« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月25日 (日)

第一次大極殿完成記念式典

 どうも、高速道路の新たな料金制度と法案をごっちゃにした
報道が目立つ。

聞いている側も混同したまま、また答える側も区別なく答えて
いるものだからますます混乱に拍車をかける様相。

今回法案として提出しているのは、利便増進事業のメニューの
追加を行うもので、この法案は閣議決定がなされたものであり
当然ながら与党の合意の下で提出されたもの。

一方、新たな料金制度は法律事項ではないが、国会の審議に資
するように6月実施を前提として4月初に公表したもの。

 法案は政府として、速やかに成立すべきものとしてお願いす
る次第であり、料金等に関しては、大臣の説明どおり国会の審
議を通じて総合的に検討してまいる、以外にはない。

 週末は、奈良に戻り第一次大極殿完成記念式典及び祝賀会に
国交省として出席。皇太子殿下のご臨席も賜り、盛大に催され
た。
完成した大極殿のある平城旧跡は国交省所管の公園。
今後の公園整備は、国交省が責任を持って進めるべきものであ
る。一方、大極殿などの文化施設は文部科学省・文化庁が所管。
したがって、今回の式典は文科省の主催。

往時を偲ばせるかどうかは、なんせ1300年前のことだけに
確認はできないが、遺構などを基に現存する後代の資料や建築
物などから推定して建造された大極殿。
大極殿の基壇から朱雀門に向けて見渡す平城京と思しきその姿
は、ここ奈良があらためて国のはじまりの地としての歴史の重
みを背負う大切な地であることを確認させてくれる。

 しかし、せっかくの記念式典も、警備の関係もあってか行政
関係者等に絞られてのもので、なんだかもったいない気がした。

それこそ、小学校など休みにして市民皆で集っても良かろうに、
などと僕は思ってしまう。

日本国民すべては無理だろうけど、できるだけ多くの方にこの
奈良平城宮跡に足を運んでいただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

繰り返し、丁寧に

 高速道路の新たな上限料金制度を公表して、様々な意見をい
ただきながら、繰り返し社会実験による確認を行いながらの
「原則無料化」段階的実施を訴える。
テレビは一巡し、新聞等の取材も一通り済んだ感じ。

後は法案審議だが、全国を回って内容の説明を行うキャラバン
展開も検討中。
繰り返し、丁寧に説明をする以外にないと思っている。

一方、後半国会の目玉とされている行政刷新会議による事業仕
分けも着々と進められている。国交省としての「見直し」も並
行して行っており、独法、公益法人ともにメスを入れていく。

この週末の土曜日は東京日程をこなし、日曜日はトンボ帰りの
奈良。
第4期の奈良県連政治スクールで、第1回の記念講演を受け持
つ。
講義と質疑で100分と長いが、僕としてはあっという間に終
わった感。
「鳩山政権の6ヶ月」というたいそうなテーマだったが、主に
国交省における自分のやってきた仕事という観点でお話した。
おおむね、反応はよかったようで、ご理解いただけたのが何よ
り。

駅で、いろいろ苦労が絶えませんね、とやさしく声をかけてい
ただいた初老の女性に、ニッコリと「いえいえ、そんな中にさ
さやかな喜びを見つけながらがんばっています」と応えた。

答えた後、ウーン最近の僕のささやかな喜びってなんだったけ
かなーと想いを巡らす。
もちろん、ご理解いただいての励ましの言葉もあるけど。

多分、しんどい、と感じながらも毎日を元気に迎えることがで
きていること、かな。

アッ、それとスクワットが180キロまで回復したのもチョッ
トうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

高速道路関連の公表

 昨日、高速道路関連の記者会見を行った。
高速道路関連法案審議を前に、6月の「無料化社会実験」実施
と同時に抜本的な料金の見直しを行った結果の公表。
それと併せて、昨年、再検証するとして予算を一部凍結した新
規3区間、4車化6区間についての再検証結果、さらに法案審
議の前提となる利便増進事業の内訳を発表した。

大臣会見の後、補足の説明を行う。

そして午後からはビデオ取材も含めて、昨年の副大臣就任以来、
自ら封印していたメディア対応を解禁してのテレビ出演ハシゴ。

各局ともに、論調は似通ったもの。
値上げではないか、無料化はどうなるのか、無駄な道路を造る
のではないか、といったもの。

一つ一つ、丁寧に説明をしていくしかない。

そもそも、現行の休日1000円などの割引制度は自公政権下
で作られた2年間の時限措置。その他ほとんどの時間帯割引も
来年の3月末には終了する。
多くの方は気づかれていないか、失念されている可能性もある
が...。

そこで、一時的な人気取りではない持続可能な制度の提示が必
要との観点から政権交代以降直ちに抜本的な見直しの作業に入っ
た。
また、昭和40年代後半から措置された複雑多種の割引制度も
存在する。
こうしたものを徹底して簡素化しわかりやすいものに変えてい
くという主旨。
車種によっては偏重していた割引を極めて公平性の高いものへ
と変えたものでもある。

 首都・阪神の都市高速においても、協定では現行の均一料金
制度(主要料金圏で普通車700円)は来年の3月末で終了。
それ以降は、道路会社と同様の対距離制に移行することになっ
ていた。
これも、自公政権下で進められたものである。
対距離制だと首都高速では普通車で最大2900円、阪神では
3400円となる計算になる。こうした事情を考慮し、首都・
阪神の都市高速についても900円上限制(下限500円)を
導入することとした。

 無料化社会実験も、首都・阪神を除く高速道路延長の約2割
について実施を行うものでこの社会実験の結果によって今後の
実施が決まっていく。無料化推進の原則は変わらない。

 さらに、利便増進事業の財源と称される2.6兆円は、自公
政権下で行った機構の債務承継によるものであり、基金で積み
上げられている等のお金ではない。

「コンクリートから人へ」の精神は、今年度予算においても国
交省として1兆円以上の公共事業費削減を行っており十分踏ま
えている。自公政権が行おうとした合併施行方式を排除するこ
とにより、道路会社への新たな国費の投入の仕組みを完全に遮
断するものであり、かねてよりの主張に合致するものでもある。

 その上で、再検証した結果の東京外環道、名古屋2環につい
ては新たな国費を投入せずに整備すべきものとして措置したも
のであり、仮にすでに決定済みの整備計画の見直しが必要とあ
らば国幹会議廃止後の新たな仕組み(社会資本整備審議会→国
会審議→都道府県意見聴取)で見直すことも可能である。

いずれにしても、採算の合う道路会社施行の有料の高速道路は、
東京外環と名古屋2環で最後となる。
それ以外の今後必要な道路整備は、一般国道として国が整備す
べきものとしての扱いになる。

道路整備のあり方も年末までに全て整理する。

信念どおり、道路行政を変えていく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

費やすべき時間とは

 在京縛りが解けて帰奈、県連の全議員懇談会に出席し、久し
ぶりの街頭演説、そしてインターン企画・主催のタウンミーティ
ングについての打合せと短時間の懇親会を行って近鉄電車に飛
び乗り京都経由で上京。

昨年事務所に入所したかつてのインターン生、「気が利く君」
こと、Mr.ハマーと共に新幹線。
国会事務所強化のために、奈良からの補強となった。
本人はやる気満々で、僕は明日出発と思っていたのだがもうす
でにスーツケースに荷物をまとめていつでも旅立てる準備がで
きていた。
じゃ、今晩行くか?と聞くと、ハイと即答。
同行となる。
明日からの国会事務所の充実を願う。

 街宣を通して感じたのは、皆さんの反応はほぼ三つに集約さ
れるということ。
政治とカネ、普天間、そして子ども手当て。
もちろん、中には農家への個別所得保障制度や、外国人参政権、
高速道路無料化などについてもチラホラとはあるが、圧倒的に
これら三点。

つまり、報道に上る頻度と完全にリンクする。
とりわけ政策イシューについては、報道ベースとほぼ同じ紋切
り型の論を述べられる方が多い。
ここは、やはりあらためて丁寧な説明を繰り返す以外にないの
ではないか。費やすべき時間はそこにこそある、と思う。

マニフェスト選挙以来、われわれは政府の一員として政権運営
に手いっぱいだったかもしれない。
そこは十分に反省しつつ、今こそ説明をしっかりと行う必要が
あると痛切に感じる。
もちろん、批判も含めしっかりと受け止めなければならない。
そしてその上で、政府として判断し責任持って政策を示してい
けばよい。

皆さんには政局は一見、再編含め流動化するかのごとく映って
いるかもしれない。

しかし僕はあらためて地元有権者と触れあってみて感じた。
求められているのは、むしろ政権政党としてのゆるぎない姿勢
ではないか。

 政権選択をしていただいた国民の皆さんの期待をしっかりと
受け止めて、堂々と政治決断をすることが求められていると強
く感じた。

 常に、一人の人間として市井に立ち入り、その声にしっかり
と耳を傾けなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支持率低下の中での闘い

 あっという間に新年度。
会期末までの77日間は、法案審議、諸施策の実施に向けての
具体的な詰めの作業に費やされることになる。
予算が決してからの、これからがことさら重要となる。

後任の県連代表は、常任幹事会で滝代議士が選出された。
任期は僕の残任期である今年の10月まで。
滝代表に県連並びに参院選対本部長として、チームを率いてい
ただくことになる。
県連、選対の役員を離れた僕と中村法務大臣政務官は、一所属
議員として精励する覚悟だ。

代表降りての、県連の全議員懇談会。
心なしか少し肩の荷が下りた感はあるが、一議員として闘う参
院選挙については相当に厳しい空気を肌で感じている。
選対責任者の立場ではないが、選挙についてはよく考えて戦略
を練らなければならないなぁ、これは。

3年前と6年前の参院選の状況をよく分析し、かつ彼我の戦力
比較も行いながら100日余りの闘い方を緻密に築き上げる必
要がある。

よく、支持率30パーセントでの戦い、とことさらに言われる
けど野党時代の3年前、6年前を思い出せば今よりも厳しい状
況の中で勝ちに行ったではないか。政権交代を成し遂げた今こ
そ、民主党に求められるのはかつてのチャレンジスピリットで
はないのか。

僕の気持ちは、この10年、何も変わっていない。
まだまだ、大いなる挑戦者として戦い続ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »