« 待った!をかける男 | トップページ | 事態を見守る »

2009年3月 4日 (水)

小沢代表記者会見

 昨夕、小沢代表の公設第一秘書逮捕で永田町は大騒ぎとなっ
た。

今日、午前中の代表記者会見を固唾を呑んで見守った。
政治団体からの寄附を資金管理団体で受けた、企業からの献金
であれば従来どおり政党支部で受けるだけ、献金の原資につい
て尋ねることは通常しないとの説明は、理解できた。

代表の言葉を信じる。

政治とカネの話が出るたびに、政治不信を招くといわれ、何一
つ変っていないとのお叱りをいただくこともままあるが、僕自
身は、少しずつ変りつつあるのだと思っている。

たとえば、僕のように企業からの献金を一切受けないという姿
勢は、それこそかつては「そんなことでは何もできない」と笑
われたが、少しずつ浸透していると感じる。
企業献金の受け皿になる、政治資金パーティーも開かずに、個
人献金のみで政治活動を実行していくことに、いまや爽快感す
ら覚えている。
やればできる。
そして、個人の一票に支えられている政治家が、個人の浄財に
よって活動も支えられるというのは何とも分かりやすい構図だ
と思う。

こんな想いの政治家が、実際に活動している事実を考えれば、
少しずつではあるが変ってきたと思うのは僕だけだろうか。

|

« 待った!をかける男 | トップページ | 事態を見守る »

コメント

小沢一郎を手放しては絶対にいけません。

この時期に、いきなり時期総理有力候補である野党第一党党首の公設第一秘書を、すべてオープンにされた収支報告書への書式「認識の違い」のみで、初めに逮捕ありきに強制捜査をするなど、まともな立憲民主国の司法の行使とは到底思えません。

聞くところによると、欧米の有識者からは「日本の公権力は、北朝鮮レベル」と同等と看做されているそうです。

よろしいですか。
中国でも、アジアやアフリカの小国ではありませんよ。
60年間も現在の憲法のもと民主制を敷いている、私たちの国が、あの「北朝鮮と同等レベルと看做されている」現実です。

他の先進民主国で、司法当局がこれ程までに権力にベッタリな国は存在しません。
彼らの歴史を見れば、時の権力者の都合の悪い者ばかりを標的にしてきたのは、一目瞭然でしょう。

自らにみの持つ(と思い込んでる)公権力の思いのままの裁量権で恣意的に逮捕する。
そして密室のみでの捜査法(弁護士以外、接見不可)。
にも拘らず、国家公務員の守秘義務を無視しての、捜査情報の恣意的リークでの世論捜査形成による、国民世論作り。

そして、法廷における数々の捜査ミスの露呈。


国民の選んだ、国民の代表者が、
正当な理由を国民に提示せず、恣意的な裁量権の行使のみにより、失脚させることなど、絶対に許されてはいけません。

仮に、少なからずいる善良な検察OBの方々の見解通り、今案件にて何一つ立件不可だったとしてもどうでもいい、既に目的は達している。

いつもは好き勝手に批判してる、同じ行政官僚組織に過ぎない検察側リーク情報のみを垂れ流す、既存の大手メディアとの協働による世論形成の結果、国民へのイメージダウン及び地に足の着いてない党所属議員からの非難の声で、もし「それのみの理由」での自陣のリーダーである代表辞任をさせたのなら、それで喜ぶのは現体制側、与党、官僚、既得権益を持つ側のみで、最後に損するのは国民です。

「岡田氏の代表の方が何十倍も怖い」
彼らの放つ発言は彼らの利益に基づいている、ということです。
「組み易し」と思っている裏返しでしょう。
*誤解せぬよう、私は岡田氏は好きです。


答えは明白です。
「小沢一郎を下ろしたい」、それだけです。
それが出来れば、自陣側も一人二人出してもいい。
そんなリスクを犯してまでも、小沢一郎を恐れていることであり、
小沢一郎が総理になれば、築き上げた構造が本当に変えられることを恐れている何よりの証拠で、「その可能性が限りなく高いと彼ら自身で証明しているも同然」です。

国民主権を確立するか、
140年続く官僚主権を延命させるか。

これは日本の民主制史に残る、
闘いです。


何でもしてきます。

肝を据えて挑んでください。


投稿: 龍馬人 | 2009年3月11日 (水) 00時55分

小沢代表は辞める必要はないでしょう

辞めても辞めなくても 代表を
与党に足元をすくわれるはずですし
大局的冷静に進む方が得策でしょう

小沢代表も言っておられた若手は風を頼らず
自立し自力で政権交代をする
しかないですよ

泣いても笑ってもあと200日ないですし

根拠のないマスコミや一方的な報道に検察は説明責任をはたすべきですよね

議会制民主主義を日本に定着させてください

選挙をしないで与党に再可決を許すなどアンバランスな既特権益にはうんざりです

投稿: 寿 | 2009年3月 5日 (木) 21時43分

総選挙が近いのに本当にびっくり。

でもすごく時期的にも怪しい捜査なので、一応東京地検のHP[皆様のご意見]には、本当に国益になるような捜査をしてください。一部の人たちの利益ではなく・・という厳しい意見を書いておきました。

8割ほどが捜査には厳しい意見と聞きほっとはしていますが、国民一人ひとりが本当に真剣に本気で政治や司法と向き合わないと、この国は良くならないと思います。

この国の未来のために代表と議員を応援しています。

投稿: ひろみ | 2009年3月 5日 (木) 18時03分

もし麻生総理の秘書が逮捕されていたら鬼の首取ったように民主党は騒いでたんでしょうね。

投稿: みや | 2009年3月 5日 (木) 16時11分

 馬淵議員、あなたのことを高く評価しているし、あなたの議員活動を支えているのが、純粋な(直接的な利権を求めない)方々なのだろうと信じている。
 しかし、原資について詮索しないというのは、国会議員として明言してはいけない。もし、それが大手を振って言って良いと思うのであれば、今後、外国人(法人)からの迂回献金なども問題がないこととなりますし、そのようなことが日常化すれば純粋に選挙民全体のことを考えた政治姿勢がとれなくなると危惧します。
 故に、原資を尋ねないなどという表現を削除されるか誤解なきよう付記されることをご検討下さい。(信頼の置ける方からしか献金は受けない等)

投稿: secretary_of_japan | 2009年3月 5日 (木) 12時59分

小沢氏の一件、大変驚いています。どうして今の時期にこんな事が出てくるのか、陰謀臭いですね。

しかしながら、このまま小沢氏が代表を続けるなら、たとえ無罪であっても、民主党のイメージダウンは避けられないと思います。

速やかに、開かれた代表選挙をやるべきです。速やかに対応することで、傷は浅く済みますし、逆に新鮮な印象を持たせることも可能ではないでしょうか?

投稿: 南洲 | 2009年3月 5日 (木) 12時57分

今回の事件、
陰謀かどうかは現時点ではわかりかねます。
しかし、小沢代表と西松建設の間で行われた事は、
少なくとも「脱法行為」であったのは事実でしょう。

個人献金のみで活動されている馬淵議員は、
政治家の中ではまだまだ少数派なのですね。
となれば、今回「違法」とされるのであれば、
多くの国会議員が「違法行為」をしているという事
にもなりうるのではないでしょうか?

また、一企業はだめだが、複数企業が母体ならOKなのか?
企業はだめだが、宗教団体ならOKなのか?

と問題が膨らむ一方になり、国会が空転し、
正に政治空白が生まれてしまいます。

どうか馬淵議員。
そのような状況にならないようにお願いします。
国民は何より「希望」をこそ求めており、
「失望」や「不安」を受け入れるキャパシティは
もうないのです。

投稿: tomi-min | 2009年3月 5日 (木) 12時49分

国策捜査なんて言ってる人がいるだけでも恐ろしいです。確か過去に新興宗教の教祖さまも言っていた気がしますがhappy01
何故この時期にという意見がございますが、当然容疑が固まり次第逮捕というのが普通だと思います。
やはり、逆に犯罪者を一日でも見過ごすことは問題だと思います。
一刻も早く、クリーンな方に代表になって頂き、クリーンな民主党政権を望みます。

投稿: | 2009年3月 5日 (木) 10時50分

小沢さんに対する今回の報道は異常としか思えません。
あまりにも見え透いたコメンティーター達の偏向発言を
どれほどの国民が信じるでしょうか。

昨日の記者会見は立派でした、私も含め多くの国民がそう思ったのではないでしょうか?
あまたにある自民党議員への献金をさしおいて、今なぜ
この時期に小沢さんなのか?さまざまな憶測が飛び交っております。

これからも、いえ、ますます応援しております。

投稿: 主婦 | 2009年3月 5日 (木) 10時44分

小沢さんの件、おそらく国策でしょう。
ただ、国民が堂思うかは別のところにあります。
時として捏造は真実として一人歩きします。
思い込ませた者が、果実を得ることが出来るのが政治でもあります。
記憶に新しい小泉さんの選挙も同じです。

民主党としては、小沢さんをかばうだけではなく、むしろ政治資金規正法の抜け道をふさぐ法改正を提出するほうが傷は浅くてすみます。ただ、小沢さんには辞任していただくしかないのですが。

それと、クリントン国務長官が来日した際にどのような話があったのかを明らかにするのも必要です。
多くの国民は、「郵政民営化阻止をするんじゃないよ」と圧力をかけられ、それを断ったからこの仕打ちと認識していると思いますよ。

一歩引くのも政治です。
しかし、同時に2歩も3歩も踏み出すのが政治です。

投稿: ドンカマ | 2009年3月 5日 (木) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/28468202

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢代表記者会見:

« 待った!をかける男 | トップページ | 事態を見守る »