« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

ダブルスコア

 午後8時2分に当確!

事務所でいきなり万歳三唱に共同インタビュー、そしてテレ朝
「選挙ステーション」で古館キャスターとの中継、とめまぐる
しく段取りが進む。

とうとう選挙開票日を迎えた昨日、開票率0%の午後8時ちょ
うどに、いわゆる「ゼロ打ち」で当確が出た。

12万812票で3期目の当選。
次点候補の惜敗率50.8%とダブルスコアでの勝利を得た。

公職選挙法上お礼を述べるわけにいかないが、本当に感無量で
ある。

なんせ、この選挙、本人が地元にいない選挙を戦うことになっ
た。
解散以来、67選挙区109ヶ所、移動1万4千キロに及ぶ同
志の応援を行ってきた。
ホントに勘弁してくれよ!という日程も時にはあったが、体調
は十分注意を払ってきた甲斐もあり、万全。
とりわけ選挙中も、24時間トレーニング可能な状況を作って
欠かさずトレーニング。
おかげで、絶好調。
スタッフまわりは、大迷惑。

結果、わが奈良1区での勝利に加えて。2、3区と小選挙区勝
利、4区で比例復活当選とあわせて4議席を獲得した。

県連代表としての、責任はなんとか果たせたと思う。
そして、いよいよ政権交代。

正念場が始まる。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

まっすぐは届く

 ようやく地元に戻ってきた。
公示の前日、この時間にやっと明日の確認を行う。

いよいよ、総選挙。
この国の行く末を決める大事な選挙。

今回、地元にとどまれる時間は限られるが、一生懸命伝えてい
きたいと思う。

まっすぐは届く。

これが、この選挙の法定ビラに書いた言葉。

「まっすぐは必ず、届く」と信じて歩んできたこの10年の政
治活動の集大成として、新たなステージに上る。

時には、ぶつかり、跳ね返り、ハレーションを起こしても、決
して潰えることなく、貫き、届く。
それが、まっすぐのチカラ。

ただひたすらに、まっすぐ歩んできた政治道をこの「始まりの
地」奈良に、問う。

明日、歴史に残る、選挙を心静かに迎える。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コッテ牛

 地方行脚の唯一の楽しみは、疲れてたどり着いたホテルでの
マッサージ。

もちろん、遅すぎて「もう終わりました」と言う時もあるが
可能であればお願いする。

炎天下での選挙応援と移動でへとへとになった身体をほぐし
てもらえると、スーッと身体が軽くなる(気がする)。

トレーニングによる筋肉への負荷刺激もストレス発散にはイイ
んだけど、ホーっとしたいときってあるよね。

で、ここんとこ何度か揉んでてもらってて気になってたのが、
肘で圧されること。

気持ちがいいんだけど、指じゃなく肘ってのはちょっとタッチ
が違うよな。
痛いとき、あるし。

最近のマッサージの流行なんかな、となんとなく気になってた
ので初めて聞いた。

「肘、はやってるんですかぁ?」
「あらっ、ゴメンなさい。肘やめますかぁ?」

あれっ?、やめれちゃうんだ?、指でもいいんだ?

ハイ、お客さんのからだ、まだ指入りますから、とマッサー
ジ師さん。
じゃぁ、指圧で頼むよー!。
肘はないだろー、と心の中でつぶやく。

お客さん、柔道ですか?この腕?、相撲か?相撲のわけないわ
なぁ...この身体は、と独り言。

思わず苦笑して、「硬くて負担ですかね。ごめんなさいね」
と謝ると、マッサージの(昔の)お嬢さん、笑いながら「大
丈夫!大丈夫!コッテ牛よりましだわね!...」。

...コッテ牛...。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

盆明け、再開!

 お盆の終わりと共に、地方行脚再開。

今日は早朝に菩提寺である西方寺さんで、盂蘭盆会大施餓鬼供
養のお参りを済ませて兵庫へ。
東京から来たNHKの政治部記者さんが、車中から密着取材。
ここんところヒロコへの取材とかも含めてやたらと依頼が来る
んだけど、密着ってのもなぁ...けっこう丸見えになるしなぁ。
ビミョーな感じ。

 甲子園駅前で石井登志郎(いしいとしろう)兵庫7区総支部
長の街頭演説会。
新神戸へ移動後、新幹線と車で岡山県総社市へ。
ここは花咲宏基(はなさきひろき)岡山5区総支部長の民主党
演説会。
今度は車移動で、岡山市へ。
高井崇志(たかいたかし)岡山1区総支部長の国政報告会と岡
山駅前での街頭演説会。
終了後すぐさまマリンライナーで香川県坂出に。
玉木雄一郎(たまきゆういちろう)香川2区総支部長の国政演
説会。
再度マリンライナーと新幹線の乗り継ぎで、山口県下関へ。

公示を明後日に控えてピリピリする中、皆イイ顔になっている。
候補者たちに精一杯のエールを送る。

彼らのことをついつい、6年前の自身の姿に重ねて見てしまう。
そして候補者よりもむしろ必死の想いの奥さんに、「あなたた
ちがやってきた四年間を信じて!、自分自身を信じて!」と、
熱くなってしまう...。

 明日は朝から山口、広島、そして兵庫と回って寝るまでには
奈良。
明後日の公示は、県連代表として奈良2区、4区、3区と回っ
て、自らの1区第一声は午後1時、近鉄学園前駅北口。

己が身体はここになくとも、わが魂と心はこのふるさと奈良の
地に皆さんと共にある!、と信じて全県、全国をわき目も振ら
ずに駆け巡る!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

盆休み初日

 やっと今日は地元1区の活動。
しかしお盆に入り、市内はすっかり休みモード。
朝立ちも、駅前はガラガラ。

そんな中、今日も「美人記者」さんたちの追っかけに会う。
でも、クレームつき。
「なんで、カギカッコつきなんですかぁぁぁ!?」
ハハハ...とニコニコしている僕。

 選挙準備は進んでいるが、正直まぶち事務所は365日24
時間選挙態勢を組んできた(!)ので、活動自体は普段と変わ
らない。
ちょっと違うとすれば、選挙区外の方々も事務所を訪れるよう
になったことか。

そろそろ、公示後本番の地方日程が党本部の指示で入りだす。
引きつりながら、事務所に喝を入れる。

お盆期間も、重要な地元日程となってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月11日 (火)

負のエネルギー

 解散翌日から選挙まで40日間の長期戦。
やっと半分の20日間が過ぎたところで数えてみると、地方行
脚が10日間と、半分しか地元にいなかった。
残りの20日間、どうなるのだろうかと言ってる間に今日も奈
良4区、3区。そして、終えて千葉さらに明日戻って奈良2区。
初盆参りはできるだろうか、と心配になる。

一方昨日「美人記者」さんたちの「追っかけ」を書いたら、予
想以上の反応。
書いた本人が少々戸惑い気味...。

 選挙メッセージは固まりつつあるが、政策のポイントは徐々
に変化・移行しているのを感じる。

僕としては、将来への希望のメッセージを語りたいと願ってい
るが、受けてはむしろそれよりも「不満」のエネルギーに満ち
満ちている気がする。
はけ口を求めている、負のエネルギーをマスに感じるのは僕だ
けか。
ついつい迎合しようとする自分と、抗(あらが)おうとする自
分が交錯する。

難しいな。

まじめに考え過ぎるんだろうか?と自分自身を疑ってもみるが、
考えるに越したことはないと、あらためて納得する。

今朝の地震で、新幹線の運行はメタメタ。
とりあえず、朝一番で連絡すべき、確認すべき、にはつながっ
たけど、多くの方が被災されている。

徐行を繰り返す新幹線車中から、今はただ、ひたすら安寧を願
うばかりである。

この国を、負のエネルギーが覆っていないことを信じつつ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

恩返し

 富雄駅で朝立ち。

本人がいないので1区は取材しない、と言われていたけどここ
んとこ連日、夏祭りや朝の駅頭にまで各紙の「美人記者」さん
たちが現れる。
冗談で、「追っかけ?」と聞くと、笑顔で「ハイ!」との返事。
こういうのには、弱いな...。
いきなり照れて、ホウホウの体で逃げる。

すぐさま、近鉄、新幹線で名古屋。
今日一日は愛知。

当選同期の愛知12区中根康浩(なかねやすひろ)、7区の新
人山尾志桜里(やまおしおり)、6区の元犬山市長石田芳弘
(いしだよしひろ)、河村名古屋市長のあとを受けての新人1
区の佐藤夕子(さとうゆうこ)と4総支部長の応援。
明日、明後日は、4区、3区、2区と奈良県内の応援。

来週の火曜日公示だから、あと一歩って感じだが、本人的には
だんだんノッてきた。

街頭演説、メッセージが固まりだし、各地での手ごたえはスゴ
イ。
このまま、突っ走れると思う。

周囲からは、地方行脚を「大変ね!」とねぎらっていただくけ
ど、僕にすれば二期生の僕にここまで予算委員会含め大きなチャ
ンスを与え続けてくれた、党や応援してくれている皆さんへの
せめてもの恩返し。

過半数まで2.15倍と昨日書いたら、細かいこと言わず3倍
目指せ!と今朝駅で、檄飛ばされた。

了解!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

2.15倍

 今日はこの10年間の政治活動の中で、初めての千人集会。
文化会館国際ホールにて開催。

地元に居る時間が少ないだろうから、一人でも多くの人に一堂
に会してまぶちの話を聞いてもらう会を開こう、と有志の仲間
が実行委員会を立ち上げてくれて実施の運びとなった。

ビラまきや告知街宣など、動員は一切なしで本当に多くの皆さ
んに集っていただいて、感謝。
僕なりに精一杯、お伝えした。

これで、選挙の最終日まで大きなイベントはもう、ない。
地元にいる間は、地道に訴えを繰り返す街宣とミニ集会。
やることは今までと変らない。

しかし、一方で自民党がヒタヒタと迫ってくるのも感じる。
日テレの世論調査結果でも、それをうかがい知ることができる。

なんせ、112名しかいない衆議院の勢力を、プラス129名
以上にしようとしているのだから、並大抵のことではない。

本当に大変な戦いを目指していることを、自覚しなきゃね。
皆が危機感を持つことが大事。
気を引き締めて、お盆を迎えて公示を待つ。

明日から、また3日間は行脚。
衆院過半数までプラス129名。
2.15倍目指して、がんばる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

滅私奉公

 金子国交大臣のお膝元へ攻め入ってからの週末は、やっと地
元。夏祭り三昧に集会、街頭演説に後援会の皆様への決意をお
伝えする場の設定、さらには同世代の仲間たちによる選挙事務
所の事務局設置など、「らしく」なってきた。

そして、日曜日の午後には福岡へ。山拓さん相手に戦いを挑む
稲富総支部長の応援。翌朝月曜日には名古屋小牧空港からJR
名古屋経由で静岡へ。
党本部選対にお願いして、1時間だけ個人の時間を取らせても
らって駅近ジムでトレーニング。時間なくて昼メシ抜いても、
トレーニング優先の方がカラダの調子はいい。
ベンチプレスも130キロと、絶好調だ。

そして、静岡は津川元衆議院議員の応援とタムケンこと田村謙
治前衆議院議員の富士宮事務所開き。

ここで毎日新聞の政治部記者と合流、二日間の密着取材となる。
毎日の連載企画「キーマンたちの夏」という特集記事で、張り
付くのだという。
ウン!?、俺?、とは思ったが、まいっかーと受ける。

記者さんと一緒に静岡から地元に戻り、翌朝の朝立ちからご一
緒いただく。
その後山間部への街宣工程だったのだが、途中で街宣車がエン
スト。
あわてて修理工場に持ち込んで、日程は大きく崩れる。
記者さんに、取材にならなくてゴメンね、と謝りながら、ま選
挙なんてこういう風にアクシデントつきものだから、と笑い飛
ばす。
特集記事は、四文字熟語でこの夏の活動をまとめるそうだが、
なんかありますか?と問われて、思わずニヤッと笑って、一言。
「滅私奉公!」。
記者さん、苦笑い。

そして、昨日から広島入り。
鳩山代表と、久しぶりに顔を合わせる。
お疲れと思いきや、元気そうだ。

「いろいろと、党のために飛び回ってもらってありがとう。暑
いけど気をつけて。感謝してるよ。」と声をかけられる。

いやー、こういうあたたかい一言で、報われる。

滅私奉公、いや違った、国民の生活が第一で、もっとがんばり
ます。
そして、今から、佐賀。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »