« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月26日 (土)

いたるところへ応援に

 23日は、各方面から誕生日のお祝いやメッセージをいただ
き、大変恐縮である。ありがとうございました。

ところで、23日は急遽東京入り。翌日は、「実現男」こと後
藤祐一神奈川16区総支部長の応援に相模原市に入る。
22日の大阪9区に続いて二箇所目の補選(準備)応援である。

汗だくになって、16区の4箇所で街宣を行う。まだまだ選挙
ムードではないが、素晴らしい同志との演説会に気合が入る。
相模台、相武台といった相模原市の南部を中心とした小田急線
の駅ならびに集合住宅街を街宣。
首都圏の優良な住宅地として繁栄し続けてきた地域でもある。
いわゆる近郊市街地の風景は、全国どこでも似通っている。
そして、少子高齢化による政治課題もこれもまた共通である。
演説会に集まってくださった方々が皆、年金、医療、介護の社
会保障負担の話を口にされる。
さまざまな負担増の話をされる。
不満の圧力は限界点にまで達している。このことを政府は理解
しているのだろうか?。

前から、申し上げているが臨時国会、そして来年の通常国会そ
して参院選の争点は再び年金になる。
そして年金を含む社会保障負担と財政再建の道筋(増税?)と
のバランスをとる手腕こそが、この国のリーダーに問われるの
である。

まだまだこれから、本番に向けて街も盛り上がっていくのだと
思うが、この補選は2つの議席を争う選挙ではない。
5年間の小泉政治の総括をした上で、新政権への意思表示の選
挙なのである。解散総選挙がない以上、神奈川と大阪の一部の
方が全国民の代表となって民意を示すときなのである。

そして、新総理に上述した手腕を問う選挙でもあるのである。
「国のかたち」以前の、上っ面の国の「着飾り」や「見栄え」
の話ではないのである。

大阪9区のみならず、神奈川16区も思い切り応援に入るゾ。

翌日は小沢代表と打合せ。ここのところ、参院選のこともあり
呼ばれることが多い。
いつも、的確なアドバイスをいただき、また選挙や政治に対す
る代表の姿勢に多くを学ぶ。常に真摯でひたむきで、「あぁ、
なるほど!」と新たに気づくことばかりである。

午後は奈良に戻り、夏の終わりの祭とミニ集会。
5時間しゃべりっぱなし。
ふらふらになって午後11時に自宅に戻った。

今日は早朝から千葉へ。
千葉県議補選の応援に印西へ駆けつける

地方行ってる時間があれば、地元をしっかりやれ!とのお叱り
もあるが、自分としては地元も誰にも負けないくらい全力でや
りながら請われれば、遠方だろうがどこへでも出かけていく、
という姿勢を変えるつもりはない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

人間ドック

 もっのすごく、病院が苦手である。
ましてやどこも痛くないのに行く、なんてことは信じられない!
といつも思っている。
だから、人間ドックというのは自分には無縁の世界のはずだっ
た。
そんな私に、「日程はこうなっております。一日コースです。
行ってください、ハイ!。」と、何だか有無を言わさない状況
で示されたのは「人間ドック男性日帰り精密コース」なるもの。

なになに、前日は午後9時以降は絶食。当日は朝から水も飲ん
ではいけない。

胃カメラ同意書!?、なんじゃこりゃぁ!。
万が一の時の緊急の処置に同意する。ハァ!?。

いきなり手術かよ?。そんなことはまさかなぁ。

示された日程と説明書は、私をおびえさせるに十分のものであっ
た。

これ、一体、なんでやんなきゃなんないの?、とつぶやいてい
ると事務所長(のヒロコ)から、「行ってらっしゃい!。」と
ピシャリ。
「ハイ、わかりました。」

ということで、生まれて初めての人間ドック。
アメリカンドックは好きだけど...、とつぶやいても家族は
誰も見向きもしない。

早朝から、病院に向かう。
ありがたいことに一緒に行ってくれる同級生がいる。

しかし、彼から「俺、胃カメラやめとこ。」との発言。
「えっ、じゃぁ、俺どうしょう?」と聞くと、「お前、やっと
いたほうがええで。」

ウッ、初胃カメラかぁ...。

ドックを実施する病院は、閑静な場所に豪華な施設でそれはそ
れは行き届いたものだった。

フルコースの検査は、それなりに緊張を繰り返させるものであっ
たが、幸いに「痛い」ものは腕に針を刺す3回だけ。

テレビでは確か毛の細さぐらいの痛くない注射針とかいうのを
見たことがあるが、ここのは普通の針で、やっぱり痛いぞ。

恐れていた胃カメラは予想より簡単で、あっという間に終わっ
た。

検査後、お医者さんの先生に呼ばれて胃カメラやCT、MRI、
エコーなどの検査結果の画面を示されながら健康状態の説明を
受けた。

事前に問診表に書かねばならなかった設問項目に、「ストレス
はありますか?」の質問があったので、「ハイ」に丸をして次
の項目の、「ストレスの原因は何ですか?」には、「自民党政
権」と書いた。

先生からは「ハッハッハッ、自民党政権がストレスですか!?。
ストレスなどまったく伺えんくらい、きれいな胃してはります
わ!」と言われた。

目の前には、ヒダの細部まで見える「自分の胃」が画面に大写
しになっていた。

ウーン、何とも言えん気分だが、これならやはりガンガン食え
るわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

目標達成記念

□■目標達成記念

 年始に事務所の皆で立てた目標がそれぞれある。
月曜朝の事務所内のスタッフミーティングでは毎回、その目標
に対しての進捗度が確認される。

外交、事務、政策、広報、システムとそれぞれの担当において
その責任を果たすべく日夜の努力が続けられる。
もちろん、私本人も明確な目標管理が行われるのである(自
分でだけど!)。

さて、6ヶ月の半期を過ぎたところで、なんと年度(わが事務
所は1月〜12月)内の目標を達成しそうなスタッフが現れた。
そして、とうとう年間目標を7月中に達成してしまったのだ!。

いや、スゴイ。
ということで、皆でその栄誉を称えて目標達成記念焼肉パーティー
を開くことになった。

ま、正直、盆明けの抜けきった気分のところでなかなか仕事も
エンジンかかりにくいし、ちょうどいっかーてな気分でもある
のだが、今日は仕事を早々に切り上げて、焼肉大会である。

肉を鶴橋まで買出しに行って、ビールや焼酎を用意して、と結
構大変なのだが奈良事務所スタッフ一同そろっての目標達成記
念の焼肉大会は、総勢20名を超えてしまうのだった。

達成記念に表彰ぐらいありかな、とかいろいろ考えていたんだ
けどあまりいいアイデア浮かばないのでやはりここは、「皆で
リスペクト」というのがシンプルで良いという結論に至った。

さぁーっ、皆で尊敬しよーな、早期達成の努力と忍耐と精神力
を!。
「ハーイ!」となかなか元気な返事が返ってこなかったのは気
になるところではあった。

さて、そんなこと皆に言いながら、はたと気がついた。
実際年度内目標に一番遠いところにいるのは実は自分だ!
マ、マ、マズイ!。

みんなの目標は、1000、100、1000。
そして、私の目標は1500、5000。

ウーン、遠い...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

盆休みの過ごし方

 わが事務所も12日から夏休みに入った。
今日まで閉めている。5日間だが、スタッフの皆にもゆっくり
と盆休みを満喫してもらいたいと休み前に話したのだが、「何
してよう?」などと、休み方を知らない面々が多い。

かく言う私もその一人。
事務所は閉めているが電話はすべて転送だし、郵便物やファッ
クスなどのチェックに事務所には必ず毎日行く。

そして、この間は初盆のお参りと夏祭り、燈花会のサポーター
活動。
さらにヒロコの運転で、市内各所の支持者まわり。

日中の暑さで、相当に参る。
首の後ろと顔は嫌でも焼ける。

年々、暑い中での活動が鈍っているのがわかる。
マズイなー。
やっぱり、体力落ちているなぁ。

そんなところへ、参院候補者選定のプレッシャーが党本部選対
から...。
何とかせねば、と焦りながらも「勝てる候補」の擁立に向けて
気持ちは必死だ。

疲れきって事務所に戻ると、毎週発行のニュースを配り終えた
痕跡があった。

やることなくて、盆休み中も「まぶちニュース」を配り続けて
いる「休めない」人がやはり、いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

補選準備

 鳩山幹事長から呼び出しがかかる。大阪9区の補選対応につ
いて担当となる西日本の県連責任者に会議の招集がかかった。

久しぶりに上京する。
党本部で、鳩山幹事長から補選への決意を聞く。
そして、具体的な行動の要請。

いやー、なかなか具体的な指示でこれぐらいでないとやっぱり
ダメだよなぁ、などと呑気なことは言ってはいられない。
近畿ブロックの幹事議員に任命される。こりゃ、どっぷりいく
しかないな。
大阪9区は、盟友の大谷信盛前代議士が候補者となるのでもと
もと県連挙げて取り組むつもりだったが、より責任が明確になっ
た。全力で取り組む。
事務所からの応援も相当考えとかないといけないな。

国会は、お盆前ということでガラガラだ。
そして、会館で政策の取りまとめの打合せを行ってから、夜は
政策NPO「一新塾」での講演。
うちの政策秘書のオニケンも、東京外交担当秘書のチョロ松も
一新塾のOBということもあって、三人で向かう。

熱気ムンムンの中での講演。チョット気圧されてしまうほどだ
が、楽しいひと時を過ごす。
2時間の講演後は、「二新塾」と呼ばれる懇親会へ。会場は田
町の中華料理屋「大連」でギョーザとビールをいただく。
再会を誓って、辞する。

明日は、奈良に帰って燈花会のボランティアだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

地元活動の報道

 またまた、配信を怠っていました。ゴメンナサイ。
さて、この一週間はそれなりに忙しくさせていただきました。

地元活動は、安定的にミニ集会を連日とりおこなうなど、いわ
ゆる双方向のコミュニケーションを図ることに注力。

東京のある新聞の政治部が取材に来て、朝立ちから張り付かれ
たりもした。
ま、こっちは日々の姿を見てもらうということで別に違和感は
なかったのだが、記者さんは驚かれたかもしれない。

なんせ、夏休み期間の朝立ちは家族総出。
子どもたちも早起きして、ビラ配りをしてくれる。

そして、スタッフやボランティアの皆さんと朝立ち後の我が家
での朝メシは大皿におかず(大そうなものではないが)がダダー
ンと並んで、10人以上で一緒に食べる。
朝から、一升炊きだもんな。ほんとに相撲部屋状態で、唖然と
してたな、記者さん。

さすがに、新聞紙上での記事はミニ集会部分限定になったが全
部載せりゃぁ、それはそれで面白い記事だろうにとわれながら
思う。

ミニ集会もさすがに、ノドがやられるほどしゃべり詰めだとキ
ツイ。でも、人と会うのは元気が出る。

さらに、大阪でのまぶち会立ち上げの準備が始まる。
久しぶりの大阪でのご支援いただいた方々との語らいは、心温
まるものであった。

大阪まぶち会として発足することが確認された。
東京、大阪と地方の後援会が立ち上がるが実際、地元が大変だ
という認識は、スタッフ一同、同じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »