2019年1月11日 (金)

政治家への目覚め

 小学校の担任だった恩師のお見送りをした。
棺の中の安らかなお顔は、人生を全うされたとの安堵感に満ちているようでもあった。
 初挑戦から、ずっと、応援いただき、ご心配もかけ、また初当選からはそれこそ後援会の中でも最も熱く強く応援をいただいた先生。
級友達との邂逅も、深い悲しみの中でとなってしまった。
同級生のアッちゃんが、卒業アルバムを持参してきてくれ、若々しい先生の姿や幼い頃の自分たちの姿を涙ながらに眺めながらも、当時の記憶が鮮明によみがえってくる。
 思えば、政治家になろうと思った瞬間は、先生が授業をやめて、NHKのテレビ中継を観ようと言い出したあの日。
 1972年の7月5日。
午後の授業がない水曜日の昼前、まだ梅雨明けやらぬ蒸し暑い鶴舞小学校6年3組の教室。
 先生が突然、「皆で、歴史的な瞬間を観よう!」と観音開きの白黒テレビのスイッチを入れた。
映し出されたのは、実質的に第64代内閣総理大臣を選ぶことになる第6代自民党総裁選だった。授業を止めて総裁選挙を子どもたちと観るなんて今では考えられないかもしれないが、おじさん達の演説を聴きながら中身は全くわからなかったけど、子ども心にその熱気と気迫が伝わってきたのを覚えている。
 結果は、田名角榮氏が決選投票で、福田赳夫氏を92票差で破り、当選を果たした。先生が手を叩いて、大喜びされてたのを覚えている。
そして、その時こそ、ダミ声のなんだかわからないほどの熱とエネルギーを持ったおじさん、田中角榮に憧れを持った瞬間であり、自らも政治家になりたいと思った瞬間でもあった。
 まさに、政治家になろうと、道を、目覚めを、得た瞬間でもあった。
 級友が、涙ながらに「先生がテレビつけて私たちに総裁選観させてくれたのが、馬淵君が政治家になるきっかけになったんだよね!」と語りかけてくれた。
涙が溢れそうになるのを堪えて、ただ、「うん、うん」と頷くばかりだった。
 先生をお見送りしながら、再び、私は、あの日に戻った気持ちになると同時に、先生のご恩にお応えしなければ、と強く心に刻んだ。
 本当にありがとうございました。
溝口昭夫先生、安らかにお眠りください...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

オール奈良に向けて

 参院選奈良県選挙区の野党候補者擁立に向けて、今日、大きく動き出した。
昨年来、私は無所属の立場ながら、奈良県野党の政党並びに政治勢力の一員として候補者擁立に取りくみ、数々の候補者候補と調整を行いながらも、残念ながら擁立に至ることができなかった。
 盟友である藤野良次県議・国民民主奈良県連代表と共に、結果を出せなかったことを深く反省しつつも、かくなる上は、応援団でもある労働界にも広く候補者擁立をお願いしようと決断したのが昨秋。
 そして、10月24日に連合奈良三役に正式に要請をさせていただいて以来、連合奈良でも重く受け止めていただき、協議を重ねながら、2019年連合奈良旗開きの本日、「国民民主党と立憲民主党、社会民主党、無所属がすべて同じスタートラインに立ち、オール奈良が実現するということを大前提として、要請を受け入れる」との結論を出され、またそれを受け、西田一美連合奈良会長は、「オール奈良であるならば責任ある立場の会長として逃げてはならないと覚悟いたしました」と宣言された。
 私がかねてより考えていた、女性候補者の擁立に向けて、大きく歯車が動いた瞬間でもあった。
 今日の、旗開きは、マスコミのみならず、西田一美さんがどのような発言をされるかと注目の集まった場ではあったが、慎重かつ冷静に、組織のトップとして、抑制した発言をされたと思っている。
 いよいよ、これからが擁立に向けた最終局面。
オール奈良、を目指して、全力で取り組む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 6日 (日)

大阪12区補欠選挙

 本日、樽床伸二代議士が今春の大阪12区補欠選挙に出馬の表明をされた。
昨年末の北川知克代議士ご逝去に伴う補欠選挙は、4月21日に行われる予定だ。
北川知克代議士とは私は初当選同期でもあり、環境委員会などでもご一緒させていただき、琵琶湖への委員会視察も記憶に新しい。直近のご病状などは全く存じ上げず、年末の訃報には大変驚いた。
謹んで、ご冥福を心からお祈りいたします。
 そのような状況下で、樽床伸二代議士の補選出馬はすなわち比例単独での議席を持つ代議士の議員辞職を意味する。昨日、樽床代議士と2人でお話しさせていただいた際に、今日の表明についてお伝えいただいていた。
しかるべき時に議員辞職されると、比例名簿の次点で、はからずも私が繰り上げ当選となる。
 ただただ、天命に従うだけ、との思いだ。
 無所属での活動も1年3ヶ月にならんとする中で、政治団体「一丸の会」を率い、野党のみならず、政界再編を目指し、一方でひたすら地元を歩いてきた立場からは、青天の霹靂、の心境でもある。
本当に、政治の世界は何が起きるかわからない世界だと痛感する。
 今は、虚心坦懐に、比例復活繰り上げ当選も、有権者の判断でありそれに従うのみだと思っている。
 早速、旧知の野党各党の皆さんから、どうするんだ!?との打診連絡が引きも切らない。
今は、何も具体的なことは浮かばないが、少なくとも、これも天命であり、選挙イヤーの今年は政治の年でもある。この年のはじめに、このようなお導きを頂いたことを厳粛に受け止め、皆さんの声に真摯に耳を傾けながら、一丸となって進む政治勢力の先頭に立ち、重責は果たして参りたい。
 
 樽床代議士の辞職をもって、繰り上げ当選となる仕組みなので、時期も含めて不透明なところもあるが、マスコミからは、勇み足なみで取材の申込が舞い込んでいる。
 心静かに、新年を迎えた。
引き続き、心静かに、この国のために自らの身の処し方と行動を、考えて参りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 3日 (木)

年明けの政局  

 新年早々から、政党や会派の再編に向けてのうごめき。

通常国会召集までに、いや正確に言うと会派届け出までに離合集散が、急ピッチで行われる。 もちろん、自民党一強政権下の国会での舞台は、野党だ。
 無所属の会の皆さんが解散して、立憲に合流、あるいは敢然無所属の皆さんも自らの身の置き場について、思案のしどころなのだろう。
国民民主の皆さんにしても似たような状況かもしれない。
いずれにしても、国民不在の動きにしか見えないのは致し方ないところであろう。
それでも、野党は、どうにかして、まとまろうと努力するしかない、と思う。
 こうした新年早々の状況が、私にも伝わってくるほどだ。 国会の状況も、それほどまでに切迫しているということだろう。 毎月連載している、毎日新聞政治プレミアにも、新年の記事として、今年の政局を俯瞰してみたが、本当に何が起きるかわからない年だと思う。 新年早々の、政局の動きが耳に入り、これは、もはや私の予想を超える政局が訪れるのかもしれない、と肝に銘じている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 1日 (火)

久しぶりの12人家族

 新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
 新年は、大晦日の23時45分から待機して、恒例の初詣の寺社巡りで朝まで。10時に終えて、家族とお正月を迎え、徹夜の疲れで寝てしまうというパターン。
いつもの通りだが、昨年とは違って、仕事でかえって来れなかった子どもたちも無事帰省できて、孫3人含めて、久しぶりに全員集合で12人で食卓を囲んだ。
それぞれが、今年の抱負を語り、一年の計は元旦にあり、と今年の飛躍を誓う。
昨年と変わらず、無所属の浪人であり、政治活動を淡々と行ってきた身だが、家族全員がそれぞれの人生のハードルを越えようと頑張っている姿に、親としてはただただ、頑張れ!と祈るしかないのを痛感する。
 仕事も、生活も全てリセットして、昨夏に北海道から帰ってきた長女も、新たな生活で更なる一歩が踏み出せると聞いた。
幼子3人を抱えてシングルマザーとなって看護師目指している次女も試験に向けて追い込みのようだ。
転職を果たした三女は仕事が楽しいと語り、社会人となった長男は少したくましくなったようにも見える。まだ大学生の四女、五女は、就職しっかりやりなさい、というくらいと、「オール」で帰らないのはダメよ!くらいの忠告を語る程度で、もう、自分で考えて行動して欲しいと思う。
孫3人は、皆元気で、それぞれ、お友だちと仲良くする、ママのお手伝いをする、おむつ取ってパンツにする、とかわいい目標。
それぞれが、静かに、それぞれの目標を持ってこの一年を生きる。
私は、ひたすら、使命に向き合って、己に向き合って、淡々かつと全力で国政復帰と政界再編に取り組んでいく。
この一年を静かに、そして健やかに迎えられたことに心から感謝し、決意新たに頑張って参ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«「再誕」への歩みの一年