« 日比谷公会堂での党大会 | トップページ | 一泊三日のワシントン »

2010年1月20日 (水)

会期中の海外出張

 通常国会が召集され、いよいよスタート。
二次補正予算審議からだが、予算とは程遠い内容での議論とな
りそうだ。

昨年もそうだったが、与野党入れ替わっても相変わらずの本質
論とはかけ離れた国会審議だと言われるようではいけない。

明日から本格的な審議(のはず)だが、僕は朝からワシントン
へ。

 会期中の公務での海外出張は初めてとなる。

ワシントンでの日本政府主催の「高速鉄道セミナー」で、前原
大臣に代わって主催者としてのスピーチと、ラフッド米国運輸
長官との会談、日米プレス共同会見、レセプション等々、一泊
三日にぎっしりと詰め込んだ日程に、少々たじろぐ。

 昨年2月、オバマ大統領が米国高速鉄道実現のための80億
ドル支出を決定以来、議会のみならずクルマ中心の米国社会含
めて鉄道への関心が高まっている。そこで今回の日本政府、J
R各社、商社、重電、車輌などのメーカー併せてのセミナー開
催は、米国の高速鉄道整備における雇用創出、経済発展に大き
く寄与する施策であることのアピールを行う大切な場であると
の位置づけから、会期中ではあるが急遽、大臣の代理出席となっ
た。

一泊三日のワシントンでのセミナー、運輸長官との会談などを
終え土曜日成田着。そのまま伊丹経由で大阪での新年会に駆け
つけて、すぐさま上京し、日曜日は朝から八ツ場ダム。

ちょっと、げんなりする行程ではあるが、日ごろの鍛錬に淡い
期待を寄せるしかない。

|

« 日比谷公会堂での党大会 | トップページ | 一泊三日のワシントン »

コメント

セミナーの様子をニュースで拝見しました。
大変なスケジュールですが、お体大切に。

投稿: ケイコ | 2010年1月23日 (土) 01時57分

ご活躍大変でしょうけどがんばってください。期待しておりますので。

投稿: やま | 2010年1月22日 (金) 19時50分

馬淵さん。
前回エントリーでも申しましたが、今が民主党政権にとっての分水嶺です。
もちろん、馬淵さんは馬淵さんの立場・役割における職責を全精力かけ取り組んでいただきたい。
それは内閣総理大臣職に就く鳩山由紀夫さんも同様であり、みなさん素人の私などに言われるまでもなく、その意識は確認し覚悟されているのでしょう。
まさに小沢一郎さんが幾度かに発してる「役割分担」は、その意味でこ戦略の本質の一端を明かしているのかもしれません(おそらく要職に就くみなさんが目の前の職務で責任を果たせないことのほうがはるかに、小沢さんの懸念するところでしょう)
聡明な馬渕さんなら、それに気づいているし、腹も括っているはずです。

現実の中で日々闘って最中にいる馬渕さんに、安全な外部にいる一市民の私が失礼な進言させていただくことをどうかご容赦下さい。
地元選挙区の有権者で、まさに「民主党政権が大改革を施そうとしている対象そのもの(=官僚(検察)機構&我が国最大の言論統制非民主的談合マスメディア=【既得権益守旧構造そのもの】)」から発信される情報を全面的に鵜呑みにし受け入れ、その方向にのみ沿った(=既得権益勢力の利益に適う=民主党政権運営の根幹理念に反する)請願をする方たちも少なくないのかもしれません。
語弊を恐れずいえば、「今短絡的に表層的・情緒的な非難をする人」は、(鳩山さんの座右でもある)「雨天の友」たりえない人たちです。
私はあなたの選挙区の住人ではありませんし、その意味で、でも、この方たちを当然に無視し素通りして突き進めとまで言うつもりは毛頭ありません。
代議士とは、国民の代表者であると同時に「指導者」であるべきです。
地元民の意見に耳を傾けると同時に、地元民に信念を説き理解を求めることもその課せられた責務だと思うわけです。

ちなみに、現在現場で指揮している特捜部長S氏の担当案件として、長銀裁判の最高裁公判での逆転無罪判決、福島県知事の汚職公判での無罪相当判決を引き起こし、大久保秘書公判でもこの16日に“検察側証人”である西松本総務部長よりの「政治団体は完全に実態のある正式な団体であり、職員の給料もそこから出している、西松本社とは完全な別組織である」との“検察側ストーリーの「起訴内容を完全否定する」証言”により、来月予定される公判結審にて無罪判決が濃厚とされたいます(ただ今回の大久保氏の別件逮捕権力乱用で、結審の引き伸ばし延期を画策してるようです。。人権無視も甚だしいヒドイとしか言いようがない・・)
この前代未聞の無罪敗訴を連発している特捜部長が、今また暴走しています。
そして、司法記者クラブ発信の談合既得権益マスメディアは、このすべての公的権力の暴走に荷担にしていて良心の呵責の欠片もジャーナリズム精神の矜持も放棄してしまっているようです。


あなたたちには民主的手続きを経て得た、正式に国民に委任された「権力」を有しているわけです。
今、「上記を経ていなく正式な資格もない守旧体制側」が、いまだ手に握る強大な権力を乱用し、間接直接的に国民主権を破壊している現実を、直接に相対する有権者に語りかけ理解を求めてください。

民主党議員の一人一人のみなさんの胆力が今、試されています。
私は? 
熟慮したうえ、あなた方を信頼して一票を投じましたから、民主党政権がその理念信念を見誤らない限り、全力で支持し心より応援するのみです。

参考に 「The Journal」 (http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2010/01/vs_3.html)
     「永田町見聞録」 (http://ameblo.jp/aratakyo/)
     「社会のこといろいろ」(http://www.egawashoko.com/c006/000315.html)


再びの長文失礼いたしました。

投稿: 志 | 2010年1月21日 (木) 20時13分

灼熱の選挙戦からずっと大変な日々が続いていらっしゃいますが、くれぐれもお体を壊されませぬようにしてください。

投稿: ishii | 2010年1月21日 (木) 10時08分

馬淵様
おっしゃる通りです。この状況ですから一刻も早く効果的な景気、経済対策を考慮した予算案を成立させなければいけませんね。そのためには、早急に政治と金の問題を解決せねばなりません。大事な大事な予算案を審議する準備を一刻も早く整えなければ、なりませんね。この、私が考えている優先順位の認識は、馬淵様と一致しますでしょうか?もしそうであるなら、鳩山総理と小沢幹事長に議員辞職を申し入れていただけないでしょうか。奈良一区の一有権者の意見をどうぞ汲み上げていただけますように、よろしくお願い申し上げます。

投稿: 奈良市住民 | 2010年1月20日 (水) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/33057059

この記事へのトラックバック一覧です: 会期中の海外出張:

« 日比谷公会堂での党大会 | トップページ | 一泊三日のワシントン »