« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

激突

 昨日の厚労委員会での強行採決が無効だとの主張に対し、議
長斡旋で本日「確認採決」を行うとなったがこれに野党は反発。
完全な激突モードである。
採決自体は有効だが、確認のために再度採決するなどという何
とも変な話だが与党の焦りも大きいのだろう。

午後からの、年金関連法案の本会議採決は大もめとなる。
野党からは、議運委員長と厚労委員長の解任決議、厚労大臣の
不信任決議と三連発を打つとなると本会議は夜中までかかりそ
うだ。

体力勝負、頑張るしかない。
内閣委員会も、明日の強行採決がありそうだ。
とにかく、緊張感を強いられる状況が続く。

しかし、昨日の太郎ちゃん(中山太郎先生ではないよ、河野太
郎代議士!)の「臓器移植法案A」の説明会には委員会での答
弁のため出席できなかったのだが、さっそく「臓器移植法案A」
への反対派が大挙わが事務所に押し寄せてきたようだ。いわく、
民主党ではこれをまぶちが推進している、断固抗議するという
ことのようだ。とりあえず、民主党議員の有志でヒアリングし
て考えようよ、という呼びかけなんだけどこの反応は相当のも
の。

なるほど、太郎ちゃんの苦労がよくわかる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

混乱は続く

 松岡農水相自殺の報で大激震の永田町。
しかし昨日には、動き出した。
国会は、先週末の「消えた年金」を放置したままでの与党によ
る年金機構法案の強行採決によって「不正常」。
昨日は、夕方まで本会議開催がなされないまま、午後6時20
分より開かれたのは上がり法案の2件の処理だけ。

ギリギリまで、政府与党は衆院本会議での年金機構法案の採決
を狙っていたようだが、事態の収拾を図るために年金救済法案
を提出し木曜日の衆院通過を目指すことを選択したようだ。

そして、今日は厚生労働委員会では与党の議員立法の年金救済
法案の審議は強行される。
厚労委員会では、委員長の解任決議動議などで午前中にも早く
も緊張状態になる。

一方、政府の「天下りバンク」か民主党の「天下り根絶」案か
の審議も内閣委員会で7時間コースが職権でセットされる。
「不正常」ということなのだが、答弁はあるし質疑も行うとの
方針であるので、今日も朝から張り付きだ。

河野太郎代議士の進める「臓器移植法案A」についての民主党
有志議員への説明会をセットしていたのだが参加できず。
ごめん!

さて、午前中の答弁も思い切り打ち返したつもりだが、やはり
質疑でこそ攻め込まねばならない。

霞ヶ関からは「与党は今日にも採決まで持ち込む」などの不穏
な情報が寄せられるが、予断を許さない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

加害者でもあり被害者でもあり

 そういえば、先週末のテレビ出演の時に時事ネタとして福島
の高校生の実母殺害事件についてのコメントを求められた。

高校進学のために親元を離れて暮らす兄弟の一人が、実母を殺
害し首と腕を切断しかつ頭部をショルダーバッグに詰めて警察
に出頭したという、言葉を失ってしまうような事件。

切り落とされた腕は白く塗装され、オブジェのように鉢植えに
突っ込まれていたという周辺状況の猟奇性も含めて、マスコミ
は大騒ぎになった。
チョット前にも、実妹を殺害した歯科医師一家の次男の事件が
取り上げられていたことがあった。報道系のニュース解説番組
や情報系のワイドショーなどでもこのような事件に対しては、
加害者であり被害者である一家について、執拗に聞き込みをは
じめとする取材を重ね、映像とコメントが流される。

この状況に何ともいえない違和感を感じてしまう。

確かに、犯罪心理学をはじめとする再発防止のための研究に資
するためには事実の把握と分析が必要であろう。
しかし、それはある意味捜査や法廷等含めて司法の場で行えば
よいのではないか。
果たして、一般の私たちが報道で「事実を知らねばならない」
ことなのだろうか。

これらの家族は加害者側でもあり被害者側でもある。
このことに対する、一定の配慮は必要ないのだろうか。

福島の事件の、残された家族の様々な人間像が映し出されその
暮らしぶりまで報道される中、思わず「どんな家族だったかな
ど知りたくない。それより、もう知らさないで欲しい...。」
とまで感じてしまう。

番組中に、そんな言葉を発しそうになったのだが、次のコーナー
へと移ってしまった。

子どもには、命の大切さをあたたかな話で伝えたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

場外ファイト

 先週末の土曜日、TBSの「みのもんたのサタデーずばッと」
に早朝から出演。
天下り問題について、自民党から渡辺喜美行革担当大臣と法案
筆頭提出者として僕が激論を交わすというコーナー。

前日は、内閣委員会で答弁と質疑を通じて政府案の根本的な問
題点である「天下りバンク」創設に対して質した。
談合や不適切な随意契約や政官業の癒着などの温床となる、天
下りを「各省庁縦割りでやっているから起きるのでコントロー
ルタワーの天下りバンクを創ればいい」という政府案は根本的
におかしいということを徹底的に指摘した。

政府は、それに対しての反論はひたすら「天下りさせなければ
高齢者職員が増えて組織が不活性となる」だけ。
だから、税金投入して役人の天下りを堂々と行う組織の創設を
行うなどにいたっては、あっけにとられて笑いさえこみ上げる。

民主党が肩タタキ禁止を訴えると、「役所に縛るのか!」と返っ
てくる。
そんなこと言ってないよー。
自分の人生を自ら決定できないなんて、おかしいでしょ?って
話だ。なぜ、税金投入してそんなあっせん組織を創らなきゃな
らんのか、まったく説明できてない。

民間は、社長と同期の社員がいてもなんら不思議はない。
その当たり前の人的構成の中でいかに組織を活性化させるかが
経営者の手腕として問われている。

公的あっせんして辞めさせなきゃ組織が沈滞する、なんて自ら
のマネジメント能力を自ら否定することになるぞ。いいんか、
そんな組織で?、大臣!。
との想いで、番組トークだったが反響は凄い。

委員会に続いての大臣との討論だったが、案外このテレビでの
場外ファイトのほうが面白かったかもしれない。

場内、場外、どっちでも来い!だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

答弁に疑惑追及に質疑

 内閣委員会での民主党案に対する質疑の答弁は午前9時から。
自民党の西村康稔理事、平井たくや理事、後藤田正純理事の若
手理事3名からの質疑が連続する。

渡辺大臣よりもむしろ民主党への質疑が中心。

昨晩というか、未明まで質疑準備にかかったため、正直眠い。
朝からのランニングを終えて、ほとんど寝ずで国会へ向かった
がやはり疲れが出てたか、しょっぱなは、カミカミ。

しかし、自民党の若手代議士(といっても、先輩議員諸氏だが)
たちが堂々と議論を挑んでくれたおかげで、眠気も吹っ飛び気
合が入り、調子が出てきた。論戦の甲乙は当事者がつけるもの
ではないが、思いっきり行った。

午前中終えて、午後の本会議は2時間弱。場内で河野太郎代議
士が進める「臓器移植法案A」への取り組み依頼を長島代議士
とともに受ける。
党内のまとまりは、まだないようだが長島と一緒に何らかの方
法を考えようということに。ほかならぬタローちゃんが一生懸
命取り組んでいる課題だし。

本会議直後に、安倍内閣疑惑追及チームの協議を社民、国新の
野党三党と行う。なんとなく自分では座長としての座りが悪い
ような気がするのだが、同僚の高山代議士ががんばってくれて
いるので心強いし頑張らねばならないと自身に鼓舞する。

あっという間に、内閣委員会の再開時間となり細野代議士の次
に質疑。しかし、細野代議士の鋭い質問に大臣が立ち往生とな
り審議はたびたびストップ。
僕の時間を使ってくれと、譲ったつもりが最後のバッターの理
事のケンタが自分の時間を削って僕には予定通りの時間が与え
られる。感謝!

渡辺大臣に、とにかく立法の根拠となる事実の確認を求める。
大臣の答弁は何度聞いても理解できない。
ウーン、これで国民はOKなのだろうか...?。
不思議な気分になる。

いや、そんなはずないと気を取り直して質疑を終えた後も来週
のことを政調と協議。
当分の間、頑張る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

内閣委員会委員を拝命

 連休明けの9日に民主党の「天下り根絶法案」を衆議院事務
総長に提出、15日の本会議では「重要広範」として総理出席
の下、民主党法案提出者として答弁に立った。

国対から、今国会の終盤での最重要法案という位置づけで取り
組みを指示される。

政府提出の「天下りバンク創設法」か、民主党の「天下り根絶
法」か、どちらが国民の理解を得られるかを問う。

法案提出者として審議に際して答弁に立つのは当然だが、質疑
者としても政府案に対して行えと、攻守両面での闘いを望まれ
る。攻撃的守備と突破的攻撃という、なんだかわかったような
わからないような役回りだがやるしかない。

初日は明日。9時から始まって昼の本会議挟んで午後6時半ま
での7時間コース。

午前中は自民党議員の質疑に答弁し、午後は政府案に質疑。
早速攻守ともども行うフルコース。

加えて、来週の水曜日に予算委員会の集中審議が決まり、総理
出席テレビ入りを求めての審議テーマは「政治とカネ等」。
国新、社民との野党三会派による「松岡農水大臣疑惑追及チー
ム」は、松岡大臣以外にもてんこ盛り状態の安倍内閣そのもの
を糾すべきだと、「安倍内閣疑惑追及チーム」に名称変更され
た。これも僕が座長になっていて(!?)、質疑の連携を図る
作業をせねばならない。

とにかく、追求モノの国対から法案作りの政調、そして質疑に
答弁までと、とにかく走り続けの状態だ。

そこへ、内閣委員会の委員任命の連絡。
確かに内閣委員会で審議法案の答弁に立つが、委員となると他
の委員会はどうするの?。財金や予算もあるけど...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

選挙政策集中討議

 選挙政策の集中討議を政調役員で終日行う。
来る参院選に向けての党の政策を集約させていく会議。

政調の役員でもないのだが、行革調査会の担当主査ということ
で松本政調会長から出席要請を受けて月曜日の朝から党本部に
こもる。

あらゆる部門に渡る政策の整理を行うわけだが、もちろん正式
に決めていくのは執行部決議や全議員の確認などが求められる
のだろうが、とりあえずの作業レベルの工数として、参加。

昼食を挟んで8時間ぶっ通しでの討議でクタクタになる。
それでも、何とかまとまりに近いものが見えてくる。
午後6時にいったん終わって、すぐさま会館に戻り政調スタッ
フと打合せ。
間もなく提出予定の、天下り根絶法案の条文の最終チェックを
行う。
法案提出者や、委員会での審議の想定問答作成実務などを確認
して、再び集中討議メンバーと合流して懇親会。

かれこれ、12時間ちかく同じメンバーと同じもの食って同じ
空間にいる。もう、話すこともなくなる。

さすがに、皆、その後は三々五々と帰っていく。

トレーニングしたかったのだが、今日はすっかりグロッキーで
宿舎へ。
部屋に入って「おたっくす」を見ると、奈良事務所からのファッ
クスがたまっていた。
今日は、もう、見る気がしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監査業界をめぐる混乱

 財界が大揺れである。
全部でないにせよ、相当数の上場企業が困惑している。

わが国の5大監査法人の一つである「みすず監査法人」が解散
決定したのは3月。1部上場などの大企業のほとんどは、公募
増資などを世界市場で行ううえで投資家への企業情報開示の透
明性と正確性を担保するために、いわゆる「ビッグファイブ
(アーサーアンダーセン、デロイトゥシュトーマツ、アーンス
トヤング、KPMG、プライスウォーターハウスクーパース)」
(アーサーアンダーセンはエンロン事件で消滅した)と呼ばれ
る国際規模の監査法人の監査証明が求められる。

中小監査法人がダメだといっているのではなく、マーケットは
企業の格付けを監査法人も含めてみているのである。

そんな中、日本の5大監査法人の一角が崩れて600社あまり
の顧客の大企業が新たな監査法人を必要とすることになった。
大手監査法人は残り4社。当然ながら会計士らはいずれかの監
査法人等に行くか独立するかとなるが、クライアントは大手を
望む。あっという間に監査業界での需給バランスが崩れだす。

一方、監査業界も大きな岐路を迎えようとしていた。
公認会計士法の改正である。
今国会で、政府から提出が見込まれている公認会計士法の改正
は、かつての足銀事件(足利銀行の粉飾決算)から始まる監査
法人の責任を問う市場や世論の声を受けて公認会計士に厳しい
規範を求めるものになると言われている。
あまりの監査業務のリスクの高さに、中小、独立系の監査法人
はもはや廃業か大手への再編がささやかれている。

このような市場環境の変化の中で、企業は放り出され、公認会
計士たちは不安におののき、市場の活性化とは正反対の方向へ
と進みかねないことを懸念する。

金融庁はこれまで市場の活性化をうたい文句に、新規市場の創
設や公開、上場基準の緩和などをリードしてきた。しかし、一
方で監査などのコンプライアンスの強化が世界的に叫ばれると
日本版ソックス法や今回の公認会計士法の改正など、企業が戸
惑い公認会計士が戸惑う方向に舵を切る。

どうも、金融行政の一貫性が欠けているような気がしてならな
い。裁量行政を質してきたつもりだが、一貫性なき行政も質さ
ねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 1日 (火)

登記オンラインシステム

 昨年、決算行政監視委員会の分科会で登記オンラインシステ
ムの問題点を指摘した。答弁に立ったのは、タローちゃんこと
河野太郎副大臣。もちろん、僕も答弁要求していたのだが、政
治家同士の官僚答弁ではない質疑に、良い緊張感が加わって楽
しかった。
しかしその後、副大臣も代わってしまって残念だなと思ってい
たのだが、オンラインシステムの不備は続いている。
これは、何とかしなければならないと、再度分科会で指摘した。

今年の4月1日より、登記申請手数料を1000円から700
円に引き下げるインセンティブを付与してオンラインシステム
が供用されるようになった。初日に当たる2日に、早くもシス
テムはパンク。ログイン成功率はあっという間に6.9パーセ
ントまで低下し、「ほとんど繋がらない状態」になった。

当然、メモリの増設やCPUの交換など緊急の対応を行ったが、
システムの信頼性を大きく損ねることになる。

その後も、トラブルシューティング対応によってログイン成功
率が上がったかと思うと、アクセス殺到によりダウンが再度繰
り返された。

長瀬法務大臣に問うた。
そもそも、ログイン想定件数が甘かったのではないのか?
大体、ひとっつも利用率が上がらないでいたオンラインシステ
ムの現状のアクセス件数を前提に10倍程度しか見込んでいな
かったというのはあまりにも、安易ではなかったか。

大臣は平謝りしかない。
誤ってもらいたくて質問しているのではない。「登記」という
国民の財産等の「権利の保護」に関わる所管としては、姿勢に
問題ありだ。とりわけ、登記は申請順位が優先権を決定するだ
けに即時性の高いオンラインというのは合理的でもあると思う
が、繋がらず、登記できず、では本来の目的すら失っているに
等しい。

「登記できなかった損害」について質すと、「免責条項」があ
るなどという答弁にさすがに許せなくなり、「システムベンダー
のようなことを言っていていいのか!」と思わず厳しく指摘し
た。

司法書士さんや関係者の皆さんにしてみれば、今回の法務省の
失敗と対応の拙さは、ホレ見たことか!の想いだろう。

オンライン申請で、時間のロスとなる証明書の郵送手続きに対
して、窓口受領についても並行して行えるように求めると、局
長からは実施する方向の言質を取れた。

少しは、前に向いた対応を考えてくれそうだ。

まぁ、30分という短い質疑時間だったが、そこそこ指摘でき
たと思う。

質疑終了後、休憩が宣され大臣がおもむろに寄ってこられ、開
口一番、「いやぁ、私は先生のように機械のことは詳しくなく
て...」。

(「別に機械のこと詳しくなくてもいいんだけど...」)と
思っていると、大臣は次に、「やはりこのシステムは金がかか
りすぎますかなぁ?...、いっそ止めてしまったほうがいい
ですかなぁ...?」と語った。

正直な人だな、この人。

と、思う間もなく局長が飛んできて、「先生今後ともよろしく
ご指導お願いいたします!」と大臣をさえぎった。

さぁすが官僚、大臣にいらんことしゃべらせないテクニックは
抜群だ。

でも、大臣の本音を垣間見たモンネ、僕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »