« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

解散のタイミング

 テロ特措法の延長は、安倍総理の突然の辞任劇によって日程
的に不可となる見通しの中、新法議論が中心となりだした。
福田総理は、新法を臨時国会大幅延長で可決する意思を明らか
にしだした。
石破防衛相も臨時国会でこの問題を解決したいとの決意を顕わ
にしている。

そうなると、テロ特措法は11月1日に期限が切れていったん
自衛隊艦艇はインド洋上から引き上げてくることになる。帰還
に要するのは2~3週間とも言われているが、補給活動に必要
な様々な手順の整理を終えて日本に戻ってくるのは12月にか
かるかもしれない。
臨時国会の大幅延長が12月中旬くらいまでと考えると、テロ
特措法に代わる新法議論がなされているところに自衛艦艇の帰
港が大々的に報じられることになる。また、あわせて国際社会
での日本に対する批判的な反応がいっせいに出されるタイミン
グで国会決議を図ろうとするのが与党にとって最も世論を味方
につけることができるのであろう。

そして、そのときの民主党の対応いかんによって内閣支持率や
政党支持率に顕著な傾向が伺えれば、福田内閣は明けて1月の
通常国会冒頭に解散を打ってくることは充分にあり得る。

との、与党筋からの情報というまことしやかな複数の話を耳に
する。

解散総選挙のタイミングが、予算通過後の来年4月より早まる
可能性も充分ある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「政治とカネ」追求

 明日から福田総理の所信表明と各党の代表質問が行われる。
そして翌週はじめからは予算委員会。

安倍内閣への予算委員会質疑では岡田克也予算筆頭理事から質
疑者として指名を受けていたが、福田内閣に代わってはどうな
るのか、と思っていたところ「アレ、生きてます。」と岡田さ
んから。

そして、国対・予算理事からは「政治とカネ」やってくれと指
示。

かくして、臨時国会での予算委員会での質疑準備は「政治とカ
ネ」。

追求モノというのは、ハラと度胸がいる。

大げさではなく、返り血を浴びたり逆に狙われることも当然あ
る。国会史上でも、厳しい追求をするがあまり倒れていったも
のは決して少なくない。
当然ながら、好んで自ら行う者はいない。
だからこそ、国対からの至上命令が飛ぶ。

どんな舞台であろうと、恐れずにそして「義」を持って臨む。
「あら捜し」との誹謗中傷が飛んでくるのも想定の上で、「義」
をもって突き進む以外にない。

まぶちすみおにNOはない。

ハラと度胸で突っ込む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

健全な自主共済を救え!

 先の通常国会に僕が筆頭提出者となって提出した、保険業法
改正案は審議未了で廃案となった。

昨年4月施行の改正保険業法により、自主共済(いわゆる無認
可共済と呼ばれていたもので根拠法のない共済とも呼ぶ)は保
険業法の適用を受けるようになった。

来年三月末までの猶予期間をもって、保険会社か小額短期保険
業者のいずれかに区分され、いずれでもないものが行っている
「保険」は認められず解散する以外になくなる。
改正保険業法には適用除外としてJAや生協など他の法律に規
定されている制度共済や企業、労組、学校などその組織が行う
共済と小規模な共済(1000人以下)が上げられているが、
実はこの適用除外から外れる自主共済が大変多い。
たとえばPTA団体の運営する児童や生徒の安全互助会や知的
障害者の入院互助会、山岳団体の遭難対策基金などがある。

平成16年の総務省の調査によると任意団体による共済は全国
で422団体を把握しており加入者数は273万人にも上る。
これらが改正保険業法の適用により特定保険業者として金融庁
に届け出が規定されたのだが、その数は389共済であった。
そして、これらの4割が廃業の方針を明らかにしている。
つまり、改正保険業法の下では相互扶助的な福祉増進目的の自
主共済は立ち行かなくなったのである。

そもそも自主共済を保険業法で定めて金融庁の監督下に置くと
いう立法趣旨は、オレンジ共済をはじめとするマルチ商法的な
悪徳業者を排除することにあった。しかし、その法改正によっ
て共済という相互扶助の理念に基づく制度まで排除されてしまっ
た。
何とか救済措置がとれないかということで取り組んできたのが、
適用除外項目への追記である。
議員立法の保険業法改正案は、福祉増進目的で非営利の自主共
済を適用除外とするために内閣総理大臣認可による団体を加え
るという非常にシンプルなものである。
その際に、保険の規模を小額短期(保険期間2年、一千万円)
に限定せざるを得なかったのだが、とりあえずそれでも救済さ
れる共済は多い。

臨時国会では、参院からの提出となるので再度参院法制局とも
議論を行わねばならない。
提出者として、大久保勉参議院議員にお願いした。
大久保さんとは同じビジネス界出身ということで、これまでも
一緒に勉強会などを行ってきた間柄なので気心が知れている。
全幅の信頼をもって、お任せできる。

まだ、すべての共済事業を救済できていない案ではあるが、突
破口として国会で通していただきたいと願っている。

そして、本来の趣旨である「健全な共済」の適用除外を実現し
たい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行革にまい進

 福田内閣が発足していよいよ来週から総理の所信表明から再
開となるが、民主党内でもNC(次の内閣)が開かれて国会方
針が決定された。

小沢代表から、参院選マニフェストに掲げた政策の議員立法化
を急ぐように指示が出る。10月半ばには法案策定作業を終え
るようにとのこと。
一同に緊張感がみなぎる。参院逆転とは言えある程度法案を絞
る方向のように聞いていたのだが。

しかし小沢代表の言われるのは最もで国民との約束なのだから、
国会の舞台でドンドン議論を進めろと言うのは当然だ。
現場は立法作業で大変だが正論である。

と、いうわけで行政改革調査会の役員会が招集される。
事務局長代理ということで参加。
松本剛明調査会長から、作業チームに指名される。
とりあえず、行革調査会としては特殊法人・独立法人等の整理
を法案としてまとめていくことを確認する。
大きな制度設計として、公務員制度改革や分権制度の策定など
が当然あるのだが、今国会では独法や特法にフォーカスするこ
とになる。

前国会で天下り根絶法案と同時に独立行政法人通則法の一部改
正案を提出したところではあるが、再度その部分をバージョン
アップして提出。
特殊法人改革と称してガバナンスの効かない「ヌエ」のような
独立行政法人化を進めてきた政府だが、独法への公費支出が明
らかになるにつれてその施策の失敗は明らかになりつつある。

しかし、一週間ちょっとで立法作業というのは結構厳しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

予定調和

 予想通りというか予定通りといった方が良いところなのか判
らないが、福田総裁の誕生である。
予定調和が、この国の特質の一つなのかもしれない。
例によってコメント求められるが、「特になし」。
そして党役員人事が報道されるが、組閣まではズーット自民党
一色の報道だろう。

それより、明日から再開ということでやれやれと言う感じだ。
開会中にもかかわらず総裁選で国会が開かれていない、という
ことに対する批判が多い。
このような状況になった政府与党の責任は当然問われるものだ
と思うが、メディアに登場する批判はずいぶん的外れなものも
ある。

総理がいなくても国会で委員会くらいが開けるだろう、とか開
会中の一日の経費は何億(メディアによっては2~3億円とバ
ラバラだけど)もかかるのにムダだ、とか色々。
総理が辞意を表明している内閣の答弁が責任あるものになろう
はずがない。また所信表明とそれに対する代表質問を行わずし
て委員会など開けようはずがない。新総理、新内閣誕生を待つ
のが道理だろう。
また、国会運営のために衆参事務局があるのだがその総予算を
一日当たりに換算しても意味があるのだろうか。
わが国の国会は通年国会ではなく会期制だから、開会中だけの
臨時職員を事務局に置けばいいというわけにはいかない。

政権政党の混乱は、やはりこの国が転換期の真っ只中にいるこ
とをあらためて印象付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

準備の日々

 税金の無駄遣い一掃本部の準備会が開かれ、菅代表代行が本
部長となって調査を命じられる。
事務局長は、福山政調会長代理。松本剛明前政調会長に長妻政
調会長代理などいつもの面々も顔を連ねる。

税金の無駄遣いを徹底的に洗いなおして政官業の癒着の構図を
糾すのがこの本部の役割。
また、分厚い予算書や予算計算書との格闘が始まる。
調査や質問というのも個人技に頼るところが多いため、なかな
かチームで進めるのも難しい。
確かに職人技のようなところがあるのも事実。
一見してなんだかよくわからない無味乾燥な書類に、何か「ピー
ン!」と感じるものがあるかどうかが問われる。

いつも予算委員会が始まるときに思うのだが、通年でしっかり
こうした予算執行状況の調査をしている党内部局などがあれば
いいのだが、限られたスタッフでやりくりしているので限界が
ある。自ずと、個人技に頼るしかない。
また今年も、何が潜んでいるかわからない中、暗中模索で突き
進むことになる。いやー、しんど。

チョロ松の後任で、今度は地元担当となる第二秘書が決まる。
公設登録に上京してくるが初めて見る国会に目を白黒させてい
る。
質疑の準備にいそしむ日々であるが、総裁選真っ只中というこ
とで永田町は閑散としている。

通常の開会中の国会はこんなもんじゃないよ!、と第二秘書の
イケちゃんに伝えるが、説得力ないな、これでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

奈良からの一つのアフガン支援

 金曜日地元に戻り、緊急の街頭活動を県連で行う。
当然、安倍総理辞任による国政の混乱を指摘し、逆にこんなと
きだからこそ冷静に地道な政策の詰めを行うと訴える。

我々は、参院選の公約どおり年金問題、天下り根絶、税金の無
駄遣いの徹底追及を続ける。
来週には「税金の無駄遣い一掃本部」も設置され参画するよう
に言われた。
とにかく、この政治ショーに惑わされないよう愚直に取り組む。

週末は、ミニ集会などで有権者にこの一週間の出来事を細やか
に伝える。
事実を客観的に伝えることが最も大事だ。
フクダ!、アソー!、と巷間伝えられるが我々は評論家ではな
く現実に国会で論戦に挑む立場。誰が総理になるかが問題では
なく、何を議論するかが重要。どなたが総理になられてもこの
国の課題が即座に変わったり解決するわけではない。こうした
想いを素直に伝えた。

敬老祝いの様々な催しの合間を縫って、「NG0アフガニスタ
ン義肢装具支援の会」の滝谷代表を訪ねる。
アフガンで脚を失った方々への義足提供支援を続けてこられ、
今日までの7年間で約190人分の義足を届けてこられた。
ボランティアによる作業と、不要になった義足の提供を日本の
方からいただいてアフガンに渡り型取りをして持ち帰り3ヶ月
かけてアフガンに届ける作業を行っておられる。

アフガンでの切断者の78%は地雷による戦傷者であり、その
数は第二次世界大戦終了時の戦傷者割合とほぼ同等の人口比7
%にのぼるという。義足は一体約40万円相当だそうだが、日
本においては福祉制度により負担は1割程度に軽減されている。
したがってある程度装具として身体に合わなくなると交換され
るたびに、古い装具を無償提供いただけるようだ。この義足の
メカニカルな部分を使って新たな装具としてアフガンへの提供
を行っておられる。
日曜日ということで、ボランティアの方が製作の手伝いをされ
ていた。

ご自身も装具を装着されている、滝谷代表の夢は大きい。
アフガンに義肢装具士養成の学校を設立して自前でアフガンの
方々の支援ができるような仕組みを作りたいとのこと。

様々な支援のあり方の一つとして、取り組んで欲しいとの訴え
をいただく。

目の前に、自らが関われる活動があることを痛感する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

へなちょこ辞任

 イヤ、ぶっ飛んだ。
突然の安倍総理の辞意表明。
それも代表質問本会議の直前。本会議の10分前に開会を遅ら
せて欲しいとの与党からの申し入れありと代議士会に伝えられ
た。皆、口々に「何だ、何だ」と言いながら控え室に入っていっ
たところに辞意表明の一報が飛び込む。

騒然となりながらも、あまりの無責任さに唖然。
一同言葉を失う。テレビには自民党の代議士会の部屋の模様が
映し出され、ここでも茫然自失の表情の代議士たちが。

国会は、大混乱に陥った。

そして、2時からの総理の辞任の記者会見。
辞職決意の直接の理由に、本日小沢党首との党首会談を断られ
たことを上げられるにつけ、ここまで自らの不明とその指導力
のなさを国民にお詫びすらしない姿勢に驚く。

この辞任は「へなちょこ辞任」以外のなにものでもない。
燃料補給が必要だったのは、ほかならぬ安倍総理自身であった。

来週の予算委員会の質疑を命じられていたが、これも幻と消え
た。
政治空白は、過去の会期中の辞任の例を見ても細川内閣で最短
の17日、長ければ森内閣の46日というのがある。

いずれにしても、最も不利益をこうむるのは国民である。
もはや解散総選挙しかないのだが、やらんだろうな...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

心機一転

 国会から二名の秘書が去り、新たに二名が参加。
新しい顔ぶれで、臨時国会に臨む。

そして、僕も希望通り予算委員会と安全保障委員会所属となっ
た。党務は、政調副会長。こちらは引き続き、行革やってくれ
と言われた。

予算は、とにかく国会の最前線。
これで、三期連続予算委員会となりちょっぴり責任感も感じな
がら論戦に挑む。
安全保障委員会は、外務か安保かのいずれかを希望していたの
だが議員となって初めての外交防衛部門所属。

財政・金融に社会保障は一生懸命やってきたつもりだが、外交
防衛部門はやっと取り掛かることになる。
心機一転、新たな取り組みとして楽しみにしている。

今日は、初日の本会議で安倍総理の所信表明演説。
反省も交えながらも懲りてない、という感じか。

給油活動を維持できなければ退陣する、という前夜の安倍総理
の言葉は、テロ特措法が否決されても別の方法で給油活動を維
持できる担保が取れたからだ、との話も代議士会で飛び出し、
んっ!となる。

神経戦と情報戦がさらに活発化することだろう。

またまた閉会中にやりたいことの半分もできなかったが、ずい
ぶんと地元でゆるりとした時間を持てた。

さぁ、気分を切り替えて出陣だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »