トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005年7月25日 (月)

奈良市ダブル選挙告示

 本日から、市長選、市議選の告示となって選挙期間中となる。

ゆえに、客観的な選挙の論評などについては制限されるもので
はないが、当然ながら候補者の応援などについては公職選挙法
にて細かく制限を受けるため、一切この日記でも触れる訳には
いかない。

そこで、選挙の客観的な論評について述べる。

告示日に市長選挙の立候補の届出を行なったもの3名、市議選
の届出を行なったもの60名のようである。

市長選は当然、1つの市長の席を巡って3名が争うことになる。

市議選では、合併前の旧月ヶ瀬村、旧都祁村選挙区で無投票で
の現職市議再選が決定した。

したがって、選挙は、旧奈良市選挙区にて44名の定数に対し
て58名の立候補者で争われることになる。

民主党からは、2名の公認候補と2名の推薦候補を擁立し現有
議席の確保を狙う。

無所属候補者が多いため、一口に党派別は言い難いが、まだま
だ、民主党が少数勢力であることは否めない。

今後の課題でもある。

さて、一日目を終えた感触であるが、まだ市民には議会の解散
と市長の辞職による選挙というのがピンときていない様子でも
ある。
選挙期間中を通じて、どれだけ争点が鮮明とされるかがポイン
トのようだ。

今日は、朝から党公認・推薦議員の選挙カーに一日中乗ってい
たのだが、明日も朝から全開だ。

また、「選挙好き」とのレッテルがペタンと額に張られてしま
う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

第1会館437号室、閉鎖

 奈良の市会議員選挙の応援と、衆院総選挙の準備とで国会事
務所の面々は奈良へ移動した。

誰もいない国会事務所の電話は全て奈良へ転送。もちろん郵便
物も全て奈良に転送で、完全に「お引越し」状態である。

財務金融委員会での「偽造・盗難カード対策法案」の採決のた
め上京し、委員会出席。
会館事務所で一人となる。

解散となれば当然だが、さすがに今から閉めている事務所など
ないわな。

会館課から、「もう閉めちゃうんですか?。」と驚愕の様子で
電話がかかってきた。

館内の内線電話は、奈良には転送されない。
受話器をとって「地元で市長選と市議選があるので。」と説明
すると、本人が出たのにビックリと、そして状況に納得して
「いやー、公報もたまってしまうし、どうされるのかなぁと思
いまして...。」と恐縮される。

いくら、ドンくさいから早め早めの対応を心がけるといっても、
さすがにそれはない。

しかし、たずねてこられたら、驚かれてしまうかもしれないナ。
キチンと説明しておかないと、またぞろ、「もう、事務所閉め
て、選挙準備しとる!。」と言われてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

市政記者クラブ会見

 昨日は、県連幹事会にて市長選挙は藤原氏「支持」を決定し、
それを受けて、市政記者クラブで記者会見を開いた。

「推薦」ではない「支持」の理由、具体的に何をするのか、
「責任ある選択肢を示す」と言っていた言葉はどうなのか、等
々厳しいご指摘をいただいた。

すでに、この不易塾日記でも588号で上記の質問の答えは述
べてきたつもりだが、あらためてお答えすることとなった。

ただ、「責任ある選択肢」を示せなかったことに対しては、
ただただ「申し訳ない」、の一言しかない。

会見では、「忸怩たる思い」と述べたのだが、少なくとも「何
があっても絶対に出る」との固い意志を持った候補予定者と進
めてきたとの想いに嘘はない。
事実、そうだったはずだ。

しかし、政治というのは生身の人間が取り組むことであり、絶
対は存在しないということを改めて、知ることとなった。
大いに学んだとしか、言いようがない。

藤原氏、「支持」に対してはさまざまなご意見があるのは理解
しているつもりであるが、今回はそれでもできうる限りの最良
の選択をしたと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

絞りきって!、蓄える!。

特別会計改革案の詰めの作業で、事務局案をさらに吟味。

結果、31特別会計を徹底的に絞るフェーズ1と、その後に財
政再建に寄与する再生再建特別会計を創設して、経常的財源吸
い上げを行なうフェーズ2の二段階で考えていく、基本的ロー
ドマップがほぼ、出来上がる。

もちろん、特会ワーキングチームで詰めてきた、一つ一つの会
計の必要性の是非も十分に反映させながら、フェーズ1を具体
的に定め、そしてフェーズ2で財政再建の財源吸い上げ数値を
詰めていくことになる。

フェーズ1は、政権獲得後3年以内、フェーズ2は、さらに3〜
4年以内を示す。

つまり、政権獲得後、総選挙をはさんで二期にわたり徹底的な
財政再建プログラム実現のための改革を集中的に行なう、具体
的なプランがまもなく出来上がるということだ。

小泉プランとはチト違うぞ。
名づけて、「野田プラン」。

マニフェストの顔になると確信している。
顔はデカイぞ!、とのっしのっしと「野田プラン」のお通りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘却の彼方からの帰還

母は重度の認知症である。直近の診断で医療的見地からは
「アルツハイマー」との所見も聞いている。

かつての「自身」を取り戻す瞬間はもはや、ほとんどない。

毎日デイサービスに通いながら、季節や昼夜がわからない状態
で、それでも家族の必死の介護の中で、(一見)楽しそうな日
々を過ごしてもらっている。

息子として、それで十分と思っていた。
家族には、不在ゆえに迷惑をかけてしまって申し訳ない想いで
いっぱいであるが、母には、とにかく楽しい日々を過ごしても
らいたいだけである。

そんなところに、父の入院である。
なかなか厳しい状況である。

母は、父への複雑な感情が渦巻いているようであることは、息
子として何となくわかっていたのであるが、いくらその存在す
らわからなくなっているとは言え、まさかこのまま会わずにい
るわけにはいくまいとの思いもあった。

ただ、もし万が一、母が逆に父の不在を薄れかけている意識に
刻んでしまって、探しに出ようなどの行動に昼夜問わずに出ら
れてしまってはとの不安もあった。

しかし、いくらなんでも、このまま入院中の父に会わないまま
はあり得ない。遅すぎたかもしれないが、今日は連れて行こう、
と決心し皆でたずねた。

母は、やはり記憶が飛んでいた。
父に会っても、父と認識できないようで、気味悪がって病室か
らすぐ出てくる。

子ども達が「おばあちゃん、おじいちゃんだよ!。」と何度も
手を引いて入っても、「ダメよ、寝てる人のとこいっちゃ!。」
と言って、出てくる。
多分、わかってない。

その繰り返し。
やはり、無理か...?。

あきらめかけてたところ、再度子どもに手を引かれ、病室に入っ
て、すっかり顔相が変わってしまった父の間近に行くと、にっ
こり笑って「まぶちしゅんぞうさん!。」と言葉を発した。

「私は、まぶちのりこです!。まぶちのりこです!。」

『わかった、わかった...。』

という父の無言の答えに、母はわからず、繰り返し、「まぶち
しゅんぞうさん、まぶちのりこです!。」と語りかけていた。

父の閉じた目尻に、涙が見えた。

ジーンと熱いモノがこみ上げてたまらなくなった。

おそらく、一ヶ月に十数分もあるかないかの、記憶を取り戻し
た一瞬。

ほとんどが、忘却の彼方に去ってしまった母の心に、一瞬、父
が帰ってきた。
50年近く連れ添って生きてきた夫婦。

息子達にはわからない、夫婦の間のさまざまな思いがあったの
かもしれないが、今はただ、ひょっとして二度と得ることので
きないかもしれない貴重な時間を、しっかりと刻んで欲しいと、
願うばかりである。

病室ではこらえていたが、子どもたちや家内や義母や、家族と
離れて、東京へ向かう新幹線の中で、涙が溢れて止まらない。

もっと、早く、二人に、そうして手を取り合って欲しかった。

もう、あまり、残された時間のない二人の、この状況を思うと、
息子として、切なくて、切なくて、切なくて、たまらない...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偽造・盗難カード対策法案のおざなり審議

財務金融委員会で、偽造・盗難カード等の対策法案が議員立
法で、与野党それぞれの法案を審議した。

与党案は、われわれ民主党が先行して作成した「無権限取引」
に対する補償に関する法案を、追っかけて作ったものであるが
全銀協や業界団体の圧力に屈したとしか思えない、中途半端な
法案だ。

およそ、議論の土台が違う法案だと思うのだが、それでも与党
は「やってやる!」風情の法案審議のとり方だ。

同僚の泉房穂代議士が、熱弁振るう法案質疑でも与党答弁者が
まともに答えられない場面が幾度もあった。
いやはや、何のために審議時間をとったんだろう。

中塚理事や原口筆頭理事によると、与党は質疑を相当強行に拒
否していたようだ。
だから、「やれるだけでもありがたいと思え!。」の姿勢アリ
アリ。

いやはや、ナオザリ審議となるのも無理はない。

金融庁に、今日までの放置の責任を伊藤大臣に問うたが、問題
指摘後の後追い作業を羅列する説明に終わる。

やる気が見えない、審議といったらない。

私は、泉代議士の後を受けて、わずかな時間だが質疑の機会を
得た。

泉代議士が参考人質疑を要求したが、果たしてどうなるのだろ
う。
このまま、うやむや採決は大いにありうる。

いい加減な答弁は、小泉総理以外にも蔓延している。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良市長選

奈良市長選の独自候補者の擁立が見送られた結果、市長選の
取り組み如何が問われているところであった。

新人候補に対して自民、公明の与党各党が先週それぞれ「推薦」
決定を行なった。

そして、共産党はそれらの状況を踏まえて「応援」なる態度を
決定した。

過去の選挙史上(?)において、いわゆる公党がとってきた態
度は「公認」、「推薦」、「支持」、「自主投票」の四つ。

これ以外は、マスコミ的には、「自主投票」も「応援」も「支
援」も何ら変わらないものとなる。
ま、公党が違いを示そうとする時に使う方便ではアリで、それ
はそれなりに説明が必要になる。

そういえば、二年前の埼玉県知事選の上田清司候補に対して、
民主党の「友情支援」なるものがあったな。

今回、新人候補に対しては「推薦」はできない。
「支持」が妥当との判断だ。

われわれは、あくまで岩城県会議員の本人の意向も含めて擁立
を全力で図ってきた。

不信任案提出の意図を持った32名の市会議員の懇談会でも、
あくまで岩城候補の擁立を図ってきた。もちろん、統一候補と
してである。

しかし、残念ながら与党を含めてはその意思統一は図られなかっ
たし、一方で他党によって今回の新人候補の擁立が動いたのも
事実である。

公党として、自らの意志を通せなかったのは残念であるが、だ
からといって逆に振れるわけにはいかない。

その意味で、ギリギリのところで与党と横並びをしないという
決断をした。

自主投票という、選択肢もなくはなかった。
しかし、市会議員たちは、市長の不信任に賛成票を投じている。
ここで、自主投票などという態度は、現職市長を支持すると受
け取られかねない。
民主党は、あくまでも現職市長に対してもハッキリとノーを突
きつけてきたのである。このことを正確にお伝えするためにも、
「自主投票はない」のであった。

もちろん、民主党候補者による主戦論は広く支持者の皆さんに
あることは十分わかっているが、候補が下りた以上やむなしで
もある。

市議会議員の選挙も控え、われわれとしては、一つの筋を通し
たつもりである。

後は、市民の審判を仰ぐだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月16日 (土)

休み明け、偽造・盗難カード対策法案審議

議員立法での偽造・盗難カード対策法について急遽、19日
に休み明けに財金委で審議が開かれることになった。

委員長提案による審議なしを、与党は望んでいたのだが民主党
も対案を提出することから、政府と法案提出の民主党に対して
質疑を行うことになる。

急の質問が飛んできたのだが、「困ったときの馬淵さん頼み!」
と原口筆頭理事から言われてしまっては、引き受けざるを得な
い。

ま、了解して準備。時間も短いようだし。

今回の審議のポイントとして質していかねばならないのは、与
党法案は盗難通帳による被害は救済対象とならないという点が
ある。権利者の保護の観点からは、被害の「手口」によって選
別するのは妥当なのだろうか。

また、与党案はインターネットバンキングなども、救済対象と
していないのだが、結局、現場からの声を受けての議員立法で
あるがゆえに網羅的にはできていない恐れがある。
その意味で、金融庁の対応というのは、遅きに失しているとい
えるのではないか。

先日の、信託業界関係者との懇談でも、金融機関における個別
の制約(今回のような法案の縛り)があまりにも大きくなりす
ぎているのではないか、との意見もあった。

本当に、市場の健全化とは何か、を考えていかねばならず、微
視的になり過ぎないよう、気をつけていきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月15日 (金)

解散論議

解散のタイミングをどう見るか?、が永田町の今や焦点。
議員皆、顔をあわせれば、「解散はいつ?。」が合言葉。

最近はもはや、「あるか?。」ではなく「いつ、どのタイミン
グ?。」に移っている。

「準備しなきゃな。」と先輩からは言われるのだが、それでも
コストがかかることを始めてしまうと、引くに引けなくなって
しまうので、皆、半信半疑ではある。

同期などでも「イヤーまだまだ。」という声も聞くのだが、し
かし、まぁ、期末試験の勉強の様子みたいなもので、「やって
る?。」と、聞くと「イヤー、まだ全然。」とか何とかいいな
がら、試験終わってみたら自分が最低の点数。で、なーんだ皆
あんなこと言いながらやってたんだ!、ってガッカリする場面
が過去に何度もあったが、多分そういう状態と近いとみて、人
がなんと言おうと自分はドンくさいから、サッサと準備するゾー
と戒める。

市議選、市長選の投票日が月末なのでそれまでは主だった行動
がとりにくいということがあるが、できることから始めたい。

明日には、地元に戻る。
父の容態も安定し、主治医の先生の快方に向かっているのコメ
ントもいただいた。一安心である。
父の元気なうちに、解散総選挙を!、と強く思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

衆院郵政特委懇親会

明日からの参院での郵政特委審議を控えてだが、今日衆院郵
政特委のメンバーの懇親会が行なわれた。

約1ヶ月、延べ109時間に及ぶ審議は憲政史上三番目の長さ
として歴史に残る。
この間、第1委員室にベッタリと座り、与野党各委員の質問に
耳を傾け、時にデタラメな大臣答弁に激昂した日々。
結果は5票差の衆院本会議可決であったが、郵政特委のメンバー
皆、やるだけのことはやったの満足感がある。
参院に場を移して戦いはまだまだ続くので緩むわけにはいかな
いが、あの審議の日々は衆院の郵政特のわれわれにとっては、
よき思い出として残る。

17人の精鋭(自分も入れると、チト恥ずかしいが...)が
それこそ、国会運営のど真ん中で必死になって闘った。

この17人のなかには、戦友のような固い絆と友情が芽生えた
ことは確かだ。

本当に、良い経験をさせてもらった。

懇親会、場が盛り上がって、審議中の「今だから言える話」の
オンパレード。理事会協議にて、「ヤマタクが、言うんだよなぁ...。」
などの話は、決して明かすことのできないことばかり。

「そんなこと、あったんですか!?。」とか、「えぇっ、何な
んですか、それっ!。」の連続。
いやはや、本当に政治の世界は恐ろしい。
大げさではなく、墓場まで持ってかにゃならん話、これからこ
の世界で生きていくとドンドン出てくるんだろうな。

また、このような必死の審議に出会えれば議員として幸せだなぁ、
と思いながら懇親会を後にする。

6月1日、高木国対委員長代理からの委員任命の呼び込みの一
本の電話から始まった郵政特委が、私の中でやっと終わった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月14日 (木)

まぶちすみおの「不易塾」日記 ブログ版 創刊!

これまで、メールマガジンとして発行してきた「まぶちすみおの『不易塾』日記」ですが、登録者数が1,000人を超えたのを機に、ブログを通じてより多くのみなさまに見ていただくことになりました。
政策や国会の動きにとどまらず、家族のこと日々のちょっとした出来事、それらを通じて感じたことを綴っていきます。
乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年8月 »