« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005年9月29日 (木)

理念を盛り込んだ対案

法制局の審査も進み、法案準備は着々と進んでいる。
マスコミの記者さんたちから、「よく、まとまりましたね!。」
と声をかけられる。
「絶対、無理だと思ってましたよー。」と言われ、内心「そりゃ、
認識不足やのー!。」と思いながら、「まーね。」などと言っ
ていた。
確かに、内心ドキドキもんだったが、まぁ、今回は何とか対案
まとめて与党に対抗しよう、新生民主党をアピールしようとい
う危機意識が全議員内にあるということではないか。

ココに関しては、前原新代表の誕生といい、党内の共通した意
識として不安はなかった。

だが、とにかく時間のない中での作業だったのでしんどかった。
原口筆頭のドライブ力と松本政調会長の柔軟さに感嘆すると共
に、ここでもとにかくまとめよう、民主党の理念をしっかり示
そうという、求心力が働いていた。

いい傾向だと思う。

さて、明日の調査会で最終報告して承認をいただき、NCで最
終の法案対応の承認を得て晴れて対案成立である。

注目を集めている作業だっただけに、緊張感が途切れなかった。
来週は、法案提出でいよいよ本会議と郵政特別委員会審議とな
る。

明日から予算委員会だが、テレビ入りのため前原代表、松本政
調会長、そして道路公団総裁を呼んでの追求を国土交通担当の
長妻代議士が行なうため、予算委員会以外の三名がバッターと
なる。

予算委員会の出番は来年の通常国会からだろうが、今からの弾
込めが必要だ。

郵政終わったら、予算委の準備をしっかりやろうと思う。
いやー、やれやれで、のみにでも行きたい気分だったがさすが
に疲れはピーク。

トレーニングして帰るとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

NCからの一任

今日も朝9時から、郵政改革調査会。
3日で4回目。全議員に集まって欲しいと、党本部5Fの大ホー
ルを借りる。

両院議員政策懇談会レベルで集めると言ったら、「両院議員総
会でやるんですか?。」と聞いてくる人もあり、それなりにア
ナウンス効果はあったか。

さて、今日の調査会でもいくつかの問題点を指摘され、事務局
は修正を施す。

そして、やっと一任のご承認をいただく。

これで、夕方のNC(次の内閣)会議に中間報告となる。
法制局での条文作成作業は、もはや並行して行なわなければ間
に合わないと判断して、ゴー出し。

昼からの予算委員会、本会議での各党党首の総理所信に対して
の代表質問で、会議漬け。

午後5時に、駆けつけてNCでの報告。
原口筆頭から、「サポート頼みます。」と言われ、同席。

質問、意見が新たに出てくるのだが、何とか、一任をいただく。

やれやれ、これでやっと骨格が固まった。

党組織の中で、ワーキングチーム(WT)、プロジェクトチー
ム(PT)、部門会議、NCの承認を得ての党内法案承認プロ
セスは、手間がかかりすぎると思っていたが、前原代表はWT、
PTを廃止した。

NCも要らないんじゃないの、と思っていたのだが実際、コン
パクトになっているので、これなら問題ないとあらためて認識。

かくして、NCからの一任ゲット!。何とか間に合いそうだ。
原口筆頭と、深々立礼。松本政調会長から、会議テーブルの向
こうの席から「エアー握手(何やそら!?)」いただく。

ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

2ラウンド

郵政改革調査会は午前9時からと午後3時からの2ラウンド。
何時間かかっても、やりきる覚悟。

午前中に基本方針を議論し、午後からはそれを受けて法案要綱
の議論。
無論、ある程度の想定の中で準備を重ねてはきたが、それでも
修正に次ぐ修正となる。
午前11時前に第1ラウンド終了後、即座に法案要綱の準備と
修正にはいる。ぶっ通しで準備を急ぎ、3時からの第2ラウン
ド。

基本方針の調査会での了承を受けて、法案要綱も概ねの了解を
得る。

「フーッ!」と思わず、一息。

法案責任者の原口筆頭と松本政調会長と、思わず顔を見合わせ
る。

明日、また午前9時より両院政策懇談会レベルの規模で、党本
部5階ホールにて、調査会を開催し、最終のまとめを行なうこ
とになる。

本当に、先週より激動の日々だったが、これから相手は党内で
はなく自民党になる。
委員会の準備に入らなければならない。

こんな時だからこそと、ジムへ行く。

うーん、二頭筋と脳みそ、共にほぐれてきたゾ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二期「郵政改革調査会」

総選挙後の党の郵政改革調査会。第1回目の会合。マスコミ
にはフルオープン。

会長に郵政改革担当NC大臣の原口さん、代理に参議院郵政民
営化特別委員会筆頭理事の伊藤基隆さん、事務局長に私、事務
局次長に大串代議士と尾立議員。

理念を中心に議論いただく。
もちろん対案を決めるための議論なのだが、まずは大枠のとこ
ろからということで、全党的な議員の参集の中で闊達な意見交
換がなされる。

事務局は、サンドバッグ状態を予想していたのだが比較的穏や
かだった。

1時間ほどの議論の後、重鎮、渡辺参議院議員が「事務局で草
案をまとめろ。」とのご意見いただく。「わかりました!。」
調査会としての一様の方向が定まる。

調査会は、明日、さらに二部構成で午前と午後に行なわれる。
意見集約を図るためには何度でも行なう覚悟である。

明日は、草案をご提示し、更なる集約を図る。
政調の面々も心なしかひきつっているような気がするが、大丈
夫か...?。

果たして今週中のとりまとめ、何とかなるかというギリギリの
状況だ。それなりの緊張感が走る。

選挙疲れが全く抜けないのだが、この際、アドレナリン大分泌
の状況を造らねばなるまい。
コエンザイムQ10と、ヘパリーゼゴールドにウコンの摂取。
極めつけはトレーニング。

ダンベルとバーベルに向き合うのが、唯一かつ最大のストレス
解消法。

さすがに「身体、大丈夫か?」、と自らに聞くのだが、「OK!」
の返事は簡単には返ってこない。仕方あるまい、なんせ四捨五
入すれば50だ。

さて、トレーニングでパンプアップした大胸筋と広背筋とは別
に、脳みそのほうも明日の朝、パンプアップしてなければ、そ
もそも困るのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月26日 (月)

NHKの日曜討論

月曜日の午前中から、松本政調会長と原口筆頭と郵政民営化
対案についての打合せを行なうということで、日曜日のうちに
上京である。

いやー、朝立ちできないけど仕方ないな。
この週末は、ほとんど郵政にとられてしまった感があるがこれ
もお役として、あきらめるしかない。

この月曜日から小泉首相の所信表明演説。そして水曜日には代
表質問で、代表と幹事長が立たれるとのこと。

大いに期待だが、その次には郵政や予算委員会が控えているこ
とから自分としては、相当の覚悟が必要だ。

野田国対委員長が、今日のNHKの日曜討論で、「郵便貯金と
簡易保険のそれぞれについて廃止か民営化か(の結論)を法案
に入れ込んで提出する」と述べたと共同電で流れる。

「経営形態まで踏み込んだ内容の対案を示す考えを示した」と、
伝えているが、自民党は新人を中心に登竜門として、民主党案
に質問をさせると、てぐすね引いて待っているとも聞く。
前原新体制の今後を占う意味で、対案提出による郵政議論は大
いに期待したいと思う。

しかし、国対委員長としてはギリギリまで発言しているなぁ。

これからが大変だぞぉー!。

あっ、答弁者、俺だっけ!?。
やっべぇー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

対案

郵政民営化法案審議に向けて、対案作りが急がれる。

原口筆頭と松本政調会長と延々と議論、協議。
もちろん、昨日の郵政対案検討会議の意見を踏まえて、月曜日
の郵政調査会における議論がまず行なわれるのだが、何とか郵
政担当部局としてタタキ台は考えなければならない。

うーん、なかなかの議論だと思う。

結局、昨日には終わらず今日の祝日も会館で検討作業。
全ての予定をキャンセルしての作業。仕方あるまい。

県連幹事会も欠席となってしまった。

しかし、議論の成果としてそれ相応のモノを作ることができる
と思っている。

果たして、その全貌は...?。
言えねえー!。

マスコミの皆さんも、一切漏れないというところから、追っか
けがなくなった。
まずは、よし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月21日 (水)

ゾロゾロ

なんせ、自民党は296議席。そしてわが党は113議席。
特別国会の初日の本会議。議場に入るとなんとも肩身の狭い状
況が眼前に広がる。

議場の片隅に追いやられた感じ。

これが、現実か。

河野太郎ちゃんの顔を見つけ、挨拶。
そういえば、解散の時に「応援に行けないけど。」と言われ、
笑って握手した。

「何とか帰ってこれたよ!。」と声をかけると「圧勝じゃーん!。」
との声。イヤー、と照れながらお互いの労をねぎらう。

しかし、太郎ちゃんはずいぶん議席が後ろへ行ったね、などと
思いながら与党席から見渡せば、新人がゾロゾロ。

80名を超える新人議員の当選だもんな。
無理もない。

一方、民主党もずいぶんとスリムになってしまい、二期目とい
うのにかなり後ろの方になった。
これは、単に割り当て議席が細長くなってしまっただけのこと。

やはり、政治は数だな、と実感する。

しかし、議長、副議長、そして首班指名選挙での議員点呼。
ゾロゾロと、自民党議員が続く。

いわゆる、力を「可視化」させられた状況。
戦意を失わせるには、最も効果的であることは言うまでもない。

後ろの席になった、細野豪志代議士が「こりゃ、ゲリラ戦でい
くしかねぇな!。」とのつぶやきに、ウンウンとうなずく。

巨大与党に対して、徹底的に現場での一点突破を目指し、大将
戦で一撃を狙う。

闘う民主党の闘い方も、相当に考えねばならない。

演壇の投票箱に向かう、自民党新人議員の列。

人垣で固められて、本丸が見えにくくなってしまうのか...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2期目のスタート

第163回特別国会が今日からスタート。
自身としても、2期目のスタートを切ることになった。

初登院は、二度目の正面玄関から。
新たな議員バッジを胸につけてもらい、いよいよ国会へ。

代議士会で常任委員の決定が通知される。
初めて、予算委員会の正式なメンバーとなった。
野田国対委員長から、「特別会計はじめ、税金のムダづかいを
徹底的に追求してくれ!。」と檄が飛ぶ。
国会の花形委員会に登用いただけた。気合も入る。

間髪いれずに、原口一博代議士から連絡。
郵政特別委員会の理事を依頼される。

うーん、しょっぱなからぶっ飛ばす覚悟がいるナ。

郵政民営化法案への、対案協議を一昨日から行なってきたのだ
が明日からいよいよ大詰め作業に入る。

総選挙の最大の敗因であった「郵政民営化」にどう対峙するの
か?、その真価が問われる。

与党は、数の力で圧倒的に押してくるだろうが、前原新体制の
存在感を示す、大きな場面でもある。

とにかく、全力で取り組む。

今回は、特に党務のお役はない。
しかし、一方で国会の「現場」でチャンスをいただいた。

二度目の郵政特委、初めての予算委、いずれも大きな研鑽の機
会としたい。
自分としては、「現場」は性に合う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月19日 (月)

触れてはならない!

上京には、奥さんのヒロコが同行してきてくれた。

ありがたいのだが、これからの国会活動を支えてもらうだけで
はなく、「鉄は熱いうちに打て!」ではないが、選挙後の地元
の守りもしっかりとお願いしなければならないので、この辺は
本人以上にその力配分を考慮しなければならない。

ヒロコには、国会で、オニケンやチカちゃんの労をねきらって
もらうことも大事な仕事なのだが、また実務上の手としても頑
張ってもらわねばならないので、かなりの負担を求めることに
なってしまう。

いやー、奥さんへの慰労が実は一番難しいよなー、などと考え
ていた。

すると、出掛けに玄関で、お母さん(ヒロコの実母のミツコ)
が「チョット、あなた、エステでも行かないと、その黒さ...。」
とのたまった。

「ふ、ふ、ふ、触れるなー!!!、ミツコー!!!」
と心で叫んだが、時すでに遅し。

いまだに、ズーッと、ヒロコは不機嫌である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一週間を経て

なんともすごい状況ということを理解しつつある。

奈良では、顔をあわせる人々から、「大変やな!、せやけど頑
張れよ!。」と声をかけられる。

よっぽどすごいことが起きたのだ。
そのことの理解から必要である。
何が起きたかまだ、よくご理解いただけない方々も当然いるか
もしれない。
しかし、しっかりと現実を見極めることからわれわれは始めな
ければならない。

選挙を、しっかりと支えてくれた、Mさんとの再会。
選挙中に、候補者本人ゆえに聞くことのなかったさまざまな出
来事の一部始終を聞き、息を呑む。

そうか、本当に皆さんにご苦労かけてきたのだという現実に、
再度直面する。

Mさんは、ボランティアで1ヶ月も家庭を犠牲にして奈良入り
してくださった。

「奈良の人脈が増えたから!、アッハッハッハ!!!。」と快
活に笑っておられるが、そりゃ大変に決まっている。

もう、どんなに頭を下げても下げ足りない。

でも、いただいた言葉に、さらに頭が下がる。

「奈良に、いいお仲間がいらっしゃいますね!。」

胸が熱くなる、言葉。
このみんなの気持ちを、しっかりと受け止めて頑張らねばなら
ない。

一週間、過ぎてもまだまだご挨拶はできていない。
ましてや、前原新代表の誕生に立会い、選挙後も選挙だった。

地元の皆さんには申し訳ないと思っているのだが、それでも、
期待いただいている皆さんにお応えしたいとの想いで精一杯で
ある。

シナピー先輩はじめ、顔を会わせることのなかったかも知れな
い多くの仲間にまで感謝である!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治は人事

新執行部の人事がマスコミより伝わってくる。

鳩山幹事長に玄馬幹事長代理、野田国対委員長に藤村国対委員
長代理、松本剛明政調会長に直島政調会長代理、そして安住選
対委員長。

うーん、絶妙ともいえる。

前原さん、一人で一生懸命考えた結果か。
まずは、これでスタート切れそうである。

先輩議員から、「政治は人事が全てだから。」という言葉を初
当選当時に聞いた。

政治は何か、具体的にモノを作ったり、サービスを提供したり
するわけではない。もちろん、政策を立案・実行するのが政治
の最大の使命であるが、その前にナゼその政策が必要かの、
「メッセージ」を国民に送ることも重要な使命の一つである。
そのときに、人事が重要になる。

どういう人が、どのような布陣で政策作りや実行を示そうとす
るのか、まさに「人事」そのものがメッセージとなるのである。

この人事が国民にどう映っていくか。
前原代表の、慧眼を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

再生のための新生

前原誠司新代表が誕生した。

本日の両院議員総会の代表選出選挙で、96対94で菅候補に
勝った前原候補。

投票ギリギリまで前原支持を訴えて、前原選対が全力を振り絞っ
て頑張った。
選対本部長の野田さんの、ホッとした顔。

本当に危機感を募らせて、結集した結果だ。
党再生のための、新生の瞬間だ。

しかし、結果は党を二分している。
これからが、大変だ。

一致結束を図ることは、単にバランスを重視するだけではすま
ない。まさに、代表の力量が問われる。

思えば、選挙直後から党再生への危機感をどう結集するかに頭
を悩ませた。

火曜日には、近畿の2期生を中心に京都に結集し、党の改革を
強く推進するための議論を朝まで展開した。

野田、前原へのエールと共に、今回の結果に結びつける一助と
なったと思う。

直前の票読みは、97票。
うーん、選挙はやはり大変だ。
「薄氷を踏む選挙はもう勘弁して欲しい...。」の選対の仲
間の言葉は、激戦を制した後の更なる戦いにボロボロになって
しまった状況をよく表している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

上京

8月9日に地元へ戻って以来の上京である。

実に、45日ぶりの東京。
新幹線のパス使えるのか、不安だったが大丈夫だった。

東京に着くやいなや、どうも代表選のことでマスコミの情報戦
が激しさを増しているとの報。
事務所からは、「会館には近づくな」の連絡が入る。
まぁ、どうせアポで一杯だったので事務所には明日ゆっくりと
顔を出すことにして、車であいさつ回り。

東京の様子は、様変わりしているようだ。
国会で衆院の3分の2を占める与党のプレッシャーは激しさを
増し、議運ではもはや、なすすべを失っているようだ。一方、
国民は「勝たせすぎたかな...?。」の不安の色を隠せない
ようでいる。
この辺の感度は、都市部の方が敏感かもしれない。

あいさつ回りを精力的にこなし、一息して宿舎へ。
管理人さんに「帰ってきました!。」とご挨拶。

ふと見ると、引っ越し屋さんのトラックの列。
出て行く人も相当いる。
失った同志を思うと、たまらなく切ない。

帰って来れなかった、あがって来れなかった仲間のためにも、
「解党的建て直し」は急務だ。

ニュースで、「前原出馬」の報が届く。
新たな改革の意志を持つ者が、手をあげるのは本当に頼もしい
思いだ。

よし、代表選は明日の両議院総会でスタートして土曜日に決す
る。
前原さんを、押し立てて、選挙の勢いで突破だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »