« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

感性を研ぎ澄ませて

 党本部指示の地方行脚は続く。

 三重、愛知、大阪、京都、そして再びの岐阜はあの金子国交
大臣の相手となる今井総支部長や隣の阿知波総支部長のところ
と東海、近畿を駆け巡る。

行脚の隙間をぬって、政見放送の撮影やら法定ビラの原稿、フ
ジの「新報道2001」、「サキヨミ」などのテレビ取材、皇
太子殿下来県の「近畿まほろば高校総体」開会式出席など地元
日程も小刻みに加わり、正直何がなんだかわからない状態。

一方、自分の選挙も当然ながら必死で準備。
1区の合同選対会議で役割分担などを決め、県内全域に責任を
負うと同時に自分の選挙も全力で取り組む覚悟を選対に伝えて
お願いする。

フラフラになりながらも、党本部指示は続く。
明日は、地元で集会だが日曜日からは福岡そして翌日は名古屋
経由で(!)静岡。
そのまま水曜日まで東京という日程が飛んできたが、さすがに
これは調整困難ということで党本部に理解をいただいた。
すんげぇ来るな、党本部...。

留守にしている地元では、スタッフたちに「わずかな変化も、
見逃すな!」と言っている。
空気というものは一瞬にして変る。
そして、空気の変化が表面に現象として現れたときにはもう遅
い。
だから、有権者と出会ったときに、心のうちの微妙な変化を感
じ取る感性が重要だ。

そこは、感性という一点で、絶大なる信頼を置いている「不易
塾師範代」のチューに全て任せている。

頼むぞ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

「政権交代」を封じて

 JRパスが使えなくなったので、しっかりと地元!と思って
いた矢先に...来たよ来たよ、来ましたよ!

党本部からのお達し。

全国へ、応援に行ってもらう!
・・・ハイ、わかりました。

奈良全県には県連代表として責任を果たす覚悟だが、全国へと
なると地元のことが心配で、不安な気持ちに襲われる。
しかし...やるしかない。
政権交代のためには、全員が一丸となってやるしかない。

ということで、奈良4区の応援、そして今日は岐阜1区。
雷を伴うすさまじい雨だったけど、ここでも雨雲を吹き飛ばし
た。マイクを持ったら雨が止む。
ウソのようだが、ここんとこずっとそう。

民主が強いとされている東海の中でも、エアーポケットのよう
に言われていた岐阜だけど、若い30歳の柴橋正直総支部長の
勢いはすごい。期待が高まる。

結局、今後もこうして地方日程が入っていく。
こうなったら、効率的にしかも徹底的に地元活動を展開する以
外にないな。

柴橋君にも、今回の選挙は「政権交代」の勢いだけではなくて、
「政策」をいかに「生活」に結びつけるかだよ!と告げて別れ
る。

実は、このところの地元活動で、感じていることがひとつある。

それは、「政権交代」という言葉をいかに使わずにメッセージ
を発信できるかということだ。

40日間の長きに渡って、冒頭から「政権交代」の言葉は色あ
せてしまう。

むしろ、党は徹底的に「政権交代」の言葉封じを行うべきだ。
全候補者ならびに応援の参議院議員も含めて、メディア並びに
街頭や集会で、「政権交代」の四文字を封じる。

その代わりに、徹底的に民主党の政策で実現する「生活」のイ
メージを伝える。この間に、「政権交代」は一切言わない。

そして、選挙戦本番の最終週、8月27日の木曜日から29日
の土曜日までの三日間、今度は全候補者がいっせいに「政権交
代」を発する。もちろん、その先頭を切るのは鳩山代表だ。

「生活」の話を中心にすえて、国民生活をどう変えていくかの
具体的イメージを先行させながら、「政権交代」という結果の
事象に国民が不安感も抱かないように発信していくことが重要
だと感じる。

ま、これはある意味全党を巻き込む相当高度は戦略論なので、
僕なんかの立場でどうこうできるものではないが、解散からの
五日間で五体と五感をフルに動かしての現時点での感想だ。

不易塾日記を鳩山代表も目を通されていると以前に聞いたこと
があるので、もし読まれたら参考にしていただきたい、思って
るんだけど。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

解散後の国会

 急遽朝一番に上京。
道路政策の詰めの部分の検証や確認作業。
一人で、淡々とかつコツコツと行う。

国会議員のJRパスは、解散後5日間有効ということで使える
のは明日まで。
移動もこれからは費用発生となる。

ま、解散なので選挙区に張り付きで移動の必要もないかとは思
うのだが。

政権交代後をにらんでの政策の詰めは、マニフェスト検証も含
めて最終段階に入った。けっこう、大変だ。

終えて奈良に戻る前に会館に立ち寄るが、当たり前だけど閑散
としている。
そういえば、解散後の国会って来たの初めて。
ロリアン(衆議院の食堂)のお母さんが、「三分の一に減るよっ!」っ
て言ってたけど本当だな。
もっとも僕は会館で年末年始を過ごしてきたので、もっと寂し
い国会を経験しているが。

新幹線に飛び乗り奈良へ。
帰ったら、挨拶回りと県連全議員懇談会。

県内4選挙区の全議員に檄を飛ばす。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

「生活選択」選挙

 とうとう解散した。
この世界に入って4回目、議員になって2回目の解散を迎えた。

正直一言、「長かった」。
もう解散だ、選挙だと言われ続けながらとうとう、任期満了目
前まで引っぱられた。

この「解散ストレス」に個人的に辟易とする一方、この間の国
民生活不在の政治に一人の国会議員として国民の皆さんに心か
らお詫びを申し上げる想いだ。

解散詔書が読み上げられた万歳三唱の本会議後、党本部で公認
証書授与式と公認料の授与が行われた。

その後、都内を挨拶回りに走り、夕刻会館で国会事務所全員集
合。
かつてのインターンの学生や現役学生、ボランティア参加の方
々に集まってもらっての衆議院議員まぶちすみおの国会事務所
解散式。
僕から皆へ今日までの支援の感謝とお礼を述べて、氏神の添御
縣坐神社の神々を祀ってある神棚に一同、参拝。
そして、水杯で必勝を祈念する。

国会事務所のインターンや元インターンで社会人となった、僕
にとってのかわいい教え子(不易塾生)たちも奈良入りしてく
れるという。
皆で、政権交代の瞬間を見届けようね!と元気よく会館を出る。

今回の選挙は、間違いなく政権交代の選挙。
そして、国民にとっては政権選択の選挙となるが、それはどの
ような政権が良いか?というよりも、どのような国民生活を実
現してくれるか?を問う選挙だと思う。

その意味で、「生活選択」の選挙。

麻生総理の会見は、申し訳ないが相変わらず「国民目線」が欠
如していた。
国民生活への理解が、著しく欠けていると言わざるを得ない。

国民生活を変えていくことができる政治が、求められている。

生活選択。

全力で、立ち向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月20日 (月)

東からの風を西の果てまで

 内閣不信任案が淡々と否決された後に総理への批判が噴出し、
総会か懇談会かともめている様を見ると、統治不能となった組
織の最後の姿かと、少し残念な気持ちになる。

巨象がそれこそ、ぐらっと傾いてズドーンと倒れる瞬間を見る
思いだ。

しかし、浮かれていてはいられない。
必死に、最後の最後まで戦いぬく気合を持続させる努力が求め
られる。

先週末は、鹿児島。一瞬地元の奈良に戻って、昨日から福岡。
自民党古賀誠選対委員長の地元である福岡7区、野田国義総支
部長の応援、そして同僚の楠田大蔵代議士の応援と続く。
鹿児島2区の打越明司総支部長が、「政権交代の風は東から吹
いている。西の果てまで吹かさなければならない!」と強く訴
えていたが、都市部と西日本が鍵となるだろう。
奈良の議員として、西日本はカバーする意気込みでがんばる。

そして今夕福岡から上京し、明日の解散を迎える。

解散総選挙に向けて、ヒロコはすでに一昨日に上京して宿舎の
片付けや会館の整理を始めている。

一ヶ月半近く空けてしまう宿舎や会館、選挙で万が一のことが
あればすぐに引き払わなければならない。
必ず勝つ!との想いは当然だが、一方でケジメとして解散前に
身辺の整理だけはしておくのが侍の心得。

明日の解散本会議後には、会館に奉ってある氏神様に所属のス
タッフやインターンたちも全員集合して参拝し、水杯(みずさ
かずき)を交わす。

戦(いくさ)に、向かう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年7月14日 (火)

40日戦への備え

 いよいよ解散、衆院総選挙だ。
やっとの麻生総理の決断に、心なしかホッとする。
日程が定まらないストレスは相当なものだ。

市長選の疲れは残ってはいるが、勝利とこの解散決定で吹っ飛
んだ。

しかし、気になるのは現行憲法下で最長となる解散から投票ま
での40日間という長さだ。
来週21日解散、8月30日投票ということで40日もの間、
どういう発信をすべきかはそうとう戦略的に練らないといけな
い。

メディアはいっせいに、マニフェストの検証を始めるだろう。
自民、民主のマニフェストを比較しながらその妥当性、実効性
を徹底的に洗い出していく。
当然ながら、識者による評価のみならず両党の政策責任者が論
戦を行うことになるだろう。

ここでの政策責任者の説得力ある説明が、勝敗を左右する。

長い期間だけに、勢いだけでは勝負できないことを肝に銘じな
ければならない。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

奈良が変る!

 奈良市長、市議選は大変な結果となった。

市長には、民主党推薦の仲川げん候補が76707票を獲得し
て見事初当選。市議選も、上位10名に民主党公認候補全員の
7名が占める大勝となった。

すさまじい、勢い。
正直、市長選・市議選選対本部長として自ら陣頭指揮を執って
きたが、予想を上回る結果となった。

古い保守的な町と言われてきた奈良が、大きく変る瞬間を見た
思いだ。

都議選もとうとう、自公を過半数割れに追い込んだ。

麻生退陣は時間の問題か、それともやけくそ解散に出るか、明
日からの一週間、緊迫の政局となる。

そして、奈良は、明日から大きく変る。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

豪華な顔ぶれ選挙

 市長選挙の三日目。
岡田幹事長来県以来、蓮舫参議院議員、松本剛明前政調会長、
山井代議士、熊谷俊人千葉市長、河村たかし名古屋市長、福山
政調会長代理、鳩山代表、細野代議士と続々と応援に入ってい
ただいている。
 
過去のどの選挙よりも豪華な顔ぶれが並び、過去のどの時より
もすごい数の聴衆が集まる。
 
この後も、野田幹事長代理、藤本議員が駆けつけてくれる。
 
しかし、僕は淡々と1区市長選・市議選選対本部長としての仕
事に取り組む。
朝立ち、朝礼、街宣、集会、電話掛け。
 
本部長として戦局を的確に把握しながら、浮き足立つことなく
選挙を戦う以外にない。
 
先週末は結局、都議候補の応援、都議選告示日の応援にさらに
最終盤での静岡県知事選挙とギリギリまで地方周りを続けて奈
良に戻ってきた。
 
市長選前にすでにノドはガラガラ状態となってしまったが、お
かげで選挙感はすっかり取り戻せた。
町の空気が手に取るように分かる。
その空気に違和感を生まないように、スーッと言葉を染み渡ら
せる。
 
ざわざわと、心の波動が伝わってくる。残りの4日間、突っ走
る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »