« 新政権発足 | トップページ | 休日返上 »

2009年9月19日 (土)

最も長い一日

 議員として国会にやってきて、最も長いと感じる一日を過ご
した。

一昨日夜、国土交通副大臣の内示を受けた。東京を離れていた
ので翌朝、一番で戻る。

副大臣も認証官であることから、宮中での認証官任命式もあり
モーニングの準備。
本会議や開会式、閉会の本会議と会議が続く中、副大臣人事が
明らかになり事務所は来客と電話対応でパンク。

国交省からは次官以下の幹部が会館を訪れ挨拶と同時に、秘書
官二名を紹介される。
その瞬間から、全ての公務を取り仕切る役所体制が僕の周りに
出来上がった。

午後6時、モーニングを着て官邸へ。副大臣集合。
そして6時半、官邸から皇居へ。
副大臣拝命の辞令である「官記」を受け取る作法を式部官から
説明を受け7時40分、正殿松の間で任命式が始まる。

陛下の御前に進み出て敬礼の後、鳩山総理から官記を受領し再
度陛下の御前に。
「重任ご苦労に思います」
との陛下のお言葉を受け、再度敬礼して下がる。

控えで署名して、皇居で記念撮影。
その後、官邸へ。
官邸で総理、官房長官と副大臣で記念撮影の後、副大臣会議が
始まる。様々な説明を官房副長官から受け、午後9時半終了。

そして、官邸を後にしていよいよ国交省に初登庁。

そういえば、テレビで新任大臣の初登庁が流れていたなぁ、と
思い出す。長妻大臣に厳しい視線が注がれていた厚生労働省の
ロビーの景色が目に浮かんだ。

もう、9時半を回っているので役所に人がいると思っていなかっ
たのだけれど、国交省の正面玄関ロビーには省職員がずらりと
待っていてくれた。
入るなり、拍手を受ける。正直びっくりしてしまいどぎまぎし
ながら正面、右、左と皆さんにお辞儀して入った。

4階の大臣フロアではまた関係職員の皆さんからいっせいに拍
手で迎え入れられる。

大臣室では、前原大臣がニコニコして待っておられた。
大臣室で、辻元清美副大臣と共に前原大臣から「担務」と「職
務代行順位」の指示を受ける。担務とは責任範囲のことであり、
職務代行順位とは大臣の代わりの責任順位。

「災害対策関係施策、国土関係施策及び社会資本整備関係施策
の総括」が担務、「第一順位」が職務代行順位。

辻元副大臣が「安全・危機管理関係施策、交通関係施策及び北
海道開発関係施策の総括」で「第二順位」となった。

大雑把には僕が旧建設省系事項、辻元副大臣が旧運輸省系事項
と言うことか。

その後、副大臣室で幹部職員からの挨拶を受け、さらに今後の
日程説明がなされた。
もう、連休中の地元日程は全てキャンセルの状態だ。

前原大臣からも、「地元には帰れないと思ってくれ」と檄を飛
ばされる。

しかし、なんとも不思議な気分にとらわれる。
つい、半年前にはあの予算委員会の現場で、必死に格闘してい
た相手が国交省。
4年前の耐震偽装問題以来、そしてより深くは2年前の道路行
政問題で国交省とやり取りしてきた。何度も国交省の役人を呼
び出しては資料を出せ、説明せよ、と臨んできた。

時には、本当に激しい押し問答含めた対立を繰り返しながらも
僕としては、重箱の隅を突くような瑣末な問題ではなく、本質
論を展開してきたという自負がある。

深夜の国交省を訪ね、資料請求や説明を求めたことも一度や二
度ではない。
社会資本整備審議会や国幹会議の傍聴にも押しかけて行き、凍
てついた視線を感じたことだってあった。

それが、今は、職員一同の皆さんからあたたかく迎え入れてい
ただいた。

隔世の感あり、だ。
政権交代の現実とはこういうことなのだ、とさらに実感する。
そして、戦いというよりはむしろ僕は、マネジメントという意
味でこれから臨んでいきたい。

国家のために生きることを選択し、志を持って公に尽くす覚悟
を持ってこられた、国交省の皆さんと共に全力で取り組む所存
だ。

国交省を出て、やっと宿舎に戻り初めて朝から何も口にしてい
ないことに気づく。

もう日付が変って、外に食べに行く元気もない。
奈良から戻ってきた娘に、牛丼を買いに行ってもらった。

長い一日だったが、これからもっと激しい日々が始まる。

|

« 新政権発足 | トップページ | 休日返上 »

コメント

おめでとうございます。
この連休、奈良から車で、九州に帰省しました。
ETCのテェックポイントをにがにがしく通りました。
渋滞する国道3号線沿いのお店で
「有料道路が無料になったら、この道もすいて、暮らしやすくなります。
わたしら、土日は休めませんから、早く無料にして欲しい。」と、若い経営者の奥さん。
メディアの反無料化に負けずに、頑張ってください。

投稿: narana | 2009年9月29日 (火) 01時00分

記者クラブ解放公約反故は残念ですよ。

投稿: たか | 2009年9月27日 (日) 08時35分

いつも楽しく拝見してます。記者クラブ解放公約の反故は大変残念ですよ。日本の為の改革の第一歩です。是非とも守って下さい

投稿: たか | 2009年9月27日 (日) 08時31分

実際に民主党のアイデアが実行、実現することを期待します。
ただ、官僚が拍手でむかえたとの事実が、貴方に協力することの姿勢の変化とはとても思えません。
簡単に姿勢を変えることは、またその姿勢を簡単に環境によって変えることがあるとの証拠だと思います。

ぜひ、根本的に社会の基礎を作り変える程の変革を地道に実現されることを期待します。
社会の階層が固定化してきた国に、発展を望むことは
難しいと感じます。我々の次の世代のために。

投稿: 辻本和幸 | 2009年9月25日 (金) 22時33分

馬淵澄夫様

副大臣就任おめでとうございます。

確かに副大臣は認証官ですから、天皇の前に出て官記・御名御璽を拝受すれば、感激されたでしょう。分かります。
だが、日本国は主権在民で、国権の最高機関は国会であることを忘れないで下さい。
昔、小生の大先輩が勲位を受けたあと、臣○○と言って悦に入ってましたが、皆(部下)から馬鹿にされました。

次に性善説も時には大火傷の原因になります。十分気をつけて下さい。
小生も性善説で出向先の部下に接しました。だが、彼らが面従腹背であったことに気付いたのは10年後くらいです。
つまり、一人ひとりは決して悪人ではありません。従って笑顔も本物の笑顔ですし、挨拶も心がこもっています。ホウレンソウも確りしてくれます。だが、彼らはよそ者(つまり貴方方)より、組織(国交省)とその属員(現役・OB)を大事にします。それを忘れないで下さい。

これからの重責、本当にご苦労様です。
特に、高速道路無料化についての抵抗は多いと思いますが、雑音に惑わされないで下さい。抵抗が多いと云う事は、それだけ利権があると言う事でしょう。
データなど、幾らでも恣意的に作れることを頭の片隅に置いておって下さい。

投稿: はまとら | 2009年9月21日 (月) 00時13分

副大臣に就かれ、おめでとうございます。馬淵先生のご活躍に期待している者です。

国土交通省では、とくに、情報公開の遅れが気になります。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/jyohokokai/pdf/js19_g_10.pdf
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/gyoukan/kanri/jyohokokai/pdf/js18_g_10.pdf
などから分かるように、不服申立て案件が多く、さらに、不服申立てされてから、最大のものでは875日経過して、なお、審理がされていない状況です。

国民への説明責任を果たすように、ぜひ、この点を改善していただきたいです。

投稿: 応援者 | 2009年9月19日 (土) 19時17分

就任おめでとうございます
副大臣の長年の道路行政に対するご尽力の賜物だと思われます
この国の貴重な予算が本当に必要なところに、重要なところに届くよう、
本当の意味で近代国家になれるよう、
一国民としてこれからのお働きに期待しています

投稿: ひろに | 2009年9月19日 (土) 18時41分

馬渕 様

国土交通省副大臣就任おめでとうございます。

官僚と戦うのはエネルギーの無駄です。
命令書の乱発で乗り切ってください。
官僚は文書で業務しますので、期限付き命令書を無視することはできません。必ず働くと思います。命令書を無視すれば、それを理由に解雇するればよいのですから。。。


明日にでも、4月の国幹会議で議決した高速道路暫定二車線の四車線化事業の一時停止命令を出すことです。

このような事業が本当に役に立つのかを再度議論してから事業の見直しをすべきです。

麻生内閣の駆け込み決定などを簡単に覆させることができるのが政権交代であると国民に印象つけることができるのでないでしょうか?少し言い過ぎたでしょうか

取り急ぎお祝いまで>>>

投稿: 岡本勝吾 | 2009年9月19日 (土) 16時20分

おめでとう&お疲れ様。
世の中「対決」という軸もあれば、「協力」という軸も有るのだと思います。
官僚も政治家もそして国民も、想いは同じです。
良い社会作り、次世代に安心安全な社会を残す、平和な世界だと思います。
何しろ健康に気をつけてください。
静岡より応援してます。

投稿: 上高静岡応援会 | 2009年9月19日 (土) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最も長い一日:

» 長妻大臣 [??????]
最も長い一日 ... 長妻大臣に厳しい視線が注がれていた厚生労働省の ロビーの景... [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 13時33分

« 新政権発足 | トップページ | 休日返上 »