« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月12日 (月)

逆転された夏

 長い選挙戦が終わった。結果は改選前から10議席減らす大
惨敗を喫した。厳粛に受け止めなければならない。

この選挙戦、26都道府県、170箇所を巡り移動距離は実に
2万5千キロ弱。
閉会直後のマニフェスト発表会見、6月末の還付に関する報道
など節目節目で空気の変化を感じながら、支持層といわれる方
々のうつろう心を肌で感じた。

動員などのない山間の農村地で、あるいは静かな住宅街で、時
にはシャッター通りを人々がまばらに歩く小さな町で、マイク
を持ち候補者と時には候補者不在のまま訴えた。
選挙現場を徹底的に走ったと思う。

人々の定まらない視線と思案げな表情に、これは相当厳しいこ
とになるぞ、と危機感を抱いた。

このままでは大変なことになる!、とばかりに地元の奈良へも
飛んで帰ったのが7月初。地元のみならず全県への引き締めを
県連代表・幹事長にも要請し、また全国行脚へと向かった。

優勢とされていた選挙区が次々と逆転されていく、あるいは迫
られていく様は、あの郵政解散の悪夢を一瞬記憶からよみがえ
らせるものでもあった。
しかし、2005年と大きく違うのは、自民党への支持が高まっ
ているのではない、ということ。

いずれにしても、時代として政治が大きく動くその真っ只中に
いる。

ねじれ国会は、かつて新たな国会運営を模索する試みを議論し
たこともあり、決してマイナスに考える必要はない。
(□■まぶちすみおの「不易塾」日記□■08年2月6日第
1219号□■真の言論の府を目指して)

結果は結果として受け止めて、変革の時代に生きることの使命
と責任の重さをかみ締めながら、一歩前へと歩みだす。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »