« 4期目の県連を率いて | トップページ | 幹部渋面 »

2009年2月 8日 (日)

日銀の天下り

 エコラバさんから、「日銀の天下りの実態どうなっているの?
どうかひとつお願い」と頼まれた。
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20090207#p4

僕が「官僚の天下り問題を熱心に追及している」と評価いただ
いてのこと。
確かに「熱心に追求している」けど、僕の論点はあくまで「だ
からどうするか?」の制度論の方。
個別の誰某(だれそれ)がどこへ行っていくらの報酬、退職金
はなんぼ、というの実はやってないし興味ない。

でも、確かに日銀の天下りというのは大事な問題だ。
国家公務員法ではなく日銀法で規定されるみなし公務員の実態
を明らかにすることにより、中央銀行のビヘイビアーがどのよ
うな判断基準で行われるようになるかが見えてくるかもしれな
い。
まったく闇の中だもんな、今んとこ。

たぶん日銀は、公務員ではないので「天下り」ではない、など
と屁理屈こねるかもしれないけど、監視すべき点だよ、これは。

よっしゃー、やりまっせ!
徹底的に、情報開示求めて、ガンガンやる。
ウーン、ここから、という手があったなぁ...。
これはいいかもしれないなぁ。

天下り問題を端緒に日銀にまっとうなマクロ経済政策の一端を
担う金融政策を迫っていくってのは、なかなかな手だな。
エコラバさん、ありがとう。

そもそも、政府紙幣の発行などという一見荒唐無稽と思われる
(僕は思ってないけどネ)ような政策までがなぜ持ち出される
ているかを日銀は理解しているのか。
白川総裁も、そうとう警戒しているようだし。

今日も、与謝野大臣は政府紙幣の発行は国債の買い入れそのも
のと語っていたが、田原さんの突っ込みどおり日銀の買いオペ
やらせるって言ってみたら面白かったのに。

|

« 4期目の県連を率いて | トップページ | 幹部渋面 »

コメント

はじめてコメントいたします。
馬淵さん、日銀の天下り問題徹底的にやって下さい。

日本流(結果だけでなく、目標自体も独自に決めるという意味)の独立性の名の下に、好き放題やり、過去の失政の責任も全く問われず、今後の責任も問われないないように目標も公表しない日銀の失政により、本当に多くの国民が苦しみ、そしていままたさらなる苦しみを強いられようとしています。

官僚がこれだけ叩かれている中、まったく叩かれていない日銀は、現在最強の官僚組織であるといえると思われます。

真相の徹底究明をお願いいたします。
応援してます!

投稿: 現存する最強の官僚組織日銀 | 2009年2月12日 (木) 04時13分

馬淵様、

はじめて書かせていただきます。
ひょっとして、民主党には絶好機到来ではありませんか?自民党からは政府貨幣という良策が出てきましたが、どうも無利子国債という怪しげな商品と抱き合わせ販売の様子です。報道によると、麻生首相は「不況など大したことない」と全く不十分な御認識であることを公言されました。
次期与党たる民主党としては、1.不景気が本当に深刻なレベルにあることを表明、2.断固たる緊急措置として政府貨幣による超大型の不況対策案を明示、3.無利子国債=金持ち優遇策は取らない、とすれば国民の支持を取れるはず。同時に自民党内の仲間割れも狙えます。日銀総裁など、(任命時のいきさつなど忘れて)派手にバッシングすれば良いのです。
次の総選挙で民主党が政権を取ったとしても、そのあと経済が上向くか、あるいはそのまま(あるいは下降をつづける)かが、民主党の将来を決定的に左右しますよ。

投稿: mamoru | 2009年2月10日 (火) 01時09分

もう言いませんが、以下の数字は頭に入れて、皆さんもお考えください。

  【住宅ローン残高】【企業の金融機関借入金 流動+固定負債】

1997年度  286.7兆円  480.8兆円
1998年度  258.7兆円  499.4兆円
1999年度  277.2兆円  445.3兆円 ゼロ金利開始
2000年度  256.3兆円  404.3兆円
2001年度  255.6兆円  386.9兆円 量的緩和開始
2002年度  241.5兆円  370.4兆円
2003年度  244.4兆円  343.1兆円
2004年度  227.2兆円  324.2兆円
2005年度  237.0兆円  318.3兆円
2006年度  211.4兆円  316.2兆円 ゼロ金利/量的緩和解除
2007年度  192.7兆円  317.1兆円

(参考)住宅金融支援機構「住宅ローンの新規貸出額及び貸出残高の推移」
http://www.jhf.go.jp/research/zandaka/index.html
    財務省「法人企業統計」 http://www.mof.go.jp/1c002.htm
http://www.fabnet2.mof.go.jp/nfbsys/Nennhou_oy.htm

【国民一人当たりのGDP】

2000年  3位
2001年  5位 ←小泉内閣 竹中 経済財政政策担当大臣
2002年  7位 ←小泉内閣 竹中 経済財政政策担当大臣・ 金融担当大臣
2003年  9位 ←小泉内閣          〃
2004年 12位 ←小泉内閣 竹中参議院議員当選 ・経済財政政策担当大臣・郵政民営化担当
2005年 15位 ←小泉内閣 竹中総務相就任
2006年 18位 ←小泉内閣

なぜ、日銀の金融緩和で貸し出しが減り、経済拡大に寄与しなかったのでしょうか?

投稿: 無党派 | 2009年2月 9日 (月) 23時16分

もともと民主党には伊藤隆敏氏の日銀副総裁人事不同意や、低金利により預金者の利子所得を奪っているという議員の発言ばかりがクローズアップされ好意を持っていませんでしたが、馬淵さんのような議員もいることを知り感銘をうけました。がんばってください。応援してます。

投稿: Domino | 2009年2月 9日 (月) 16時53分

日銀の遅い利下げ、拙速な利上げ、柔軟な流動性政策の提案能力の欠如は、今にはじまった事ではなく、1990年代初頭の非常識な利上げの継続以来、ずっと見られて来たことです。

なぜ馬渕議員を含めた国会議員は同意人事で適切な総裁・審議議員を選ばなかったのか、反省がなければ過去20年の同じ過ちをまた繰り返すように思います。

現状では、日銀・財務省のたすきがけ人事を前提に複数の総裁候補を育てておらず、総裁選びがいい加減なように思います。

総裁選びのコマを増やすため、今後の審議委員の任命には、官僚・民間人を含めて将来の総裁候補に経験を積ませるという視点を取り入れていただきたいと思います。

日銀の失敗は国会の失敗だと思います。

投稿: 港北区大曽根 | 2009年2月 9日 (月) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1054404/27906893

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀の天下り :

« 4期目の県連を率いて | トップページ | 幹部渋面 »