、長く停滞している政治の中
に、躍動する姿を、熱気を感じてくれたからこそ、われわれに
大きな一歩を踏み出させてくれたのではないのか。

そんなことを考えながら、地元に向かう。

閉塞感をよそに、空は青い。

久しぶりに帰省の気分で、Tシャツ、ジーパンという軽装で大
きなカバンを抱えて新幹線に乗り込んでいる。

ふと気がつくと、窓の外の景色にはわずかながら小さい秋がハッ
キリと見えた。

時は停滞などしない。着実に動いているのだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »