« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

本州最北端へ

 党本部からの要請による地方行脚で青森へ。

青森空港から八戸へ移動して、同僚の田名部匡代(たなぶまさよ)
代議士の国政報告会。
なんと八戸の会場には、かつての三井建設同僚のガッちゃんが
家族と共に参じてくれていた。
結婚してその後八戸に移ったとは聞いていたが、僕が来ること
を聞いてご主人と一番下のお嬢さんとで国政報告会へ。
ヒロコと机を並べていた事務課の女性ガッちゃんも、すっかり
お母さんになっていた。懐かしい顔に会えてうれしいやら照れ
くさいやら。

八戸から車でむつへ。
今度はむつ市で「民主党むつ下北支部設立総会」での記念講演。
演題は、ん?、「耐震偽装と後期高齢者医療制度」。
これ、どうやってつなげんの!?、ほとんど落語の三題噺のよ
うな感じだが、頭ひねって何とかつながなきゃ!

とにかく、それでも記念講演を盛り上げてその後懇親会へ。本
州最北端の下北半島で民主党の存在感を示していくのはさぞか
し大変だったろうと思うが、まさよチャンのお父様である田名
部匡省(たなぶまさみ)先生(参議院議員・県連代表)の肝い
りで実現とのこと。さすが、大臣2期を勤められた田名部先生
の力は大きい。
当該の青森2区総支部長の中野渡(なかのわたり)のりこさん
も気合が入る。

懇親会を終えて、風間浦村で宿泊。
翌日は朝から恐山を訪ねる。
霊場恐山は、イタコの口寄せで知られるがもともとは民間信仰
の地であったとのこと。ことさらにオカルトっぽくメディアが
イメージをつけていくことに地元の皆さんは若干の違和感を持っ
ておられるようだった。
「信仰と食」は人を惹きつけるから、との地元の皆さんの声は
マグロで有名になった「大間」も含めて数少ない地元の観光資
源を何とか生かしたいとの願いも含まれている。

そして青森空港から羽田経由で伊丹着。移動だけで6時間半。
さすがに、青森下北は奈良から遠い。
最北端の涼しさとは打って変わって、奈良は暑かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「折り梅」

 映画監督の松井久子氏を招いての第5回「一語一会」。
今回は、監督の2作目である「折り梅」の上映会と対談という
2部構成となった。

テレビ界から転じた松井監督の第1作は、新藤兼人脚本の「ユ
キエ」。
「戦争花嫁」を題材として、アルツハイマーとなったユキエと
夫のリチャードの夫婦愛を通じて、女性の秘めた「生き抜く」
力強さをさりげなく伝える作品。

この作品の後に、認知症の姑と向き合う嫁とその家族を通じて、
生きるとは「受け容れる」こととのメッセージを発したのが
「折り梅」であった。

この作品のすごいところは、2002年に公開した当時は単館
上映で全国30館程度だった。しかし、映画を観た観客の口コ
ミによってその後実に1300回以上の自主上映会が実施され、
観客動員は軽く100万人を超えた。
リアルだけれど、暗くならない人に対する慈愛に満ちた作品が
多くの人の心を揺さぶったのだろう。
足掛け7年の歳月をかけて息長くメッセージを発信し続ける作
品。
松井監督の「想い」をお聞きする一語一会となった。

会場は、予約で満杯。映画と対談という長時間にもかかわらず
多くの皆さんが興味深く見入り、聞き入ってくださった。

松井監督の次回作は天才彫刻家イサム・ノグチの母を描く「レ
オニー」。
これも、女性の「生命」をつむぎだす大地のような力強さを描
くものとなるだろう。

僕自身、母のアルツハイマーの話を交えながら、一語一会の締
めくくりに松井監督に今思い浮かぶ「一語」をお聞きした。

一言、「志(こころざし)」と言われた。
志を持って、生きる女性の強さとやさしさとしなやかさに、こ
れは到底かなわない、とただただ脱帽だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

融通無碍(ゆうづうむげ)

 ベッド脇のテレビ。
8チャンネルで、「報道2001」キャスターの黒岩さんが頭
を下げている。
「えー、民主党まぶち議員には出演の返事をいただいておりま
したが、いまだ到着されておりません。まことに申し訳ありま
せん!」

ゲーッ!!!、俺、まだベッドの中だよー!
寝坊して、番組に穴開けたか!!!
やっちまったよ、オイオイオイ。

こりゃ、関係者に大迷惑かけてしまった!...。
もう、フジにも党にも地元の皆にも顔向けできないよ。

と、愕然としていると、目が覚めた。

悪い夢だ。
それに外はまだ暗いぞ。

なんてヤな夢なんだ。あまりにリアルで、もう、恐ろしくて寝
れやしない。
やっぱり、深夜のトレーニングでからだが反応して熟睡できな
かったのかな?
これって、からだには相当良くないのかもナ、いまさらながら
反省しつつ夜が明けるのを待つ。

予定よりちょっと早めにフジテレビへ。
控え室には、長妻さんと塩崎前官房長官に山内さん。
寝坊してトチったのは夢だったんだ、とあらためてホッとする。

番組はあっという間に終わって、放送終了後出演者としばし歓
談。

国家公務員制度改革基本法の与野党修正協議によって、不思議
と自民党の改革派議員との間にはかすかな連帯感が漂っている
ような気がする。

妙な雰囲気、とも言える。

僕は、ねじれ国会の功罪の功の部分だと思うから、決して悪い
とは思わないが、中には与野党馴れ合い、事実上の連立か、な
どとはやし立てる向きもいることだろう。

しかし、何やかや言っても自民党の「すり寄ってくる」感は否
めない。
去年の安部総理のときの姿勢とは天と地ほど違う。
あの問答無用の態度と180度変わった今の自民党の姿という
のは、長年政権に居てどんな対応もできる「融通無碍(ゆうづ
うむげ)」の政党の証明でもある。
ある意味、大人の政党。

それに引き換えわが民主党は...「おぼこい」なぁ。
こんな芸当はなかなかできんだろう(...やらんでいいけど)。

ま、そこが良いとこと言えば良いとこなんだがね。

お台場を後にして、地元へ。
到着後スグに街頭演説にあいさつ回り。

今晩は、よく眠れそうだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

変わらぬモード

 昨日は、初当選同期の泉健太代議士(ケンタ)の国政報告会
に招かれる。ケンタには、以前に僕のシビックミーティングに
ゲストで来てもらっており、感謝を込めて参加させていただく。
京都市伏見区の藤森(ふじのもり)神社参集殿での国政報告会
は熱烈な女性支持者も多く、ケンタの地元での人気を間近に見
る。さっすがー!
時間ぎりぎりまで質疑応答して、近鉄特急に飛び乗って橿原の
畝傍御陵前へ。
県連主催の政治スクールで校長として講義の最後にご挨拶。
そして、そのまま4区幹事会。
前幹事長辞任により不在となっていた幹事長職であるが、新た
に森山県議を幹事長として全会一致で選任。僕も暫定総支部長
として、いまだ発表できる状態ではないことを反省しつつ、4
区候補者の擁立を4区幹事長と共に改めて取り組む確認を行う。

幹事会終了後、やっと地元の奈良へ。
企業経営者との懇談会。
厳しい景気の情勢に、多くの提言をいただく。
盛り上がりの中で、時間にて退席。
終電間際の新幹線で日曜日朝のテレビ出演のため上京。

東京に着くと日付が変わるころになっていた。
どうしても今日のトレーニングが終わっていないことが気がか
りで、やっぱりあきらめきれずに御徒町のジム(サンプレイ)
へ。
鍵でジムを開けて、暗い中一人で脚のトレーニング。
パンパンに張った太ももとふくらはぎを引きずるようにして土
砂降りの中、深夜のタクシーに乗り込み宿舎へ。
こんなんで、朝の「報道2001」起きれるかしら。
不安になって、ヒロコにモーニングコールを頼む。

今もってペースは、開会モードのまま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

ホッとしない閉会

 通常国会が閉会となった。
昨年の臨時国会が越年国会となり、切れ目なしで1月18日か
ら始まった常会。去年の9月からずーっとだから、長く感じる
わけだ。8月後半とも言われる秋の臨時国会まで、この夏は
「草取り」に精を出せとの小沢代表からの檄が飛ぶ。

今国会最後の本会議。
河野議長から最後に議事終了の挨拶がなされる。
「意思の相違の調整に意を用いながら...」との議長の言葉
には、逆転国会での衆院の運営の難しさ吐露する心情が伺える。
議長あっせんはじめ累次にわたる与野党協議の場の設定そして
決裂、今国会では「ねじれ」の未体験ゾーンに皆右往左往した。
結果、年金や後期高齢者医療や増税問題など国民生活にかかわ
る大きな課題を積み残したまま国会は閉じる。

国会閉幕なのにひとつもホッとした感がないのは、この状況を
憂えているからである。

かつても書いたが、「ねじれ」や「逆転」だから問題なのでは
ない。与野党共に、課題を解決する決意を示そうとしないこと
に尽きる。
国会にいる当事者の一人として、本当に申し訳なく思う。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

貝の一週間

 問責決議提出も審議拒否も菓子パン騒動も、すべて外(メディ
ア)向きに語ることを控えた。
今は、貝になるしかないと判断。
だけに、あえてそれ以外のつまらない情報を発信する気にもな
れず、で気がついたら一週間が経っていた。

国会が開店休業状態なので地元活動。
事務所開きを日曜日に無事終わらせて、後は片付けにてんやわ
んや。
スペース拡大と機能移転で、全員Tシャツ姿で作業。
汗だく。

ミーティングルーム兼代議士部屋ができたのが、少しうれしい
けどどうせ部屋にいることないし。
物置になっていくんじゃないかと心配。

とにかく今週は事務所の整理をやって、来週から閉会後活動に
入る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

帝国の崩壊

 鹿ボーズ、あっ違った「せんとくん」に相棒ができた。
いろいろ言われていたが、話題になってチョットは盛り上がり
を見せたのではないか。なによりだ。
もう一(人?、匹?)は「まんとくん」に決定らしいが、もう
この際さらに増やして皆で盛り上げるためにもヒャクト君に、
オクト君、チョートちゃんの「古都戦隊5(ゴ)トレンジャー」
なんてのはどうかなぁ、などと事務所でつぶやいてると「ふざ
けてるって、怒られますよ!」とシズちゃんから指導イチ。
まじめに、考えてんだけど...。

今週末は、御所市議補欠選挙の最終応援と投開票。
一議席をめぐる民主・自民系二人の候補激突で、民主党吉川3
区総支部長と自民党奥野信亮代議士の代理戦争の様相を呈して
いた。
候補者本人に何よりもがんばってもらうしかないが、3区の衆
院予定候補者として吉川総支部長には相当、ハッパをかけてき
たつもり。
さらに、衆院選では3区担当となる前川参院議員にもがんばっ
て取り組むよう、要請してきた。
そしてさらに昨年参院選で勝利した、中村参院議員にもとこと
んの応援を要請した。
当然ながら、僕も応援に入る。
なにしろ元自民党代議士秘書だったうちのスギちゃんが、「帝
国の崩壊」に燃えに燃えて御所から動かない。
オイオイ!、なんだかなー?!、と思いながらも、こっちも気
合が入る。

僕自身は街宣の最後に御所駅前での熱狂を見届けて、勝利を確
信した。
しかしその後に、マイクを握った中村・前川両議員と相手陣営
との激しいバトルは人づてに聞いたものではあるがさすがに怒
髪天を突くような内容ではあった。
しかし県連代表として、それでも勝利は動かない!と信じてい
た。

かくして一議席をめぐる御所市議補欠選挙、民主党の杉本候補
の勝利!

明日の小沢代表来県に向けての、最高のファンファーレとなっ
た。
もはや、勝ったのでそれまでのことは何も言うまい。
勝利がすべてだ!

そして、今日は近鉄大和西大寺駅前での民主党全国統一行動の
一斉街頭演説会。
滝代議士はじめ民主党各級議員と後期高齢者医療制度廃止に向
けての統一行動ということで訴える。
僕自身は、単に廃止を訴えるだけでなく全国4000万保険者を
抱える健康保険制度の一元化を抜本的改革として自らの政策と
して訴える。
もはや、批判や否定だけではだめだ。
年金同様、医療保険も労使間の調整も含めて一元化を打ち出さ
なければ持続可能な制度としての担保が取れない時期にきてい
る。

県連の統一街宣に多くのマスコミが参集する中、御所だけでな
い「帝国の崩壊」をチョッピリ感じながらも、おごれることな
く粛々と政策を訴え堂々と王道を歩む政治を実現するとの想い
を強くし、駅を後にした。

よし、明日からの最後の週の国会、問責提出だろうがなんだろ
うが党として一枚岩でビクともしない姿を見せてやる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

きっかけは市議選

 先週末に、元秘書のチカちゃんの結婚式。
おめでたい。
主賓でお招きいただき、夫婦で出席。
お相手は、津村啓介代議士(ツムツム)の元秘書の田口君。

そもそも二人の馴れ初めは、3年前の奈良での市議選。
当時の市長不信任可決に対して、市長が議会を解散。
突然の暑い夏のさなかの選挙となった。
こっちも郵政民営化特別委員会が参院審議に移り予断を許さな
い状況となっていたが、地元の一大事と市議選に全力を尽くし
ていた。
チカちゃんも国会事務所の一員として、奈良入りして選挙。

そんなときに、ツムツムから「秘書を勉強しに行かせて!」と
の依頼を受けた。
「イイよ!」といつもの軽いノリで引き受けて、そうしてやっ
て来たのが田口君。
約2週間、張り付いて奈良で市議選の手伝いをしてくれた。
チカちゃんとの出会いはその選挙中。
その後二人は結婚へとたどり着くわけだが、二人を引き合わせ
るきっかけとなったまぶち事務所の中でも、僕だけが二人付き
合っていることをまったく知らなかった。

そんなもんだよなー、上司は気がつかないんだよ実際、と隣の
ツムツムに言うと「僕も知りませんでした」と苦笑い。
「秘書にどんどん先を越されます...」とさらに自虐笑い。
おっ、そうだったな、よっしゃ俺が嫁探しに一肌脱ごか!?と
騒いでいるとヒロコから「調子に乗らないの!」と注意される。

出産を終えてすっかりママ顔になったチョロ松も出席で、懐か
しい皆での祝宴となった。

チカちゃんは、秘書時代、テレビ番組の「女優魂」からの出演
依頼をアッサリ断り、「せっかく知ってもらえるいい機会なの
にねぇ」と皆で惜しがったこともあったが、特定の人に見ても
らえればそれでよかったんだね、と田口君見て納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

質問主意書答弁

 昨日の朝の閣議決定で先週提出した質問主意書の答弁書が出
た。

僕の質問主意書は再就職等監視委員会に関するもの。
昨年の国家公務員法等の一部改正の附則5条2項に規定された
内閣総理大臣が(天下りを)承認する権限について、総理が委
員会に委任することなく行使できるかということと、同意人事
案件である再就職等監視委員会が仮に不同意となって委員を欠
いた状態となっても機能するのか、を問うた。

閣議決定で出てきたものは、すでに5月23日の委員会審議で
得た答弁と同じものだった。

附則の5条2項の規定により「再就職等監視委員会が専らこれ
を行使することが予定されている」と答弁している。つまり、
権限の行使は委員会であって総理ではないということになる。
そしてもし、同意人事が不同意となって委員を任命できない場
合はどうかとの問いについては、「任命が行われないことを前
提としてお答えすることは差し控えたい」と回答してきた。

重要な点は、総理大臣の承認権限を再就職等監視委員会に「委
任」していることにより委員会が「行使」する以外は認められ
ないということである。
今日の新聞朝刊には、政府高官の意見として『「首相の権限で
(あっせんを)やる」と押し切る構え』とあったがこれはムリ。

行政組織法上の「委任」は民法の委任と違って委任した先から
権限を取り戻すには新たな法的措置が必要になる。したがって
現行ではやはりあっせんはできなくなり、天下りはできなくな
る。

政府は少しあせりだしたのか答弁書がこれまでの国会答弁と若
干食い違いだした。
渡部大臣は、3月19日の内閣委員会一般質疑で明確にその場
合は「各省あっせんはできなくなるということでございます。」
と答えている。
さぁ、政府はどう判断していくのか。
あるいは、民主党はこのカードをどう使うのか。

執行部の判断だが、とにかくローメーカーとして法理論を詰め
れるだけ詰める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »